スバルWRX STI最終仕様が商談開始! 限定555台で値上がり確実!?


 2019年9月末、スバルは東京モーターショー2019の出品を発表した。その際に「WRX STIファイナルバージョン」を出展することを明らかにし、これが名機EJ20エンジン搭載の最終仕様であり、この完売をもっていったん現行仕様のWRX STIバージョン(国内仕様)を販売終了することを発表した。

 今回、当編集部ではそのファイナルバージョンの販売店用パンフレットを入手。価格と仕様が明らかになった。その紹介に加えて、本稿では全国のスバル店での販売状況とお客さんの反応を、流通ジャーナリストの遠藤徹氏に調査してもらった。
文:遠藤徹

【画像ギャラリー】 昨年一瞬で完売したWRX STIの限定車「RA-R」の雄姿


■受付は10/24~11/10、結果は11/14発表

 10月上旬現在、全国のスバル店に、「スバルWRX STI最終仕様」の内容がウェブサイトで伝えられ、今後の商談スケジュールが示され、既納ユーザーを中心にティザーキャンペーンがスタートしつつある。

スバルの公式サイトに「555台限定抽選販売」という文字とともに、はっきりと「現行モデル終了」と示されている。ゴールドのBBS製19インチ鍛造アルミも装備

スバル公式サイト:https://www.subaru.jp/wrx/sti_ej20finaledition/

 ユーザー向けに作成するパンフレットは、配布されている店舗とまだ配布されていないところがある。そのスケジュールは10月10日に希望者向けの見積書作成がスタートするのを皮切りに、10月24日から11月10日までの17日間で抽選を受付ける。

 見積書作成と同時に申し込み用紙を配布し、それに住所、氏名、電話番号、メールアドレスなどを記載する。抽選受付の際には抽選番号を渡す。この際の費用は無料。

 11月14日に555人分の当選結果が発表になる。

 当選結果は担当営業マンから申込者に電話やメールアドレスに通知される。その後2020年の1月10日に生産を開始し、順次納車される。当選者に届けられるのは2~3月頃になる見通しだ。

 抽選の受付をどのように進め、結果発表をどうするかなど、具体的な手順は近く公表される見込み。以前のS208バージョンの時は各販社が受付や抽選発表、通知を行っていたので、今回も同様に進められるものと思われる。

商談用パンフレットには内装写真も記されており、ウルトラスエード巻ステアリングホイールや赤色のSTIロゴ入りスタートスイッチなどの装備が見て取れる

■値上がり必至のため倍率は爆高

 今回売り出される特別仕様車2タイプの車両本体価格にナビ、ETC、ボディコーティング、安全装備、ドライブレコーダー、税金など法定費用を含めて約80万円程度を加算して総費用が算出される見込み。

 ボディカラーはホワイト、ブラック、ブルーの3色。6速マニュアルのみで、CVTは従来バージョンが継続販売される。ホワイトは有料で3万円高い。費用関係は見積書の作成、抽選申し込み時は必要ない。当選し購入する際は現金、通常ローンとも他のスバル車と同じだが、残価設定クレジットは残価の設定が難しいため、設定しない可能性がある。

 基本的には車両本体からの値引きはなく、下取り車がある場合はこちらで調整することはありそう。こうしたモデルは車両価格が高いが、中古車価格が高値で安定することがわかっており、古くなっても値落ち幅が小さく、下取り価格が高値で続く傾向がある。

 つまり申込者が殺到し、倍率は相当高いものになるだろう。

次ページは : ■次期型が日本市場に導入されるとは限らない