【新型ランクル250エクステリア解説】3つのヘッドライトにカクカクボディでヤバいカッコよさ!!

【新型ランクル250エクステリア解説】3つのヘッドライトにカクカクボディでヤバいカッコよさ!!

 2023年8月2日10時、新型ランドクルーザープラドが世界初公開となった。ここではエクステリアの解説をお伝えしていこう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ、ベストカーWeb編集部

■ついに発表となった新型ランクルプラドのエクステリアを徹底解説

 ついに新型ランドクルーザープラド改めランドクルーザー250が世界初公開となった。併せて新型ランドクルーザー70の再販売も発表された。ここでは新型ランドクルーザー250のエクステリアの写真をテンコ盛りでお届けしよう。

丸目のヘッドライトの新型ランドクルーザー250(3列シート7人乗り)。左ハンドル仕様
丸目のヘッドライトの新型ランドクルーザー250(3列シート7人乗り)。左ハンドル仕様

 新型ランドクルーザー250のエクステリアは丸目のヘッドライト1つと角目が2つのヘッドライトを持つ。角目、丸目それぞれのフロントマスクをよく見ると、ヘッドライトの形状だけ違うだけで、バンパーやグリルはアンダーガード形状は同じだ。角目は細長い形状のため、ヘッドライト下にはハニカム状のパネルが装着されている。

角目の新型ランクル250
角目の新型ランクル250

 リア回りを見ていこう。Cピラーに入った切り欠きのようなアクセントが目立つ。フロントAピラーにもあるが、この部分にシュノーケルのアタッチメントを取り付けることも考えてデザインされたそうだ。

レクサスGXとは違いテールランプは縦型。ガラスハッチを備え(グレード別装備)、ゲートは横開きではなく上に開く
レクサスGXとは違いテールランプは縦型。ガラスハッチを備え(グレード別装備)、ゲートは横開きではなく上に開く

 テールランプは、レクサスGXと違い縦型で、ゲート左側にLAND CRUISER、中央にTOYOTAのロゴが入る。リアゲートは上に開く。タイヤは前後、TOYOタイヤ製オープンカントリーA/T、265/70R18。

3列シート7人乗り、ランクル250のリアスタイル
3列シート7人乗り、ランクル250のリアスタイル

 注目のボディサイズは全長4925×全幅1980×全高1870mm、ホイールベースは2850mmと先代プラドに比べ全長が+100mm、全幅が+95mm、全高が+20mm、ホイールベースが+60mm。

 兄弟車のレクサスGXとのボディ周りの共通なのは、前後ドア、リアフェンダー、ルーフとのことだ。

次ページは : ■フロント回りは3カ所取り外し可能

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

秋から2024年の注目車がこぞって登場!! ベストカー10月26日号

 10月26日号のベストカーは、みんなの好きなコンパクトSUVに関してBCスクープ班が現在掴んでいる…

カタログ