新型スイフトスポーツは来夏登場!? ターボで歴代最強の楽しさ実現!!? 気になる価格と最新情報徹底分析

新型スイフトスポーツは来夏登場!? ターボで歴代最強の楽しさ実現!!? 気になる価格と最新情報徹底分析

 スズキが2023年12月6日に7年ぶりにフルモデルチェンジしたスイフト。こうなると気になってくるのはそう、このスイフトをベースとする新型スイフトスポーツだ! コスパ最強スポーツモデルは次期型でも健在か!

文/ベストカーWeb編集部、写真/スズキ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新型スイフト登場で気になるのは次期型「スイフトスポーツ」! 2024年冬にも待望のフルモデルチェンジへ!!(10枚)画像ギャラリー

■次期型スイフトスポーツはほぼ現行型と同じサイズで登場か

ベストカー編集部製作の次期型スイフトスポーツ予想CG。基本的には現行型からキープコンセプトでの登場となる
ベストカー編集部製作の次期型スイフトスポーツ予想CG。基本的には現行型からキープコンセプトでの登場となる

 もはや日本のコンパクトスポーツ唯一の良心ともいえるスイフトスポーツ。ベースとなる素のスイフトが新型に切り替わったことで、2024年夏にもフルモデルチェンジを受けることになりそうだ。

 現行スイフトスポーツはまだ販売継続中で、価格は6MT車が216万4800円、6AT車が223万6300円(全方位モニター用カメラパッケージ装着車は各5万2800円高)。国産車各車の値上がりが顕著な今、これだけコストパフォーマンスの高い国産ライトウェイトスポーツモデルはほかに皆無だと言っていいだろう。

 ボディサイズはベースとなる新型スイフトが全長3860×全幅1695×全高1500mm、ホイールベース2450mmで先代型から全長が20mm拡大した以外は同じ。

 新型スイフトは車重が先代型よりも50~70kg増加しているが、エンジンが直4から直3に変更されて安全装備も充実していることを考えれば必要最小限の増加の範囲内だ。

 現行型スイフトスポーツのボディサイズは全長3890×全幅1735×全高1500mm、ホイールベース2450mmで、車重は970~990kg。次期型ではほぼこのサイズを踏襲し、車重が若干増加することになりそうだ。

次ページは : ■注目のパワートレーンは1.4Lターボのマイルドハイブリッドか……それとも?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!