フランスの高級車DS第4弾は超個性派クロスオーバーのDS4に!!

フランスの高級車DS第4弾は超個性派クロスオーバーのDS4に!!

 フランスのラグジュアリーブランド「DS」のニューフェイス「DS4」が4月28日、日本上陸を果たした。日本の道路事情やニーズにも適したCセグメントモデルだが、アヴァンギャルドなスタイルと都市型クロスオーバーのキャラクターが、強い印象を残す個性派モデルである。

 今年のフランス・パリの国際自動車フェスティバルで、最も美しいクルマに選ばれたという新クロスオーバーの特徴と魅力を解説しよう。

文/大音安弘、写真/ステランティスジャパン

【画像ギャラリー】初代の魅力を受け継ぎながら全面刷新された2代目DS4のすべて!(14枚)画像ギャラリー

■個性派クロスオーバーDS4が復活へ!

 ステランティス ジャパンは2022年4月28日、フランスのラグジュアリーブランド「DS」のCセグメントハッチバック「DS4」を発表し、同日より販売を開始した。全車右ハンドル仕様となり、価格は、398万~572万円となる。

 DS4は、シトロエンDS時代に投入されたことのあるCセグメントハッチバックで、2011年に初代がデビュー。流麗なフォルムを備えながら、全高を高めたクロスオーバーとしてデザインされていた。そのDS4が、新世代モデルとして復活を果たしたのである。

2011年に登場したシトロエンDS4。その流れを汲むのが、新世代DSの最新作となるDS 4だ
2011年に登場したシトロエンDS4。その流れを汲むのが、新世代DSの最新作となるDS 4だ

 新世代DSの第4弾モデルとなる「DS4」は、初代同様にスタイリッシュなデザインと最低地上高を少し増したクロスオーバー風デザインとなっているが、これはオンロードを前提としたもの。ただ、ドライバーのアイポイントを高くすることができ、より視認性を高められるのも強みのひとつだ。

第2世代となるDS4は、まったく印象は異なるが、初代の特徴もしっかりと受け継いでいる
第2世代となるDS4は、まったく印象は異なるが、初代の特徴もしっかりと受け継いでいる

■世界一美しいと称賛されたスタイル

 DS4の魅力のひとつが、その流麗かつ個性的なスタイリングだ。2022年1月にフランス・パリで開催された「第37回国際自動車フェスティバル」では、「Most Beautiful Car of the Year 」を受賞。世界一美しいクルマとして称賛された。

リアスタイルもシャープで力強い。クーペライクなフォルムも特別感を感じさせる
リアスタイルもシャープで力強い。クーペライクなフォルムも特別感を感じさせる

 DSモデルの特徴である立体的なフロントグリルの左右には、宝石のような輝くを放つLEDヘッドライトと稲妻型のフルLEDデイタイムランニングライトが、見る者を惹きつける。

 大径タイヤと少しゆとりを増した最低地上高が、使い勝手のいいCセグメントハッチバックながら、ボリュームや力強さを感じさせるので、存在感もバッチリ。

 リアスタイルでは、レーザーエンボス加工による立体的なダイヤモンドデザインのテールランプが、とても印象的だ。この煌びやかなテールランプには、片側で80個ものLEDライトが使われているという。

 ボディサイズは、全長4415×全幅1830×全高1495mmとなっており、全高は初代よりもグッと抑えられており、それがシャープなスタイルを実現する隠し味ともなっている。このため、初代同様に日本の機械式駐車場にも対応可能だ。

次ページは : ■お洒落で機能的なコックピット

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します