新型アコードはアウディも真っ青!? Googleビルトインで実用性拡充……ホンダのサルーン復権なるか

新型アコードはアウディも真っ青!? Googleビルトインで実用性拡充……ホンダのサルーン復権なるか

 新型アコードの日本仕様が先行公開された。

 北米のミドルクラスセダンマーケットでは、トヨタカムリなどとベストセラー争いを展開する人気セダンだが、日本ではお世辞にも存在感は強くない。

 人気車のほとんどがSUV、ミニバンというなか、セダン受難が続いているなかで、果敢にチャレンジする新型アコードがどんな魅力を持っているのか、見ていきたい。

文/ベストカー編集部
写真/奥隅圭之


今やアコードはホンダのフラッグシップ

堂々としたフォルムが魅力的な新型アコード
堂々としたフォルムが魅力的な新型アコード

 今年1月に販売終了となったホンダアコードコードだが、昨年11月に11代目となるアコードの北米仕様を発表し、すでに販売していてかなりの人気となっている。

 そんななか、9月12日に新型アコードの日本仕様が先行公開された。発売は来春の予定だ。

 アコードは1976年に初代モデルがデビュー。ホンダ車ではシビックの上に位置する大衆クラスのセダン&ハッチバックだった。

 そのアコードも、シビック同様に時代とともに大型化&クラスアップし、レジェンドが消滅した現在ではホンダブランドのフラッグシップセダンとなっている。

 今回は先行公開だから、ボディサイズ、パワーユニットの詳細スペックなどは公開されていないが、ホンダサイドでは大きく進化していることを大々的にアピール。

 その進化のポイントは、高級感を増した内外装のエクステリアデザイン、パワーユニット、先進安全装備、コネクテッド技術など多岐にわたる。それでは順に見ていこう。

新型アコードはクーペルックながら独立した充分な広さのトランクスペースを持つセダンボディとなる
新型アコードはクーペルックながら独立した充分な広さのトランクスペースを持つセダンボディとなる

伸びやかなエクステリアデザイン

フルLED化されたヘッドライトによりワイド感が強調されている
フルLED化されたヘッドライトによりワイド感が強調されている

 まずエクステリアデザイン。先代のロー&ワイドプロポーションを踏襲しながらも、フルLEDの横長ヘッドライトによりワイド感が強調されている。グリル回りも質感が高められている。

 一方リアデザインは、シビックとも共通するファストバッククーペを彷彿とさせ流麗なルーフラインが特徴だ。ただしシビックが5ドアハッチバックなのに対し、アコードはトランクが独立したセダンボディだ。

 リアコンビも真一文字で非常に質感の高いデザインだ。

非常に美しいルーフラインのリア。真一文字のリアコンビも洗練されている
非常に美しいルーフラインのリア。真一文字のリアコンビも洗練されている

次ページは : 質感にこだわったインテリア

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

待ってました!! N-BOXにSUVモデルが追加! シビックRSの新情報も!「ベストカー」2024年1月10日号

 全国のクルマ好きのみなさま。「ベストカー」2024年1月10日号、発売中です。表紙を見て「なんじゃ、あのクルマ!」と思った方も多いと思いますが、メイン写真はN-BOXに追加で登場するN-BOX JOY。これをはじめ次期フリードやシビックRSの新情報など、SCOOP特集がアツい今号をお見逃しなく~!

カタログ