新型レクサスLXをいち早く手に入れたい! 必要な情報を元営業マンが伝授!

新型レクサスLXをいち早く手に入れたい! 元営業マンが伝授! 受注開始前に予約するのが正解なのか?

 2021年10月14日に世界初公開されたLX。2022年初頭のデビューを予定しているようだが、デビュー時期や車両価格、そして詳細な仕様など、わからないことがまだまだ多い。

 注目が集まるLXを購入するにはいつ頃から動き出せばいいのか、その予算はどのくらいをみればいいのかなど、新型LXの購入に必要な情報を、元レクサスセールスコンサルタントの筆者が大胆に予想していく。LX購入に乗り遅れることがないよう、今から準備をしていこう。

文/佐々木 亘、写真/トヨタ

【画像ギャラリー】レクサス LXついに公開!! 予約開始まで気持ちを高めつつ写真でチェック!!(23枚)画像ギャラリー

■世界初公開だが、まだまだベールに包まれているLXの存在

2021年10月14日に世界初公開されたレクサス LX(エクステリアカラー ソニックチタニウム)※写真はすべてプロトタイプ

 メーカーからの公式リリースで触れられたのは、グレードラインナップの拡充、V6、3.5Lツインターボガソリンエンジンの採用、エクステリア・インテリアデザイン、セキュリティ面の強化などの情報である。

 ボディサイズ、エンジンスペック、さらに価格等については、まだ発表がない。LXはレクサス次世代モデルの第二弾として発表されているわけだが、第一弾のNXが発表された2021年6月12日のプレスリリースでは、かなり詳細な情報が発表されていた。

 ボディサイズはもちろん、パワートレインの種類、タイヤサイズまで数値化され、目玉となる装備や技術も事細かに説明されていたのだ。

 NXの発表時に比べると、非常に情報が少ない印象を受けるのがLXのプレスリリースであり、今後、後出しの情報が少しずつ出てくる可能性が高そうだ。

 新型LXが世界初公開された2日後には、モスクワでディーゼルモデルのLX500dが披露された。こうした後出しの情報も含めて、新型LXのラインナップや価格帯などを考えていこう。

■標準グレードは8人乗りから7人乗りへ、5人乗りは後発となるか?

標準グレードは現行の8人乗りから7人乗りとなる(インテリアカラー クリムゾン)

 グレード体系については、ほぼ確報が出ていると考えていいだろう。現行型のモノグレード体系を見直し、標準・EXECTIVE・OFFROADの3種を展開する。

 標準グレードについては、現在の3列シート8人乗りから、3列シート7人乗りへ変更される。現行型で追加設定された2列シート5人乗りは後発仕様として設定される可能性が高いだろう。

 現行型では跳ね上げ式だったサードシートも、ランクル300同様に床下格納されるはずなので、あえて2列5人乗りを選ぶユーザーも少なくなるのではないだろうか。

 半導体不足、そして部品不足と新車生産の現場は苦しい状況が続き、納期を早く提供するためには、生産グレードを絞り込む必要も出てくる。発表当初は、仕様を絞った形で生産するのが、現在のスタンダードであり、LXでも同様の体制がとられるはずだ。

次ページは : ■新グレードのEXECTIVEとOFFROADは、LXの新たな一面を見せる