スバルXVにe-BOXERが新登場!王者奪取へ切り札投入!!


2018年10月11日、スバルはクロスオーバーSUV XV(エックスブイ)の改良モデルを発表。同時にスバル独自のマイルドハイブリッド技術「e-BOXER」を搭載したグレード「Advance」を追加し発売を開始した。

専用のボディーカラー「ラグーンブルー・パール」は目の覚めるような鮮やかさ。もちろん見た目だけでなく、アイサイトに新たにサイドビューモニター「アイサイトセイフティプラス(視界拡張)」を追加(1.6i EyeSightを除きメーカー装着オプション)、さらに渋滞時などにブレーキペダルから足を離しても停止状態を保持する「オートビークルホールド」を新設定し全グレードに標準装備など、新装備も充実している。

目下のライバルとしてトヨタ CH-Rを見定めるXV。今回の「Advance」設定によりその追撃体制は盤石となっただろうか。以下、紹介していきたい。

〈今回の改良の主なポイント〉
■新グレード「Advance」を新設
■フォレスターに次ぐHV車第2弾
■専用ボディカラー&内装色
■
アイサイトに新たにサイドビューモニター機能を追加

※本稿は2018年10月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年11月26日号


■フォレスターに続くハイブリッドSUV第2弾

XVが10月11日に一部改良を受け、これまでの1.6&2Lの水平対向NAに加えて新たに2L水平対向+モーターのマイルドハイブリッド、e-BOXERを搭載した「Advance」グレードを追加設定した。価格は282万9600円で、ベースから12万9600円高となる。

パワートレーンはフォレスターのAdvanceグレードに搭載されるものとまったく同等、FB20型2L直噴エンジンは145ps/19.2kgmを発生する改良型だ。これに13.6ps/6.6kgmを発揮するモーターを組み合わせているのだが、先代XVハイブリッドがニッケル水素だったのに対し、新型ではリチウムイオンに電池が切り替えられているのも改良ポイント。

e-BOXERのシステム制御は、発進や低速走行時などエンジン効率が悪い場合にはEV走行となり、加速時や中速走行時にはエンジンを駆動させ、モーターはその働きをアシストするモーターアシスト走行になる。

エンジン効率のいい高速走行時にはエンジンのみで走行し、必要に応じてモーターを回して充電してバッテリーに充電する。減速時にはその減速エネルギーを電気に変換して充電し、停車時にはアイドリングストップを行う。

エンジンは145ps/19.2kgmの水平対向2L DOHCにリチウムイオンバッテリーのモーターを搭載

注目のJC08モード燃費は19.2km/L。兄貴分のフォレスターAdvanceは18.6km/Lだが、これはフォレスターが車重1640kgなのに対し、XVでは1550kgと90kg軽量なのが数値差となって表れている※。

※ノーマルのXVのJC08モード燃費は15.8〜16.4km/L(JC08モード)

■専用ボディーカラーと内装色で先進性をアピール!

エクステリアではAdvance専用ボディカラーとして「ラグーンブルー・パール」を用意し、フロントグリルとフロントバンパーガード、フォグランプべゼルをシルバーで統一している。また、インテリアにもAdvance専用のブルー内装を設定。

10月初旬の3連休に行われたお台場のモーターフェスでは発表前にXV Advanceが展示された

さらに、一部グレードを除いてアイサイトがA型のVer.3に最新のセイフティプラス(視界拡張)としてサイドビューモニターが追加されている。価格は1.6iアイサイト(213万8400円)のみ据え置きで、それ以外は2万1600円アップ(226万8000〜270万円)となる。

今年1月〜8月までの年間累計販売台数ではスバル車のラインナップ中で最多となる1万8463台を販売しているXVだけに、今回のe-BOXER追加で再び販売に弾みをつけることになりそうだ。

〈XV Advance 主要諸元〉
全長×全幅×全高:4465×1800×1550mm
ホイールベース:2670mm
車重:1550kg
エンジン:水平対向4DOHC+モーター
総排気量:1995cc
最高出力:154ps/6000rpm
最大トルク:20.0kgm/4000rpm
モーター最高出力/ 最大トルク:13.6ps/6.6kgm
JC08モード燃費:19.2km/L
トランスミッション:リニアトロニック(CVT)
車両本体価格:282万9600円

※エコカー減税・取得税40%、重量税50%


次ページは : ■日本での発売は??? 神戸でスバル初のPHV車が展示されていた!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ