世界を驚愕させたスーパーカーが復活! ランボルギーニ カウンタックLPI800-4


 70年代の日本で巻き起こった空前のスーパーカーブームの主役の一台、ランボルギーニ カウンタックが誕生より50年を迎えた今、最新モデルとして蘇った。その名を「カウンタックLPI800-4」という。

 往年の名車のディテールを巧みに取り入れながら、中身はランボルギーニが誇る最新技術を満載。まさに夢のスーパーカーというべき存在だ。さっそく、復活したカウンタックの中身を見ていこう。

文/大音 安弘、写真/アウトモビリ・ランボルギーニ

【画像ギャラリー】伝説の復活!ランボルギーニ カウンタックLPI800-4の姿を見よ


■ランボルギーニの新時代を告げる復活の名車「Countach 」

 アウトモビリ・ランボルギーニは、2021年8月13日、限定車「Countach LPI800-4」を発表した。このモデルは、1971年にスイス・ジュネーブモーターショーに出展されたカウンタック・プロトタイプ「LP500」の誕生50周年を記念して企画されたもの。かなりの人気を呼びそうだが、限定数は、わずか112台のみ。この台数は、初代モデル開発時の社内プロジェクト名「LP 112」に由来している。

1971年にジュネーブショーで世界初お披露目された「ランボルギーニLP500」。この市販モデルが、カウンタックLP400となった

■その歴史を物語るスタイリング

 カウンタックLPI800-4のスタイリングは、まさにカウンタックの歴史を凝縮し、現代に蘇らせたものといえる。そのシャープで美しいシルエットは、プロタイプのLP500と初期型のLP400を彷彿させる。そして、各部にもカウンタックの特徴的なモチーフの数々が見て取れる。

 公式発表によれば、高性能化を図ったクワトロヴァルヴォーレから、カウンタックらしい顔を印象付ける長くて低い長方形グリルとヘッドライト、主張のあるラインのフロントボンネット、六角形をテーマとしたホイールアーチなどの特徴を取り入れたという。

往年の名車を現代に蘇らせたカウンタックLPI800-4。そのスタイルには初代モデルのモチーフが多く取り入れられている

 このほかにもカウンタックらしいディテールはたくさんある。例えば、ボディサイドのNACAエアインテークやスリット付きのエアスクープ、そして、象徴的なシザードアなどだ。特にシザードアは、歴代ランボルギーニフラッグシップモデルを象徴するアイテムと発展していく。

 法規対応のため、さすがにリトラクタブルヘッドライトは非採用だが、それでもヘッドライトの配置や点灯時の雰囲気などには、カウンタックらしさを感じる。もし初代カウンタックが固定式ヘッドライトに変更されたら、このようになるだろうと思える説得力あるデザインだ。

カウンタックの特徴を色濃くリアスタイルにも反映。4本出しのテールパイプも初代に倣ったもの

 言うまでもなく、リアのスタイリングもカウンタックらしさに溢れている。くさび形の特徴的なテールデザイン、片側3連のテールレンズ、4本出しのテールパイプは、初代からインスピレーションを受けたデザインだ。

次ページは : ■クラシックテイストのインテリア

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ