カローラがクラウン顔に!? 超絶クールな北米フェイスがたまらん!! 日本仕様もこの顔になるか

カローラがクラウン顔に!? 超絶クールな北米フェイスがたまらん!! 日本仕様もこの顔になるか

 日本のスタンダードカーといえばやはりトヨタカローラになるだろう。そんなカローラが北米で小改良を受けた。マルチメディアなどの拡充もあるが北米カローラといえばそのスタイリッシュな顔つきだ。

 どことなく新型クラウンのような意匠にも思えるこのカローラの改良。日本仕様もこの顔になるのか? それともこのまままなのか?

 文:ベストカーWeb編集部/写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】アペックスがかっこよすぎるだろ!! 北米カローラ顔はどの角度からも精悍すぎる(13枚)画像ギャラリー

■スッキリ顔でカローラのイメージ変わる?

2023年モデルの北米カローラ。どことなくクラウンとも似ている印象だ。それにしてもこのフェイイスはかっこいい……
2023年モデルの北米カローラ。どことなくクラウンとも似ている印象だ。それにしてもこのフェイイスはかっこいい……

 北米のカローラの2023年モデルが発表となった。SEやXSEなどのグレードなどは2022年モデルに引き続き、優しいイメージの日本仕様とは異なるシャキッとした精悍なフェイスデザインになっている。

 この北米カローラのデザインはトヨタエンブレムの位置などをあらためて見ると、新型クラウンのようにも思えてくる。これまでのカローラのイメージといえばフロントグリルにエンブレムがあるものだったが、北米仕様はボンネット先端にエンブレムを配置している。

 もちろん変更は外装のみならず機関系のブラッシュアップも敢行。ハイブリッドモデルも重視しつつ、まだまだ北米では需要の高いガソリングレードにも大きなテコ入れが入った。

 ガソリンモデルのエンジンが従来の直列4気筒1.8Lから2Lに変更された。馬力も139hpから169hpに大幅アップ。これにより0-96km/h加速がなんと2秒も短縮されるという。カローラの本気がスゴイ……。

■日本上陸と伝説のApexの登場はいかに

こちらが2022モデルまで存在した「Apex」。AE86でもお馴染みの名称だが2023モデルではまだ未定。日本にもほしい……
こちらが2022モデルまで存在した「Apex」。AE86でもお馴染みの名称だが2023モデルではまだ未定。日本にもほしい……

 現状では2022年モデルで設定のあったスポーティモデルである「Apex」の設定はアナウンスされていないが、きっと今後の展開次第では登場を期待したいところ。

 北米でもGRカローラの熱量も高まっているため、もしかするとApexとの棲み分け戦略が必要になるのかもしれない。

 いっぽうの日本市場だが2022年10月にカローラシリーズの小改良を実施していることからも、この「北米顔」が日本導入される予定はしばらくはないだろう。期待されたApexもこれまで導入されていなかったことから、今後はGRカローラをメインにカローラファミリーのスポーツイメージを確立していくとみられる。

 日本のカローラはすでにカローラ、カローラツーリング、カローラスポーツ、カローラアクシオ、GRカローラと多様なバリエーションが用意されている。超贅沢を言っているのは承知のうえで、ぜひここはお手軽なスポーティ仕様の「Apex」的モデルを日本にも用意してもらえると嬉しいのだが……。

【画像ギャラリー】アペックスがかっこよすぎるだろ!! 北米カローラ顔はどの角度からも精悍すぎる(13枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!