新しいレクサスはNXで始まる!! 4つのパワーユニットで登場!

4つのパワーユニットで登場! 新しいレクサスはNXで始まる!!

 変わらず人気のSUVカテゴリー。2021年10月、レクサスのSUV、NXに待望のフルモデルチェンジが発表された。

 RAV4やハリアーで使われているTNGAのGA-Kプラットフォームを強化して採用。そしてパワーユニットはなんと4種類を用意する。

 新しいレクサスの象徴となるNX。これはヒット確実だ!

※本稿は2021年10月のものです。
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか 撮影/茂呂幸正
初出:『ベストカー』2021年11月10日号

【画像ギャラリー】パワーユニットは4種類!! レクサス初のPHEVも!! レクサスSUVのニューモデル NX登場!!(27枚)画像ギャラリー

■レクサス初のPHEVも設定!

2代目レクサスNX。コンピュータシミュレーションとテストコースでの実際の走りを併用して開発スピードを向上させた

 人気のSUVにヒット確実なニューモデルが登場。2代目レクサスNXだ。

 新型NXはコンピュータシミュレーションで行うモデルベース開発を推進。地元愛知の下山テストコースで実際の走りをチェックし、足りない部分を補強、修正する方法で開発を進めてきた。

 これぞ「新しいレクサス」のキモとなる部分で、飛躍的な開発スピードの向上を果たしている。

 新型NXはRAV4やハリアーで使われているTNGAのGA-Kプラットフォームを強化して採用。

シート、メーター、ホイールなどスポーツ性を演出する専用アイテムが揃うFスポーツ。2.4LターボのNX350はFスポーツのみ

 パワーユニットは2.5L NA(201ps/24.5kgm)、新開発の2.4Lターボ(279ps/43.8kgm)、そして2.5Lのハイブリッドとプラグインハイブリッド、すべて直列4気筒エンジンで4種類を揃える。PHEVはレクサスブランドでは初めてとなる。

 ボディサイズは全長4660×全幅1865×全高1640mm、ホイールベース2690mmで、先代に比べて全長+20mm、全幅+20mm、全高+5mm、ホイールベース+30mm、最低地上高は185mmだ。

 バリエーションは上級装備のバージョンL、スポーティなFスポーツとベースグレードの3つ。

 このうち2.4Lターボを搭載するNX350はFスポーツだけの設定となっており、2.5L NAのNX250にはFスポーツはなし。

 また、NX350FスポーツはGRヤリス直系のスポーティなフルタイム4WDのみとなる。

■緊急事態への対応レベルも向上

視線移動が少なく、スムーズに操作できるレイアウトとなっているインテリア

 NX450h+というグレード名となるPHEVは、RAV4 PHVとシステムは同じで18.1kWhのバッテリー容量もモーターのパワー、トルクの数値も同じ。

 ただし、ベースとなる2.5Lエンジンをハイオク仕様とすることでRAV4の177psから185psにパワーを上げている。

 フル充電時のEV走行は実走行で90km以上が確認できているということだ。

 ADAS系のトピックは第3世代のレクサスセーフティシステムを初搭載していること。カメラの画角が広がり、情報の認知、判断の速度も上がって緊急事態への対応レベルを向上させている。

 このほかスマホを使ってクルマを遠隔操作で駐車枠へ出し入れできるシステムや、デジタルキーを使って宅配便の荷物をトランクに置き配できる機能なども初採用。

 新型NXはこれまでにない新時代のカーライフを経験できる機能が満載。走りもさることながら、そのあたりが最大の魅力となりそうだ。

ニューNX主要諸元
【画像ギャラリー】パワーユニットは4種類!! レクサス初のPHEVも!! レクサスSUVのニューモデル NX登場!!(27枚)画像ギャラリー