ニュル最速の風を感じる メガーヌ ルノー・スポール273登場

 「ニュルブルクリンク最速」。なぜクルマ好きはこの文字に心躍るのだろうか…。

 またこの世に「ニュルブルクリンク最速」を謳う市販車が登場。正確には「ニュルブルクリンク最速だった」クルマだが、もはやそんな細かい時系列は置いておこう。

 今回発表されたルノーメガーヌの最速バージョンである「メガーヌ ルノー・スポール273(トロフィーS)」を紹介しよう。

 文:WEBベストカー編集部
 写真:WEBベストカー編集部(塩川雅人)


■メガーヌ ルノー・スポールとは?

 ルノーが誇るスポーツハッチバックであるメガーヌ。日本でのバリエーション展開は複数あり、一般的なハッチバックの「メガーヌ ハッチバック」、ステーションワゴンの「メガーヌ エステート」、そして究極のFFスポーツを標榜する「メガーヌ ルノー・スポール」である。

 「ルノー・スポール」自体は国産車でいえば日産のニスモ、スバルのSTIといったブランドに近く、スポーティーなクルマを生み出すディビジョンだ。

 その背景にモータースポーツの歴史を持っているのも共通の特徴で、ルノー・スポールに関して言えば長年のF1へのエンジン供給、そして昨年からのワークスとしてのF1参戦が大きなトピックだろう。

 そんなルノー・スポールブランドで登場した「メガーヌ ルノー・スポール273」は、これまでのメガーヌ ルノー・スポールを置き換える形で登場。しかしながらこのクルマが登場するまでには壮大なドラマがあったことをこの機会にお伝えしたい。

dsc_3385
発表会当日はルノー・ジャポンの大極司社長、そしてF1日本GPのために来日していたジョリオン・パーマー選手が登場

■ニュル最速の戦いは続く・・・

 ドイツのニュルブルクリンク(通称:ニュル)。なんとなく名前を聞いたことがある方もいれば、初耳という方もいるかもしれない。

 ニュルはプロのレーシングドライバーでさえも「怖い」と漏らす1周20.8kmのサーキットだ。その世界一険しく、バリエーション豊かな路面を持つ難コースは世界の自動車メーカーの新車開発の現場としても有名だ。

 そんなニュルにはもうひとつ別の顔もある。それがラップタイムの更新合戦である。1周20.8kmのコースをクルマによっては300km/h近いスピードを出しながら、数々のブラインドコーナーを駆け抜ける。

 文字どおり「命がけ」。ドライバーが限界ギリギリまで攻めて、タイヤ、シャシー、空力などすべての要素が究極に達した時にベストラップが出る。

dsc_3390
路面が荒れているニュルブルクリンクでは、単純に固い足回りとグリップ力が高いタイヤのみでは速く走れない。クルマへの要求が多いコースだからこそ熟成が進むのだ

 そのベストラップ記録の「市販FF車」カテゴリーにおいて、2014年6月にトップタイムをたたき出したのが今回の「メガーヌ ルノー・スポール 273」の兄貴分になる「メガーヌ ルノー・スポール・トロフィーR」。その記録は7分54秒36…、このタイムはかなり速い。

 なかなか比較対象に困るが、4WDのハイテクスポーツであるスバルWRX STIを引き合いに出そう。2010年にあのトミ・マキネンが、GVB型の市販前プロトタイプでたたき出したタイムが7分55秒00。4年のブランク、そしてコンマ6秒の更新とはいえ、2Lの4WD最強王者にFF車が勝つというのは衝撃的だ。

 余談だがFF車としてはその後にホンダ・シビックタイプRが7分50秒63、そして2016年5月にVWゴルフGTIクラブスポーツSが7分49秒21をたたき出していて現在の「ニュルFF最速マシン」。とはいえ、パイオニアでもあるメガーヌ ルノー・スポール・トロフィーRの偉業はかすむことはないだろう。

 そんなニュルFF最速だったトロフィーRだが、残念ながら市販車は限定販売ですでに完売。しかしながらその弟分の「273」シリーズでもニュル最速のエッセンスは感じられるはずだ。

■273っていったい?

 今回登場した「メガーヌ ルノー・スポール273」。発表会では展示用のF1マシン、そしてプレゼンテーション時の「ニュルブルクリンクFF市販車最速」という文字が、ルノー・スポールの大きな自信の表れに感じた。

 車名の「273」という数字は最大出力の273psを表し、先述のトロフィーRと同じニュル最速スペックの直4ターボエンジンを搭載しているモデルになる。

dsc_3415
至宝の直4エンジンはサーキット常用域の5000-6000rpmでのトルクアップを実現している

 カタログモデルの「メガーヌ ルノー・スポール273」に加えて、50台限定の同「トロフィーS」も同時発表になった。トロフィーSには以下の装備がつく。

【トロフィーS 専用装備】

  • ・左ハンドル(アルカンタラステアリング)
  • ・アクラポヴィッチ製チタンマフラー
  • ・オーリンズ調整式ダンパー
  • ・スピードライン製19インチホイール
  • ・レザー・アルカンタラコンビ RECAROシート

 サーキットにそのまま持ち込んでも不足のないスペックであるが、シートもトロフィーRのようなフルバケットではないので街乗りも快適にこなす万能性を持っていそう。

■限定台数の壁…

 「トロフィーS」がいくらすごいクルマでも50台しか日本で発売されないとなると、これは争奪戦になるのではないだろうか。そこで編集部では「トロフィーS」のパーツを後から購入できないかルノー広報部に問い合わせてみた。

 結論からいうと後付けでカタログモデルの「273」を「トロフィーS化」するのは限りなく不可能に近いとのこと。「273」にもフジツボ製のチタンマフラーなどの魅力的なオプションはあるが、どうしてもアクラポヴィッチマフラーがいいというエンスーにはこの知らせは少し辛い。

 至宝の直4エンジンとブレンボモノブロックキャリパーなどは共通装備なので、そこまで神経質になる必要はなさそうだが、「どうしてもオーリンズとアクラポヴィッチ!!」という方は、この記事を読んだらその日のうちにルノーディーラーに急いでほしい。

 なんせルノー・スポール系の限定車は、毎回完売御礼になっているのだから。

■価格とスペック

 カタログモデルの「ルノー・スポール 273」は399万円、50台限定の「トロフィーS」は456万円。10月5日(水)から発売開始になっている。

 発表会で繰り返しアナウンスがあったのが全国22店舗のルノー・スポールスペシャリストディーラーについて。

 常にルノー・スポールモデルに試乗が可能など、厳しい条件をクリアしたディーラーのみが認定される。フランス本国が指定するトレーニングを受けたスペシャリストが在籍しているとのことで、せっかくの「ルノー・スポール」を味わうならスペシャリストディーラーに足を運んでみるのはいかがだろう?

ルノー ルーテシア ルノー・スポール 273主要諸元(カッコ内トロフィーS)

  • 全長×全幅×全高:4320×1850×1435mm
  • ホイールベース:2640mm
  • 車両重量:1420kg
  • 駆動方式:前輪駆動(FF)
  • ステアリング 位置:右(左)
  • 乗車定員:5名
  • エンジン種類:直列4気筒DOHC 16バルブターボ
  • 最高出力:273ps/5500rpm
  • 最大トルク:36.7kg-m/3000rpm
  • トランスミッション:6速MT
  • タイヤサイズ(前後):235/40ZR18(235/35R19)
  • 車両本体価格(税込み):399万円 (456万円)

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ