カローラクロス正式発表!! 激戦SUV市場に旋風を巻き起こす

タイ仕様とは大きく変えてきた、フロントデザイン

 既にタイ市場で販売が始まっていたカローラクロスだが、日本向けではフロントデザインを大きく変更してきた。

 メッシュグリルの位置を下げ、フロントエンブレムは他のカローラシリーズと同じく「C」マークへと変更。フロントフォグランプをフロントバンパーサイドへと移動している。また、ヘッドライトのセンターに入れたデイライトや、4眼のターンライトなども織り込まれている。

 サイドビューでは、前後から絞り込まれるように入ったラインや、前後のフェンダーの盛り上がりが特徴的で、カローラシリーズの中で、最も躍動感を感じられる。

 リア周りはテールランプの意匠を若干変更した程度だが、傾斜したリアウィンドウやブラックアウトされたリアバンパー下など、RAV4の雰囲気に近い。また、SUVに求められるタイヤの踏ん張り感があり、全体的にはフロントフェイスの雰囲気はC-HR、サイドからリアにかけてはRAV4で、背が高くて実用的なSUVといったスタイルだ。

メッシュグリルの位置を下げ、フロントエンブレムは他のカローラシリーズと同じく「C」マークへと変更。フロントフォグランプをフロントバンパーサイドへと移動している
メッシュグリルの位置を下げ、フロントエンブレムは他のカローラシリーズと同じく「C」マークへと変更。フロントフォグランプをフロントバンパーサイドへと移動している
タイ仕様カローラクロスのフロントスタイル
タイ仕様カローラクロスのフロントスタイル
リア周りはテールランプの意匠を若干変更した程度だが、傾斜したリアウィンドウやブラックアウトされたリアバンパー下などは、RAV4の雰囲気に近い
リア周りはテールランプの意匠を若干変更した程度だが、傾斜したリアウィンドウやブラックアウトされたリアバンパー下などは、RAV4の雰囲気に近い
タイ仕様カローラクロスのリアスタイル
タイ仕様カローラクロスのリアスタイル
前後のフェンダーの盛り上がりが特徴的で、踏ん張り感のあり引き締まったSUVとった印象を受ける
前後のフェンダーの盛り上がりが特徴的で、踏ん張り感のあり引き締まったSUVとった印象を受ける

「後席や荷室の広さには自信がある」とのこと

 インパネのデザインは、ほぼカローラツーリングと同じだ。ダッシュボード全体が水平基調で構成されており、運転席側から助手席側までが繋がっているように見える。ディスプレイオーディオの出っ張りを除いて高さを抑えていることや、フロントピラーのスリム化などによって、前方視界が非常に優れる。

 ボディサイドのガラス面積がとても広いことから、車室内は非常に明るく、快適であろう。電動ロールシェードが備わる大開口パノラマルーフも、室内の明るさに貢献すると思われる。

 チーフエンジニア上田氏によると、カローラクロスの後席や荷室の広さには、特に自信があるという。クラストップレベルの開口部高さによって乗り降りするシーンで疲れにくく、後席シートにはリクライニング機構も備えたそうだ。オプションでハンズフリーバックドアも用意されている。

 ヤリスクロスやC-HRといった、後席を犠牲にしたスタイリングではなく、後席も重視したパッケージングが織り込まれているようだ。

 また、ラゲージ容量は、5人乗車時でもクラストップレベルの487Lを達成。また、ラゲージ開口部は地面から720mmと低く、小柄な方でも荷物の積み下ろしが楽にできるだろう。

ダッシュボード全体が水平基調で構成されており、運転席側から助手席側までが繋がっているように見える。インパネのデザインは、ほぼカローラツーリングと同じ
ダッシュボード全体が水平基調で構成されており、運転席側から助手席側までが繋がっているように見える。インパネのデザインは、ほぼカローラツーリングと同じ
後席エリアの広さもウリの一つ。ルーフが高めなので、乗り降りするシーンでは疲れにくい、といったメリットがある
後席エリアの広さもウリの一つ。ルーフが高めなので、乗り降りするシーンでは疲れにくい、といったメリットがある
電動ロールシェードが備わる大開口パノラマルーフも、室内の明るさに貢献している。Z、Sグレードのみのオプション設定(税込11万円)となる
電動ロールシェードが備わる大開口パノラマルーフも、室内の明るさに貢献している。Z、Sグレードのみのオプション設定(税込11万円)となる
ラゲージ容量は、5人乗車時でもクラストップレベルの487Lを達成。ハンズフリーパワーバックドアもオプションで用意されている
ラゲージ容量は、5人乗車時でもクラストップレベルの487Lを達成。ハンズフリーパワーバックドアもオプションで用意されている

次ページは : 26.2㎞/Lを達成した驚異の燃費性能

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!