後席シアター機能もあり! 全面刷新されたBMWフラッグシップ7シリーズが登場


 BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」が、フルモデルチェンジを発表。第7世代となる新型は、個性的なフロントマスクが話題となっているが、デジタル機能の強化も注目すべきところだ。

 ラグジュアリーカーらしいおもてなし機能の最大の目玉として、なんとシアター機能まで備える。BMWセダンの頂点にふさわしい数々の機能を含め、新型の特徴を紹介しよう。

文/大音安弘、写真/BMW

【画像ギャラリー】EVもあるよ!7世代目となった新型BMW7シリーズのすべて(14枚)画像ギャラリー

■7世代目となるBMWフラッグシップサルーン誕生

 BMWジャパンは2022年7月1日、BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」のフルモデルチェンジを発表した。全車右ハンドル仕様のみとなり、価格は1460万~1670万円となる。

BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」がフルモデルチェンジで7世代目に進化した

 7世代目に進化した7シリーズのスタイルは、巨大なキドニーグリルと2段式ヘッドライトデザインのフロントマスクが印象的。煌びやかな新ヘッドライトは、スワロフスキー製クリスタルを使用したもの。

 全車が、3215mmのロングホイールベース仕様となるため、ボディサイズは全長5391mm×全幅1950mm×全高1544mm(欧州仕様値)と巨大だ。

新型BMW7シリーズのリアビュー。リアコンビランプなどLEDは薄型のタイプを採用している

 ガソリンとクリーンディーゼルに加え、ニーズの高まるEVの「i7」もラインアップ。これまでもエンジン車とデザインを共有するBMW iモデルが登場しているが、新7シリーズでは、外観上の違いを最小限とし、好みのパワーソースを選びやすい仕様としている。

■ワイドディスプレイを中心とした贅沢なコックピット

 コックピットは、BMW iXより取り入れるカーブドディスプレイを中心とした先進的なもの。メーターパネルも12.1インチと大型だが、センターディスプレイは、さらに巨大な14.9インチのタッチスクリーンを搭載。

 コックピット周りのスイッチ類も最小限に抑えられている。ソファーのように肉厚なシートには、表皮に手触りにも優れるメリノレザーを標準採用している。

まるでお洒落なカフェのカウンターを連想させるダッシュボードの上には、巨大なディスプレイが鎮座する

■驚きのプライベートシアターとなるリアシート

 新7シリーズには、タクシーを連想させる自動開閉ドアを4枚のドアすべてに装備するのも驚きのアイテムだが、購入するならば、ぜひ装備したいオプションのひとつが、「リア・シート・エンターテインメント・エクスペリエンス」だ。後席の前方の頭上に、8K対応の31インチタッチスクリーン式ディスプレイ「BMWシアタースクリーン」を装備。

 AMAZONのFire TVを搭載しており、4K/UHDの解像度で視聴することが可能なのだ。このシアタースクリーンをONにすると、自動的に後部座席のシェードが閉じる機能も備わるなど、まさにシアター感が満載なのだ。

 オーディオシステムも、Bowers & Wilkins サラウンド・サウンド・システムが標準。パワーソースで仕様が少し異なり、エンジン車ではガソリン車の場合、655W出力の20スピーカー、9チャンネルサラウンド。BEV「i7」の場合、アップデートされた895W出力の21スピーカー、9チャンネルサラウンドとなる。

 さらにオプションで、Bowers & Wilkins ダイヤモンド・サラウンド・サウンド・システムが用意され、出力が1965Wまで高まり、スピーカー数も、エンジン車で40スピーカー、i7では、39スピーカーまで増える。

 このシステムを選ぶと、シート内蔵サブウーファーまで備わるので、映画鑑賞での体感的な迫力も凄そうだ。ちなみに、シアタースクリーンを含む「リア・シート・エンターテインメント・エクスペリエンス」のオプション価格は、75万円。最上位のサラウンドシステムにアップデートすると、さらに75万2000円が必要となる。

移動可能なプライベートシアターを装備できるのも、新型7シリーズの魅力だ

次ページは : ■豪華だがシンプルなグレード構成

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ