新型インプレッサ スポーツ&G4 の“おいしい”4つのポイント


 「すごい、すごい」と各媒体で大評判のスバル新型インプレッサ。

 今後のスバルを背負うプラットフォーム、SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)が新開発され、このインプレッサから採用されたのが大きなポイント。

 ただしNAしかないラインアップなど、ライバルがダウンサイジングターボなどで武装するなか、走りを期待するファンにはやや不安な点も。新型インプレッサの気になるポイントをさっとひとまとめしてみた。

 文:WEBベストカー編集部/写真:池之平昌信、スバル


新型インプレッサ 4つのポイント

 新型インプレッサを知るうえで大事なポイントは大きく分けて以下の4つ。

  • ・スバル・グローバル・プラットフォーム
  • ・アイサイトの標準装備化
  • ・2.0Lエンジンの直噴化
  • ・トルクベクタリング

 この4点がわかればインプレッサの「おいしい」ところを味わえるはず。

 ディーラーマンに「このお客さん知っているな!!」と思ってもらえるポイントでもある。さっそく詳しく見ていこう。

グレード構成は?

 まずポイントの解説に入る前にグレード構成から。

 ボディタイプはハッチバックの「スポーツ」、そしてセダンの「G4」の2種類。両タイプとも価格は共通で、以下の3グレードの設定。

  • ・1.6i-L アイサイト(1.6L)…192万2400円(FF)/213万8400円(4WD)
  • ・2.oi-Lアイサイト(2.0L)…216万円(FF)/237万6000円(4WD)
  • ・2.0i-Sアイサイト(2.0L)…237万6000円(FF)/259万2000円(4WD)

 ディーラーでの動きは現在は2.0Lモデルのほうが目立つようだが、割り切った使いかたができる場合は1.6Lでも充分なスペック。しかし現段階でのグレード構成からすると、スバルの「推し」は2.0Lモデルなのは間違いないだろう。

h1_02s
ハッチバックの「スポーツ」。グレードでホイールデザインなどは異なる  
p02_01s
セダンの「G4」。このサイズのセダンが減るなか、セダンの復調なるか?  

次ページは : どうすごいのか、SGP?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ