新型RAV4 日本再上陸の狙いと勝算 ハリアーと真っ向勝負!!


 2019年4月10日、トヨタの新型RAV4が正式発表、2016年以来3年ぶりの“日本再上陸”を果たした。注目の価格は260万8200~381万7800円で、日本導入モデルは2Lのガソリンエンジン車と2.5Lハイブリッドの2種類となる。

 新型RAV4は、1994年発売の初代から数えて通算4代目のモデル。2代目が2016年に生産終了となり、海外では3代目モデルが販売されていたものの、SUV人気が高まるなかで日本でもこの4代目が改めて導入される形となった。

 トヨタのSUVといえば現在、C-HRやハリアーが売れ筋だが、新型RAV4はサイズや立ち位置が近いハリアーと敢えて差別化する方向性に舵を切った。果たしてRAV4は売れるのか?

文:御堀直嗣/写真:TOYOTA


SUV人気のきっかけ作ったRAV4

1994年発売の初代RAV4。それまでのクロカン四駆とは一線を画し、日常使いにも優れた乗用車感覚のモデルとしてヒット。今に至るSUVのパイオニアといえる1台だ

 トヨタのSUV(スポーツ多目的車)であるRAV4が、2016年の国内販売中止から空白期間を経て、再登場することになった。

 初代のRAV4は、1994年に誕生。1990年代初頭、バブル期の日本ではいすゞ ビッグホーンや三菱 パジェロが爆発的人気を呼び、レクレーショナルヴィークル(RV)としてのクロカン四駆(クロスカントリー4輪駆動車の略)が一世を風靡した。

 フレーム構造を持ち、悪路走破性に富みながら、日常の用途にも使える快適性を備えたそれら車種を持たなかったホンダは、経営危機に陥るほどであった。

 トヨタには、ランドクルーザーや、ランドクルーザープラドがあり、ことに少し小型のプラドはビッグホーンやパジェロに対抗し得る車種であった。それ以上に身近なRV風の車種として、RAV4は生まれた。その車名は、「リクリエイショナル・アクティブ・ヴィークル・4ホールドライブ」の頭文字である。

 ホンダも、1994年のオデッセイを皮切りに、クリエイティブ・ムーバーシリーズの一環として、ステーションワゴンのオルティアの部品を活用したCR-Vを1995年に発売し、以後、RAV4と米国で競合車種として成長していくのである。ちなみに、CR-Vの車名は、「コンフォータブル・ランナバウト・ヴィークル」の頭文字をとっている。

 RAV4もCR-Vも、乗用車の部品を活用しながら生まれた車であり、1990年代前半を牽引したクロカン四駆としてのビッグホーンやパジェロと異なり、今日でいうSUVに近い位置づけといえる。

 クロカン四駆時代を経て今日まで続くSUV人気は、RAV4やCR-Vが生み出したといえなくもない。

 その特徴は、4輪駆動とセダンやステーションワゴンに比べ高い最低地上高を活かし、未舗装路を走行する際の気遣いを軽減するが、悪路走破までの性能はクロカン四駆ほどではない生活四駆(雨天や降雪時などにより安心して走れる)的な車種である。

 同時に、乗用車としての快適性や運転のしやすさを備える。クロカン四駆の重々しい走りと異なり、軽快な日常性を備えた4輪駆動車である。

 そうした需要は、郊外に出ると未舗装が増える米国で顕著となり、人気に応えるため次第に車体寸法が大きくなって両車とも3代目になるとかなりの大きさになっていた。国内市場においてそれでは大きすぎて扱いにくいといった反発を生み、販売台数の減少を受けどちらも4代目の2016年に国内販売を止めた。

 近年、SUV人気の高まりで輸入車のやや大き目なSUVが国内でも売れ出したことを受け、昨18年にCR-Vが国内販売を再開し、今年、RAV4もフルモデルチェンジの上で国内市場へ再び投入されることになったのである。

“ハリアー路線”から敢えて決別! 新型の狙いは?

海外専売モデルの3代目RAV4。C-HRに近いルックスを持ち、日常性を高めたSUVだったが、新型ではこの路線から敢えて異なる方向に舵を切る

 新型RAV4は、これまでと同じ車名とはいえ、そこに込めた想いを改めている。開発責任者の佐伯禎一チーフエンジニア(CE)は、「ロバスト・アキュレイト・ヴィークル・ウィズ4ホイールドライブ」と説明し、力強さと使い勝手に配慮した4輪駆動車の意味を与えた。

 かつてのRVに比べ、日常性を高めてきたSUVは、今日ではより乗用車的なクロスオーバー車に近づいており、未舗装路を走ることが二の次となる傾向にある。

 トヨタには、ハリアーというSUVもあり、それと差別化するうえでも、新型RAV4は悪路にも対処できる逞しさを与えようとしたのである。

 C-HRに通じる「キーンルック」と呼ばれる顔つきで米国において人気を博し、ついに2017年には乗用車部門でカムリより販売台数を伸ばしたクロスオーバー的4代目からの転換は、営業部門から反発もあったとされる。だが、佐伯CEは未来を見据え、郊外での存分な走りも視野に入れたSUVへ新型RAV4の舵を切ったのである。

 現行カムリで採用された、プリウス等から一つ上の車格のTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の第2弾となる新型RAV4は、運転をはじめた瞬間から質のよい仕立ての車であることを実感させた。

 あらゆる手ごたえがしっかりとして、かつ、乗り心地や静粛性に優れ快適である。

 ガソリンエンジン車とハイブリッド車(HV)があり、HVが静粛性に優れるのは当然だが、ガソリンエンジン車もエンジン音が耳に届くとはいえ、雑な音域を処理した快い音に終始する。走行感覚は、SUVというより上級乗用セダンのようだ。

 直進安定性に優れ、ハンドル操作にも素直に進路を変えて運転しやすい。TNGAによる基本性能の向上とあわせ、4輪駆動システムが適切に走りを支えているからだろう。

次ページは : “逞しさ”の鍵は3種類の四駆システム