【ベンツ BMW アウディ VW…】 なにげに超激戦区!! ステーションワゴン輸入車オススメ 9選

 SUVブームの次に「来る」のはコレなんじゃーないか!? とベストカーで密かに注目している「ステーションワゴン」のカテゴリー。

 先日は国産車6モデルをピックアップしご紹介したが、輸入車もメルセデスを筆頭にカッコいいステーションワゴンのモデルがどんどんと出現している。

 なかでもメルセデスのよりスポーティ、そしてよりクーペっぽい外観を持った「シューティングブレーク」タイプの「CLA」は注目だ。今後は、メルセデスのほかのモデルへもシューティングブレークタイプのモデルが拡大していく流れとなるだろう。

 メルセデスがシューティンングブレークを拡充すれば、ほかのメーカーも追従することは必至。そんなわけで、ステーションワゴンにひとたび注目したならば輸入車からも目を離してはいけないのである!

 今後の注目度爆上がり間違いなしのオススメ9モデルをご紹介しよう。

【画像ギャラリー】流れるようなボディライン! イチオシ輸入車ステーションワゴン9モデルをチェック!!

※本稿は2019年10月のものです
文:ベストカー編集部/各モデル解説:永田恵一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月10日号


■ベンツ CLAシューティングブレーク(価格:482万~544万円)

●2代目はより流麗なデザインで登場

 CLAシューティングブレークは、ベンツのFF系プラットフォームを使うAクラスから派生したスペシャルティなセダンであるCLAをステーションワゴン化したモデルである。

 それだけにCLAシューティングブレークはスタイル優先のステーションワゴンというコンセプトを持つ。

 つい最近フルモデルチェンジされ、2代目となった「CLAシューティングブレーク」はAクラスと同様に「Hi,メルセデス」の掛け声でエアコンなどを操作できる点など、親しみやすさも特徴だ。

 エンジンは現在FFとなる2Lディーゼルと4WDとなる2Lターボの2つ。

■アウディ A4アバント(価格:476万~658万円)

●運転支援システムなど先進機能をてんこ盛り

「80」の流れを引き継ぐ、欧州Dセグメントに属するプレミアムワゴンで、現行型で5代目モデルとなる。

 パッケージング&駆動方式はVWの兄弟車となる「A3」以下とは一線を画すアウディ伝統のエンジンを縦に置くFFをベースとし、ハイパワーモデルはエンジン縦置きFFから派生しやすいクアトロ(4WD)となる。

 エンジンはFFとなる1.4Lターボ、2Lターボ、4WDと2Lターボのハイパワー版(ここまでは7速DCTとの組み合わせ)に加え、3L V6ターボ+4WDに8速ATを組み合わせるスペシャルモデルの「S4」も設定される。

■ベンツ Eクラスワゴン(価格:758万~1895万円)

●セダン同等の安全性と快適性を実現したモデル

 かつてのミディアムクラスを引き継ぎ、日本車ではクラウン級となるEセグメントに属するベンツの中核モデル。現行型で5代目モデルとなる。

 現行モデルはベンツらしい各部の完成度の高さはもちろん、インテリアにアンビエントライトと呼ばれる64色から選べるLEDの間接光を備え、夜の車内の雰囲気を盛り上げる演出や予防安全、衝突安全ともに世界トップクラスの安全性能を備えることが大きな特徴だ。

 パワートレーンは1.5Lターボ+小型モーターのマイルドハイブリッド、2Lディーゼルターボなど非常に豊富で、AMG系も設定される。

■ベンツCクラスワゴン(価格:479万~1426万円)

●マイルドハイブリッド仕様もついにラインナップ!

 ベンツ初の小型車となった「190」シリーズの後継車となる欧州Dセグメントに属する、Eクラスと並ぶベンツの中核車種。

 現行型で4代目モデルとなり、昨年ビッグマイナーチェンジを受けている。

 CクラスはFR系のベンツとしては最も小さいモデルながら、各部の質感、安全性などボディは小さくてもEクラスに非常に近いものを持っていることが大きな特徴だ。

 パワートレーンは1.6Lターボ、1.5Lターボ+小型モーターのマイルドハイブリッド、2Lディーゼルターボに加え、それぞれ4WDとなるC43、C63といったAMGも設定する。

■ボルボ V60(価格:499万~649万円)

●8月にはプラグインハイブリッド仕様も登場

 90系のボルボも採用する新世代のSPAプラットフォームを使う、ベンツCクラス、BMW3シリーズをターゲットとしたモデル。

 パッケージング&駆動方式はエンジン横置きのFFを基本とし、ハイパワーモデルは4WDとなる。

 V60はボルボらしい予防安全、衝突安全性を含めた世界トップラスの安全性能はもちろん、明るいインテリア、ライバル車に対し若干ボディサイズが大きい点も特徴だ。

 パワートレーンはすべて8速ATとの組み合わせでFFとなる2Lターボ、4WDで2Lターボ+スーパーチャージャーのプラグインハイブリッドを設定する。

■BMW 3シリーズツーリング(価格:456万~875万円)

●BMWらしいしっかりしたフィールを持つワゴンだ

 3シリーズツーリングはスポーツセダンのベンチマーク的存在である3シリーズセダンをベースにしたスポーツワゴンで、現行モデルは日本導入が始まったばかりだ。

 現行モデルはスタイルこそいつものBMW流で大きな変化は感じにくいが、AI会話システムを採用したインテリア、運転支援システムの劇的な進歩など、外から見えない部分の進化は非常に大きい。

 すべて8速ATと組み合わされるエンジンは直4の2Lターボ、2Lターボのハイパワー版、2Lディーゼル、直6の3Lターボの4つで、2Lディーゼルと3Lターボは4WDとなる。

■VW パサートヴァリアント(価格:412万9000~577万9000円)

●ライバルよりコスパに優れたステーションワゴン

 パサートヴァリアントは車格としてはCクラスなどと同じDセグメントに属するが、Cクラスなどほどプレミアムではない、実用性も重視したステーションワゴンというキャラクターを持つ。

 それだけにこのクラスとしては大きなボディサイズを生かした広い室内に加え、ラゲッジは標準状態で650Lという超大容量を確保しており、大きな荷物を運ぶことが多いユーザーには有難い。

 パワートレーンは1.4Lターボ+7速DSG、それぞれ6速DSGと組み合わされる2Lターボ、2Lディーゼルの3つで、内容を考えればコスパの高いクルマだ。

■VW ゴルフヴァリアント(価格:298万~579万9000円)

●ゴルフらしい雑味のない走りが一番の魅力かも

 激戦区となっているCセグメントのベンチマークとなっているVWゴルフのステーションワゴン。

 ゴルフファミリーの一員だけにすべてが高次元な中でソツない仕上がりで、はじめての輸入車にもピッタリのモデルだ。またラゲッジスペースも標準状態で805Lと、このクラスとしては巨大だ。

 エンジンはすべて7速DSGと組み合わされる1.2Lターボ、1.4Lターボ、最近加わった2Lディーゼル、スペシャルモデルで4WDの「R」に搭載される2Lターボが設定される。

 モデル末期だけに購入条件も緩んでおり、検討する価値のあるモデル。

■MINI クラブマン(価格:322万~538万円)

●ほかにはない6枚ドアを持つステーションワゴン

 車種が多いミニファミリーにおいて、クラブマンはSUVの要素を持つクロスオーバーを標準的な最低地上高にするなどしてステーションワゴンの方向に仕立てたモデル。

 クラブマンはミニらしいスタイル、ポップなインテリアに加え、ステーションワゴンでは世界唯一と思われる観音開きのバックドアを持つ点も大きな特徴だ。

 エンジンは6速ATとの組み合わせとなる1.5Lターボ3気筒ターボの標準仕様とハイパワー版、8速ATとの組み合わせとなる2Lターボ、標準仕様とハイパワー版の2Lディーゼルが設定される。

【画像ギャラリー】流れるようなボディラインが美しい! イチオシ輸入車SWをギャラリーでチェック!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ