マツダ 新型CX-60は世界の「直6ディーゼル」と比べて「買い」なのか?

マツダ 新型CX-60は世界の「直6ディーゼル」と比べて「買い」なのか?

 BMW、ベンツ、ランドローバー…。世界の並み居る「直6ディーゼル」モデルと比べて、マツダ 新型CX-60は果たして「買い」なのか? 渡り合えるのか? 世界の直6ディーゼルを知り尽くしたはずの自動車評論家 清水草一が真剣比較!

※本稿は2022年10月のものです
文/清水草一、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年11月26日号

【画像ギャラリー】「比較できるところまできた」のがまずスゴいのでは…? マツダ新型CX-60と世界のライバルたちをギャラリーでチェック!(16枚)画像ギャラリー

■500万円台のCX-60に1000万円前後のライバルたち

マツダ CX-60(XDハイブリッド・直6・3.3Lディーゼルターボ+マイルドHV/505万4500円~)。最高出力254ps/3750rpm、最大トルク56.1kgm/1500-2400rpm。パワー・トルクは控え目だが、21.1km/L(WLTC)と燃費のよさはこのクラスで圧倒的。価格もライバルの半額程度だ
マツダ CX-60(XDハイブリッド・直6・3.3Lディーゼルターボ+マイルドHV/505万4500円~)。最高出力254ps/3750rpm、最大トルク56.1kgm/1500-2400rpm。パワー・トルクは控え目だが、21.1km/L(WLTC)と燃費のよさはこのクラスで圧倒的。価格もライバルの半額程度だ

 アタリのついたCX-60に乗っていると「このクルマなら、世界の直6ディーゼルと互角に戦える! そしてコスパで勝てる!」という確信が湧いてくる。

 世界の直6ディーゼルを知り尽くした私がそう言うんだから、間違いない。

 一応スペックをおさらいしておこう。

 e-SKYACTIV Dを搭載したCX-60 XDハイブリッドは、最高出力が254ps、最大トルクが56.1kgm。車両重量は1910kgだ。

 では、ライバルたちはどうか。

 直6と言えばBMWということで、まずはX5 35dと比較しよう。

 サイズ的にはX3のほうが近いが、X3の直6ディーゼルは「M40d」というスペシャルグレード。

ライバルその1は、BMW X5 35d(直6・3Lディーゼルターボ+マイルドハイブリッド/1030万円~)。最高出力286ps/4000rpm、最大トルク66.3kgm/1500-2500rpm。サイズは一回り大きく、車両重量2260kg。WLTC燃費は12.4km/L
ライバルその1は、BMW X5 35d(直6・3Lディーゼルターボ+マイルドハイブリッド/1030万円~)。最高出力286ps/4000rpm、最大トルク66.3kgm/1500-2500rpm。サイズは一回り大きく、車両重量2260kg。WLTC燃費は12.4km/L

 あまり買う人はいないし、私も乗ったことがない(知り尽くしてなくてスマン)。価格も大差ないので、ライバルはむしろX5だ。

 X5 35dは、3L直6のマイルドハイブリッドを積み、最高出力286ps、最大トルク66.3kgmを誇る。

 サイズだけでなく、エンジンスペックも格上だが、車両重量は2260kgと、CX-60より300kg以上重い。その相殺作用によって、加速感にあまり大きな差はない。

 エンジンフィールはさすがBMWの直6。当然気持ちよく回るが、アタリのついたCX-60だって充分気持ちイイ。これまた差は小さい。

 それで価格には約2倍の差があるのだから、コスパはCX-60の大勝利である。勝った勝った、BMWに勝った!

次ページは : ■これがいわゆる「ジャイアントキリング」!? ライバルたちをなぎ倒せ!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ