新型ヴォクシー/ノア早くも受注3万台突破!! ステップワゴンとどちらがお買い得?


 2022年1月13日に発表発売となった新型ヴォクシー/ノアが、1月中旬の時点ですでに受注3万台を超えているという。年末から全国のトヨタ販売店で受注を受け付けていたとはいえ、つい先日まで従来型を売りまくっていながらこの数字は驚異的。早くも大ヒットと言っていいだろう。しかしその内訳を見るとすこし気になる点もある。

 また、今年はホンダから新型ステップワゴンが発売される。国内最激戦区であるミドルクラスミニバンに、新たな販売戦線が誕生する。新型ヴォクシー/ノアと新型ステップワゴンはそれぞれどのような特徴を持っており、どちらがお買い得なのか。最速でライバル比較をお届けします。

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ、ホンダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】売れまくり新型ノア/ヴォクシーと新型ステップワゴンを画像でチェック(17枚)画像ギャラリー

■新型ヴォクシー/ノア両車の受注は好調だがその内訳は…

 2022年1月上旬の時点で、新型ヴォクシー&ノアの受注台数が3万1500台に達した。受注は(2022年1月13日の)正式発表発売前から行われ、販売店では2021年10月初旬には簡単な資料を見せて予約受注の告知を行っていた。12月8日頃からは正式な価格を公表して見積り書も作製。そのような状況でも先代ヴォクシー&ノア+生産を終えたエスクァイアの登録台数は1か月平均で1万565台を確保していた。

2022年1月上旬時点で、新型ヴォクシー&ノアの受注台数はすでに3万1500台に達している(写真中央に立つのは3代続けてヴォクシー/ノアの開発に携わるチーフエンジニアのトヨタ車体・水澗英紀氏)

 このあたりの経緯を考えると、新型ヴォクシー&ノアの受注台数が3万台を超えても不思議はないが、好調に売られる商品であることは間違いない。

 トヨタが発表した新型ヴォクシー&ノアの販売基準台数(月販目標台数)は、ノアが1か月当たり8100台、ヴォクシーは5400台とされる。合計すれば1万3500台で、モデル末期だった2021年の1万565台に近い。つまり新型の販売基準は「無理をせずに達成できる台数」としたわけだ。

 ここで注目すべきは、販売基準台数と、実際の受注台数では、ヴォクシー&ノアの内訳が異なることだ。販売基準台数では、ノアが60%(8100台)でヴォクシーは40%(5400台)だが、先に述べた(現時点での受注台数である)3万1500台は、ヴォクシーが60%を占める。両車の比率が販売基準と受注では逆転しているわけだ。

 先代型の2021年における販売内訳は、ヴォクシー55%、ノア35%、エスクァイア10%であった。ヴォクシー対ノアの比率は、おおむね60:40%になる。

 新型ヴォクシーはエアロのみ、ノアは標準ボディとエアロの2種類を用意するから、本来なら後者の売れ行きを伸ばしたい。そこで新型では、ノアのフロントマスクを従来以上に存在感の強い形状に改め、ヴォクシーは革新的なデザインへ飛躍させた。加えて価格も異なり、装備がほとんど共通のエアロ同士で比べても、価格はノアが5万~7万円安い。ノアを中心に攻めたいトヨタの意図が伺われるが、今後の販売動向は分からない。

■新型ヴォクシー/ノアとステップワゴンの内外装を比較

 2022年には、新型ヴォクシー&ノアのライバル車となるホンダのステップワゴンと日産セレナもフルモデルチェンジを行う。ステップワゴンは2021年12月にティザーキャンペーンを開始して、2022年1月7日には、内外装のデザインも公開された。

ホンダの販売店によると「2月には価格も明らかにして予約受注が始まり、納車を伴う発売は4月から5月になる」という。

 新型ヴォクシー&ノアと新型ステップワゴンを比べると、車内はステップワゴンが若干広い。身長170cmの大人6名が乗車して、2列目に座る乗員の膝先空間を握りコブシ2つ分に調節すると、3列目に座る乗員の膝先空間は、ステップワゴンでは握りコブシ2つ分だ。ヴォクシー&ノアでは、2つ弱に留まるから少し狭い。

 シートのサイズは、1/2列目は両車ともに同等だが、3列目はヴォクシー&ノアの座面が少し長い。その代わりステップワゴンは座面の厚みを20mm増して座り心地を向上させた。多人数乗車時の居住性を総合的に判断すると、車内の視覚的な広々感も含めて、ステップワゴンが少し勝る。

 荷室の使い勝手はヴォクシー&ノアが改善を行った。先代型もレバーを引くと自動的に左右に跳ね上がったが、ストラップで固定する必要もあった。そこで新型は、跳ね上げた3列目をサイドウインドー側に押し込むと、自動的にロックされるようにした。ステップワゴンの3列目は、以前と同じ床下格納でスッキリした荷室になるが、シートアレンジの使いやすさではヴォクシー&ノアが勝る。このように両車を比べると、居住性と積載性は一長一短だ。

次ページは : ■装備の比較

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ