12本出しマフラーって正気かよ!! ステータスは火を噴くこと!? スーパーカーのマフラーの今後とは

12本出しマフラーって正気かよ!! ステータスは火を噴くこと!? スーパーカーのマフラーの今後とは

 自動車の世界で「力の象徴」といえばマフラーだろう。近頃は排ガス規制やら温暖化やらで肩身も狭いが、シビックTYPE RやGRカローラの後ろ姿を見ると、やはりマフラーの存在感はデカイ。

 そんなマフラーの究極美を競ってきたのが、ご存じスーパーカーの世界だ。自らの力を誇示するかのように各車がさまざまな手法を試み、左右分割や多管式など、息をのむようなデザインが数多く生まれた。

 そこで、スーパーカーのマフラーはどんな進化を遂げてきたのか。その美しくも過激な歴史を、大乗フェラーリ教開祖でもある庶民派スーパーカー評論家、清水草一氏に語ってもらった!

文/清水草一、写真/清水草一、池之平昌信、フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ、レクサス、パガーニ、マクラーレン、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】過激すぎるスーパーカーのマフラー大図鑑!(23枚)画像ギャラリー

2タイプが存在したカウンタックの12本出し

12本出しカウンタックも実在! スーパーカーのシンボル「マフラー」の過激っぷりがすごかった!
これぞ伝説のランボルギーニ・カウンタックの12本出しマフラー!

 古典的なクルマ好き、スーパーカー好きにとって、排気管は極めて重要なアイテムだ。排気管は排気を噴き出すわけで、場合によっては火を噴いたりもする。お尻から火を噴く乗り物=ジェット機やロケット。スピードが絶対善だった時代、クルマの排気管の形状や本数は、ステイタスそのものだった。

 スーパーカーブーム当時は、排気管の位置は「リヤバンパー下側の左右」が定番で、勝負は主に本数だった。

 最低限、左右1本づつの2本出し。できれば左右2本づつの4本。基本的に多ければ多いほど強そうに見えるので、最強は、伝説の「マフラー12本出しカウンタック」である。12気筒だから12本出し! これ以上はこの世にない! という究極のマフラーだ。

 カウンタックの12本出しには2種類あり、ひとつは、6本づつ上下2段に並べたタイプ。これは、スーパーカーブーム当時日本に実在し、スーパーカーショーで展示された。

 スーパーカーライターの高桑氏秀典氏はこう語る。

「このクルマを誰が造ったのか、僕もまだちびっ子だったので、分からないのですが(笑)、当時の写真を見ると、ナンバープレートに『japan auto』と書いてあります。1978年4月30日に鈴鹿サーキットで開催された『全日本スーパーカー選手権大会』に参加していたとのウワサもあります。当時、ショップかオーナーさんが自主製作したのではないでしょうか」

 もうひとつは、映画『キャノンボールラン』のオープニングに登場したカウンタックLP400Sで、こちらは12本のマフラーが1列に並べられていた(映画を見てもよくわからないが)。

 どっちにせよ、まさに狂気というか、究極のバカ丸出しなマフラーで、現在でも世界中のマニアに愛されている。

次ページは : 本数や位置よりも「音質」「音量」「火を吹く」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!