トヨタ 新型ミニバン発表!! イノーバEVコンセプト 注目の中身と日本市場への影響は!!?


イノーバEVコンセプトがもたらす日本への影響

 イノーバは登場から長きにわたり現地で愛されてきたが、これまで日本導入がささやかれたことはない。ラダーフレームを用いたミニバンは、日本では希少な存在だ。しかし、機能性や快適性に目を向けると、日本国内のニーズを満たすクルマにはなっていない。

 イノーバEVコンセプトについても、新興国市場に限った展開が予想され、欧州や北米、日本市場への導入はないと考える。しかしながら、先代ハイラックスのプラットフォームを用いてBEV化されたことは、今後のトラック(ピックアップを含む)車両へ、技術の広がりが期待できるものだ。

 bZ4X、レクサスRZと、新たなBEVを続けて発表してきたトヨタ。今後BEVラインナップは乗用車のみならず、商用バンやトラックにも広がっていく。ここで、イノーバEVコンセプトにより培われた技術が、役に立つだろう。

 日本ではSUVからスタートしたトヨタBEVだが、今後セダン・コンパクト・ミニバンなどに広く普及していく。仕様が大きく違うため同様にとはいかないものの、BEVミニバンの先陣を切ったイノーバの存在は、良いお手本となるのではないか。

 BEVならではのパワー、そして静粛性などは、ミニバンを作る上でも好都合だ。今後、国内市場にはイノーバEVではなく、e-TNGAを使った新型BEVミニバンが投入されていくだろう。

 トヨタによる世界を舞台にした、壮大なBEV計画はまだ始まったばかり。今後、各地で培われた技術が結集し、大きな成果となって現れるはずだ。そのときを、期待して待ちたい。

【画像ギャラリー】トヨタがインドネシアで発表した新型EVミニバン「イノーバEVコンセプト」(11枚)画像ギャラリー