新型スイフトにMT車あり!でも欧州チューニングの「RS」や1Lターボの「RSt」はなぜないの?

新型スイフトにMT車あり!でも欧州チューニングの「RS」や1Lターボの「RSt」はなぜないの?

 新型スイフトシリーズが12月6日に発表、12月13日に発売となった。クルマ好きには嬉しい5速MT車もハイブリッドMXに用意されており、この5速MT車のみ1月17日に発売される。MTを残してくれただけで嬉しいけど、先代モデルにあった1Lターボは復活するのか?

文/ベストカーWeb編集部、写真/ベストカーWeb編集部、スズキ

【画像ギャラリー】ズームして見て! 新型スイフトと先代RS、RStの写真をチェック!(11枚)画像ギャラリー

■新型スイフトに5速MT車がある!

新型スイフトは1.2Lガソリン車のXG、1.2Lハイブリッド車のハイブリッドMX、上級グレードのハイブリッドMZをラインアップ。そのうち、ハイブリッドMXの2WDに5速MT車が192万2800円で設定されている
新型スイフトは1.2Lガソリン車のXG、1.2Lハイブリッド車のハイブリッドMX、上級グレードのハイブリッドMZをラインアップ。そのうち、ハイブリッドMXの2WDに5速MT車が192万2800円で設定されている

 12月6日に発表、13日から発売される新型スイフト。そのなかに、いまどき珍しい5速MT車がラインナップされている! 5速MT車は1.2Lマイルドハイブリッドの「ハイブリッドMX」に設定されている。

 5速MT車は財布にも優しい。なんと環境性能割、エコカー減税が免税、WLTCモード燃費は、ハイブリッドMX(FF)、CVTの24.5km/Lよりも0.9km/L上回る25.4km/L。

 5速MT車のハイブリッドMXの価格は、同グレードのCVT車と同じ192万2800円と、200万円切りは嬉しい。発売はこの5速MT車のみ1月17日となっている。

 なかなかいまどき、200万円切りのMT車がないので、欲しい人はぜひ!

■ガソリン車のRS、ハイブリッドRS、1LターボのRStがないのはなぜ?

2017年7月に登場したストロングハイブリッド仕様の4代目スイフト。出力10kWトルク30Nmの駆動用モーターと5速AGS(自動MT)を使ったパラレルハイブリッド。しかし2020年8月に販売終了
2017年7月に登場したストロングハイブリッド仕様の4代目スイフト。出力10kWトルク30Nmの駆動用モーターと5速AGS(自動MT)を使ったパラレルハイブリッド。しかし2020年8月に販売終了

 新型スイフトのラインナップを見て、ストロングハイブリッド、ガソリン車のRSとハイブリッドRS、1LターボのRStがないのに気付いた方はかなりの通。

 この事実について、スズキ開発者に聞いてみたが「先代スイフトの販売割合が、ガソリン車4、マイルドハイブリッド4、ストロングハイブリッドが2となっていました。ストロングハイブリッドの割合が2と極端に少なかったので見送りました」。

 たしかに2017年4月の発売当初は、マイルドハイブリッドだけだったが、2017年7月にストロングハイブリッドが追加された。しかしストロングハイブリッド車の価格が高く、コストパフォーマンスが悪かったので、2020年8月に販売終了となっていたのだ。

 マイルドハイブリッド車は、ガソリン車に対して燃費が14%向上し、車両価格は約23万円アップ。それに対し、ストロングハイブリッドは、マイルドハイブリッドに対して燃費は17%向上、車両価格は約16万円ほど高かった。

 その後、1.2LのNAガソリンエンジン仕様に5速MTを組み合わせるRS、同エンジンのマイルドハイブリッド仕様のCVT搭載車となるハイブリッドRS、そして、スイフト史上初となるターボエンジン搭載のRStの3タイプを設定していた。

1Lターボの“ブースタージェット”エンジンを搭載していたスイフト「RSt」。流行りのダウンサイズターボ車として玄人には注目の存在だった
1Lターボの“ブースタージェット”エンジンを搭載していたスイフト「RSt」。流行りのダウンサイズターボ車として玄人には注目の存在だった

 RS、ハイブリッドRS、RStはフロントグリル、フロント&リアバンパー、スポイラー、サイドステップ、ルーフスポイラーを専用開発し、リアフォグランプや切削加工とブラック塗装を施した16インチアルミホイールを装備。

 インテリアはセンターコンソール、ステアリング、シフトブーツ、専用ファブリックシート表皮、シルバー加飾、シルバーステッチを施したほか、3代目同様、ショックアブソーバーや電動パワーステアリングなど欧州チューニングが施されていたこともあって評価も高かったのだが……。

 しかし、102ps/15.3kgmを発生する1LターボのRStも2020年5月に販売終了、今回の新型スイフトにも用意されていない。

 新型スイフトにはこのRS、RSハイブリッドがラインナップされていないことに関しては今回スズキ関係者に聞いてみたが「いまのところ考えていませんが、ご要望があれば……」とのことだった。

 RStに関してもすでに先代スイフトの時に途中で販売終了となっている経緯もあるので、仕方ない気もするが、やはり、トップモデルのスイフトスポーツがあるので、ラインナップされないのもやむなしといったところか。

 1Lのターボは、それほどハイチューンなターボではなかったが、欧州仕様の足回りのもたらすハンドリングの良さとの相乗効果で、気持ちいい走りのモデルだったのに……。

【画像ギャラリー】ズームして見て! 新型スイフトと先代RS、RStの写真をチェック!(11枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!