大本命 日産ノートオーラNISMO 約300万円で今秋発売

本命登場!! やっぱりあった日産ノートオーラNISMO 約300万円で今秋発売

 2021年8月17日、いよいよ日産のコンパクトカー「ノート」の派生モデルである「ノートオーラ」が発売となった。6月に発表されていた同モデルは、ノートをベースに、こだわりのアイテムを満載し、e-POWERもさらにパワーアップ。「プレミアムコンパクトカー」として仕立て上げられたクルマだ。

 そしてこの日、日産は、このノートオーラのNISMO版である「ノートオーラNISMO」を今秋に発売することも発表。ノートオーラをベースに、NISMOが参戦しているフォーミュラEマシンの特徴を入れ込んでおり、NISMOの新世代デザインと、シャープなハンドリングを実現するという。

 フロントリップが輝く、ノートオーラNISMOについて、ご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:NISSAN、ベストカーWEB編集部/撮影:中里慎一郎

【画像ギャラリー】本稿未掲載含む全36枚!! ノートオーラNISMOのすべてをギャラリーでチェック!!


コンセプトは「俊足のシティレーサー」!!

 NISMOによると、先代(E12)のノートNISMOはかなりのヒットモデルだったそうだ。通常、こうしたカスタムカーは5%を超えるとヒットモデルといわれるが、ノートe-POWER NISMOが登場した2017年以降は、E12ノート全体の台数に対し、ピークで14%もの割合にまで及んだという。

 先代のヒットをうけ、今回のノートオーラNISMOの開発にあたっては、多くのノートNISMOファンの期待に応えるよう、念入りに調査をしたそう。その結果、走行性能の高さ、そしてエクステリアデザインが重要ポイントと判明、今回、この2点を特に磨き込んだそうだ。

 商品コンセプトは、「Agile Electric City Racer(俊足のシティレーサー)」。先代の良さを引き継ぎながら、新世代の走りの魅力を表現するため、フォーミュラEマシンのデザインテイストを意識して開発を行ったという(ノートオーラNISMOのチーフプロダクトスペシャリスト饗庭貴博氏)。

4125×1735×1505(全長×全幅×全高)mm、ホイールベース2580mm。ノートオーラと比べ、全長は80mm長く、全幅は変わらず、全高は20mm下がっている
NISMOのカスタムカーらしく、リアバンパーの造形や、低い位置に入れられたレッドラインなど、リアビューもスポーティに引き締められている

 ノートオーラに対する主な変更点は、フロントオーバーハングを30mm、リアオーバーハングを50mm、合わせて全長80mm伸ばし、20mmほどローダウンした。エクステリアには、フォーミュラEマシンに似たNISMO専用空力パーツを多数装備。リアバンパーには、レーシングカーをイメージしたリアLEDフォグも搭載する。

 また、ミシュランのハイグリップタイヤであるパイロットスポーツ4を装着し、専用シャシーパーツとリアの車体補強、限界性能向上に合わせたシャシー制御、VCM(ビークルコントロールモジュール)変更によって、伸びのある加速感へとチューニング。レスポンスが激変するNISMOモードも追加された。

 こうした大改良が功を奏し、加速の伸びやハンドリング性能は、先代のノートe-POWER NISMOと比べて、1ランク以上進化している。まさに「俊足」だ。詳しくは後述するが、運転していて、非常に気持ちが良い!!

フロントバンパー下のスプリッターは、フォーミュラEのレースカーに似たデザインが施されている。バンパーサイドに入るサイドスプリッターや、カナードウイングの形状も吟味されている
リアバンパー中央についた7灯のリアLEDフォグは、フォーミュラEにインスパイアされたもの
205/50R17のタイヤホイールを装着。ノートオーラからリム幅を0.5インチ増加させ、7.0Jのツートーン鍛造アルミホイールとした。タイヤはミシュランのパイロットスポーツ4。強烈なグリップを誇るスポーツタイヤだ

NISMO仕様ならではの「特別なインテリア」

 インテリアも、NISMO色でコーディネートされている。インパネやセンターコンソールなどのフィニッシャーなども、ダークトーン&レッドアクセントが施されており、金属調レッドのスタータースイッチや、モードスイッチが非常にスポーティだ。レッドカーボン調フィニッシャーのセンターコンソールがカッコ良い。

NISMO専用のコーディネートがなされた、ダークトーン&レッドアクセントのインテリア。ステアリングホイールやシート、センターコンソール、ドア内張り、コンソールなど、加飾は多岐にわたる

 またノートオーラNISMO専用のステアリングホイールには、NISMOエンブレムが入ったステアリングフィニシャーが入る。オプションではNISMOレカロシートもあるが、ファブリックとPVCのコンビネーション専用シートが標準タイプとなる(ノートオーラと形状は同じ)。

 背もたれにはNISMOロゴが刺繍されており、レッドとグレーのツインステッチも非常にマッチしている。さらには、シートベルトも赤で統一されている。

専用ファブリックとPVCのコンビネーションシートが標準タイプとなる。NISMOロゴが刺繍されており、レッドとグレーのツインステッチが入っている。シートベルトも赤で統一されている

 NISMO専用のメーターグラフィックや、赤いパワーメーターとNISMOロゴが、スポーツマインドを高揚させてくれる。メーター表示は、クラシックモード、エンハンスモード、それぞれにNISMO専用グラフィックが用意されている。こうした「特別感」は、NISMOオーナーにとっては大変魅力的に映るだろう。

金属調レッドのスタータースイッチとモードスイッチが非常にスポーティ。レッドカーボン調フィニッシャーのセンターコンソールもカッコ良い
NISMO専用のメーターグラフィック。赤いパワーメーターとNISMOロゴが、スポーツマインドを高揚させてくれる。クラシックモード、エンハンスモード、それぞれにNISMO専用グラフィックが用意されている

次ページは : 匠の仕事を感じられる、超絶妙なチューニング

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ