【生活の足に? 趣味に突っ走る??】 14者14様!? もしも世界に軽しかなかったら?

 もしもの世界のお話……。「この世に軽自動車しかなければ、それも1台しか選べないなら、何に乗りますか?」

 このお題に自動車評論家14名はどう答えるか。現行車&中古車のなかから選んでもらう!

【画像ギャラリー】バリバリの新型から名車まで!! 選者たちの“ベスト軽”をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年10月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月26日号


■これに乗る! 三菱 eKクロス(国沢光宏)

●機能ならN-WGN。が、スタイル込みでeKクロス

 クルマが1台しかなければ、いろんなことに使わなくちゃならない。となれば使い勝手を限定しているようなモデルだとアカンですワな。セカンドカーとかで使うなら軽トラックをもって軽自動車のベストとしますが。

「1台ならオールラウンダーであることが肝」。ということで国沢さんはeKクロス

 オールラウンダーとなれば、キャビンスペース広く4人ゆったり乗れ、自動ブレーキやACCなどの装備も欲しくなってくる。必然的にメーカーは限られます。ホンダか日産だ(三菱でもOK)。

 機能としちゃN-WGNをもってベストとする。しかし! デザインがどうしても納得できない。クルマは自分の美的センスを具現化すると思ってます。N-WGNが私の好みだと考えられたら少しばかりキツいです。繰り返すがセカンドカーなら道具だからN-WGNもいい。1台だけとなれば選べない。

 ということで、買うなら三菱のeKクロス。次点はN-BOXです。N-BOXに停止までするクルコン付けば、順位は逆転としておく。

●次点:ホンダ N-BOX

■これに乗る!スズキ エブリイ(小沢コージ)

●実用に徹したスズキエブリイ。これ以外なし

 スゲーつまんない回答ですが、軽しかないってことはほぼ共産圏みたいなテイストと考えられ、まずは実用性とクオリティが少しでも欲しいので、今私が持っているN-BOXを買うでしょう。

 もちろん最新の自動ブレーキが付いたマイチェン版を。現在標準装備のホンダセンシングには大変満足ですが、ACC使用時に完全停止しないのがとんでもなく不満なので。

 ってか、軽1台のみってS660みたいに「ワガママに乗りたい」という自由が許されない環境ってことじゃないでしょうか? 戦時下の日本のように贅沢は敵! と。

 あるいはさらにそっけなく軽量化をし尽くしたスズキスペーシア? いや、それ以上に実用に徹したスズキエブリイでしょう。

 N-BOXより乗り味をさらに削ぎ落とし、耐久性を考え、カーゴスペースを稼いだクルマ。エブリイなんてサイコー! もはや国民服的クルマになっているんじゃ。これ以外乗れんでしょ、フツー。

最強N-BOXよりカーゴスペースを広くとったエブリイを小沢さんは選択! 

●次点:ホンダ N-BOX

■これに乗る!スズキ 2代目ジムニー(木下 隆之)

●2サイクル、2代目ジムニー。今乗らないと後悔する

 ベストカーから今回のお題をいただいたのは、僕にとってもとてもタイムリーなことであった。というのも、本気で軽自動車を物色していたからである。

 狙いは「SJ30型ジムニー」。1984年までに生産された、2サイクルエンジンを搭載する2代目ジムニーである。

木下さんは2代目ジムニー

 というのも、そもそも軽自動車は日本の道路事情に合っていると思っていたし、2サイクルはいずれ消えてしまう絶滅危惧種として気になっていた。

 白い煙を吐きながら、バリンバリンと独特のビートを響かせるジムニーに、今乗らないと後悔すると考えていたのである。

 2サイクルは、オイルとガソリンを混ぜて燃やす混合エンジンで、ガソリンスタンドで給油さえしていれば走るのではない。

 常にオイルを継ぎ足さなければならない。そんな旧時代の産物に触れることができるのは今しかない。

 仮に、それが叶わないのならば、現行型ジムニーが候補になろう。小さいボディには、造り込みや本格的な志が充満している。そんなジムニーのある生活って、ちょっといいと思う。

●次点:スズキ 現行ジムニー

■これに乗る!ホンダ N-WGN(鈴木直也)

●「コレ1台で済ます」ならN-WGN。でも萌えないね…

 軽自動車市場は競争が激しいから、だいたい最新作がベストなことが多い。

 最近乗った軽の新車では、やっぱりN-WGNが秀逸。ドライバビリティや乗り心地の上質さにはびっくりさせられたし、渋滞ストップ&ゴー機能付きACCが全車標準となるなど、ADAS系の充実ぶりも申し分ない。

鈴木さんは現時点での“全方位軽自動車”といえるN-WGNを選ぶ。写真はカスタムモデルだ

 だから「コレ一台で済ます」という条件で選ぶと、いまならN-WGNのLターボかな。

 ご予算は、ナビなどのオプションを含めて、乗り出し約180万円くらい。昔の軽ほど安くはないけど、内容を考えたらリーズナブルという感じです。

 ただ、N-WGNに代表される最新の軽自動車は、実用的にはすっごくよくできているものの、趣味性という点ではあんまり萌えない。

 そういう意味で、圧倒的に楽しかったのは、千葉で田舎暮らしをはじめた友人のところにあったサンバー4WDトラック。

 もちろん、2012年に惜しくも生産終了となった、スバルオリジナルのリアエンジンモデルだ。

 次点はこの軽トラですね。退屈させない魅力がある。

●次点:スバル 6代目サンバー

■これに乗る! ダイハツタント(石川真禧照)

●選ぶならタント。プラットフォームの完成度だね!

 最近、2台所有カーライフの人がファーストカーに軽自動車を購入するというケースが増えている……という話を耳にした。確かに次々と登場する軽自動車に試乗してみると納得できる。質感の向上などがよくわかる。

 で、実際に購入するならば、最新モデルがいい。理由はまだまだ安全性能などが進化しているので、最新モデルのほうが装備充実だから。

 さらにクルマづくりの哲学も新世代に切り替わっている。新しいプラットフォームを採用したクルマは、すべての面で新しい。

 この視点でクルマを選ぶと、スズキスペーシア、ダイハツタント、ホンダN-WGN、日産デイズ/三菱eKクロスが候補になる。

 このなかで1台というならタントだ。ダイハツ新世代の「DNGA」のプラットフォームの完成度は高く、ハンドリングも高レベル。室内の広さは大型ミニバンに匹敵するぐらいに広い。重要なのはパワーユニットで、ターボが必要。

進化著しい軽自動車のなかで、石川さんが「この1台」と選んだのはタント! ターボは必須!!!

 もう1台を選ぶならスペーシアのオールマイティさを推したい。こちらもパワーユニットはターボ。フルタイム4WDと組み合わせたい。

●次点:スズキ スペーシア

■これに乗る! スズキ ハスラー(吉田由美)

●やはり見た目は大切。ずっと気になるのはハスラー

 私は軽自動車にネガティブなイメージを持っていないので、特に「軽自動車だから」ということで選んだことも、選ばなかったこともありません。

「たまたま好きだったクルマがこのクルマ」というだけ。これは私の恋愛スタイルと共通するのかも(笑)。なので、私の愛車遍歴にたまたま軽がなかっただけのことです。

 とはいえ、基本的に「クルマは新しいほどよいクルマ」という風に思っています。特に安全装備やエンタテイメント系でいえば、新しいクルマがよいに決まっています。

 しかし、それだけではクルマ選びの決め手にはならないんですよね。最新の安全装備は捨てがたいけれど、なんだかんだいってもデザイン……、見た目は大きいです。

 そう考えると、私が登場以来、ずっと気になっているのがスズキハスラー。

クルマ選びを「軽自動車だから……」という目で見ないという吉田さん。買うとしたらハスラーだ

 去年はスズキジムニー推しで、小さいけど機動力のある本格SUVは魅力的。でも自分で乗るには男性的すぎ。そう考えるとやはりハスラー。ボディカラーも可愛いし、デザインも“カッコ可愛いデザイン”。私が買うとしたらこっち!

●次点:スズキ ジムニー

■これに乗る! ホンダ N-WGN(清水草一)

●走りと居住性とデザインで、N-WGNのターボ

 この世に軽自動車しかなかったら、カーマニアはどれを選ぶべきか……。それも1台しか所有できないという前提で……。

 う~~~~~~ん。

 カーマニアが1台ですべてこなすとなると、走りと居住性とデザインのバランスがよくないとイカン。居住性とデザインだけならムーヴキャンバスでキマリなんだけど、足がフワフワすぎてちょっと走りがキツイ。よってこれは次点。

 本命は……。

 まだ乗ってないけど、N-WGNのFFターボでしょうか。

清水さんが選出したN-WGN。デザイン、いい!

 なにせデザインがウルトラ原点っぽい。これ以上シンプルにできないだろって感じで、それでいてカジュアルで愛せる気がする。

 カーマニアとして、自動車の原点回帰であります。色即是空。ボディカラーは、ガーデングリーンメタと、白の2トーンかな。

 N-WGN、走りはとってもいいらしいし、居住性も当然合格。全高も高すぎないので重心はそれなりに低いでしょう。ターボなら加速も問題なし。自動ブレーキ系も大丈夫だ。すべてを兼ね備えている!

●次点:ダイハツ ムーヴキャンバス

■これに乗る! スズキ ジムニー(片岡英明)

●道を選ばないジムニー。これがあれば鬼に金棒

 軽自動車の名車といえばスズキのジムニーだろう。間もなく誕生から50年になるが、その間に3度のモデルチェンジしかしていない。

 これは基本性能が高く、主張がブレていないことの証だ。軽自動車しか選択肢がないなら、最新の4代目ジムニーを選ぶ。

強靭なラダーフレーム、4輪リジッドアクスルのサスペンションというジムニー。片岡さんはこれ!

 ジムニーは世界最小の本格派クロスカントリー4WDで、今も強靭なラダーフレームと4輪リジッドアクスルのサスペンションにこだわり続けている。

 また、2WDと4H/4L切り替え式の副変速機を備えたパートタイム4WDだから、踏破性能は軟派なクロスオーバーSUVを相手にしない。

 地震や台風など、災害時でも高い機動力を発揮するのがジムニーの強みである。

 最新モデルはパワフルな3気筒ターボエンジンを積み、脱出性能を高めるための電子制御ブレーキLSDトラコンや横滑り防止装置、ヒルディセントコントロールなども装備する。鬼に金棒の軽自動車がジムニーだ。

 次点としての1台は、趣味性の強い360ccの軽自動車から選びたい。長く付き合え、楽しいのは名車の誉れ高いスバル360である。

●次点:スバル360

■これに乗る! スズキ アルトワークス(岡本幸一郎)

●実用性あり、走りも極める。アルトワークスで決まり

 旧い中古もアリなら、カプチーノだ。デザインも好みだし、乗って本当に楽しかった記憶がある。

 F6A型エンジンはちょっとイジっただけでグーンとパワフルになるし、このサイズでFRというのがイイ! 以前リフトアップして下を覗いた時、軽なのにここまでやるかと唸るほどシャシーがしっかり作り込まれているのを目にして驚いた。

 ハンドリングの楽しさも、その甲斐あってのものに違いない。相場はけっこう高めだけど、今ならまだ買えないことはない!

 ……とはいうものの、家族を乗せることも考えないといけない僕の現実を考えると、やっぱり実用性がないとキビシイ……それでも走りの楽しさはゆずりたくない。

 そこでがぜん気になるのがアルトワークスだ。次点というか実質的にはコチラが本命になりそうだけど、実用性もあり、走りも極めたクルマ。充分に速くて、乗っていて楽しい! 乗り心地は硬めだけど、家族には慣れてもらおう。本当はMTを選びたいところだけど、妻も乗ることを考えるとAGSだな。

総合面で岡本さんが選んだアルトワークス

●次点:スズキ カプチーノ

■これに乗る! ホンダ S660(斎藤 聡)

●6速MTで爽快に! 選ぶならS660

 もしもこの世に軽自動車しかなかったら……。それは想像するだけでも怖ろしい。

 ……と思いつつ、素直に何に乗ろうか考えてみた。買うとしたらたぶんS660がいい。ミドシップオープンで、ボディがビックリするくらいしっかり作られている。

「スポーツカーとしてよくできている」と斎藤さん選出のS660

 もちろん6速MT。このMTがまたよくできている。新設計で剛性感もばっちり。ボディも剛性感は普通にスポーツカーで通用するんじゃないかと思えるほど。

 アジャイルコントロールはいらないけれど、それ以外はスポーツカーとしてすごくよくできている。

 ただ、このちょっと大きめの体で乗るにはS660はあまりにタイト。次点も挙げてほしいとのオーダーだったけれど、セットでもう一台はだめ?

 選ぶならデイズハイウェイスターかeK Xの4WD。

 4気筒エンジンの精巧なエンジンフィールが魅力だったスバルR1、R2などにも後ろ髪をひかれるけれど、3台持てるならS660とデイズハイウェイスター/eK Xをセットで買いたい。

●次点:日産 デイズ・三菱 eK

■これに乗る! ホンダ N-WGN(松田秀士)

●自分が“プチ軽キャンパー”になるならN-WGNだ!

 N-WGNだ! ボク自身が“プチ軽キャンパー”になってみたいのだ。そう考えるとN-BOXなどの超ハイト系が望ましいが、やはりそこはレーシングドライバー、最新の進化したハンドリングと乗り味が欲しい。

質感も安全性能も◎のN-WGNを松田さんは選んだ

 さらにプチ軽キャンパーは当たり前のように気が向いたら遠出する。この時、運転支援システムのしっかりした軽を選びたい。

 とすると、ホンダセンシングはこの部分で一歩先を行っている。N-WGNのACCは停車まで速度サポートする渋滞対応だし、LKASはACCとセパレートして機能させることができる。

 さらに、衝突軽減ブレーキは人だけではなく自転車も感知して、減速させる。安全性に死角がないね。

 走行中の室内ノイズが小さく、これホントに軽か? という静けさもポイント。

 さて、じゃあ何と比較して悩んだのか? というと、アルトワークス。めっちゃ軽いし、危なっかしいくらいスパルタンなハンドリングにはぞくぞくする。スローエイジングには、断然アルトワークスなんだけどね。

●次点:スズキ アルトワークス

■これに乗る! スズキ 2代目ジムニー(飯田 章)

●3台所有するジムニー。なかでも2代目モデル!

 この世に軽自動車しかなかったら!

 僕は迷わずスズキのジムニーです。現行モデルのJB64、LJ20(初代)、JA71(2代目第2期)と3台所有するほど愛らしく頼もしいジムニーが大好きで、そのなかでも71シリーズが僕のなかのベストです。

ジムニー3台所有の飯田さん。「転んでも起き上がる根性など使い方は無限大」とぞっこん

 軽量コンパクト、シンプル、走りもデザインもパーフェクト。

 転んでも起き上がる根性などなど使い方は底知れぬクルマであり、ファンを裏切らない魅力満載な日本を代表するクルマとして世界にも誇れる1台! 1台だけなら、ジムニー71シリーズで決まり。

 もう1台挙げるならスズキフロンテクーペかな(入手できれば……)。LC10のデザイン、そしてポルシェにも負けず劣らずの走り(笑)。雰囲気ですが……。

 2スト、レスポンスのよさやエンジンをブン回して走る楽しさは格別です。

 というわけで、気がつけばスズキだらけになってしまいましたが、世の中に軽しかないならば間違いなくスズキを選びます。

●次点:スズキ フロンテクーペ

■これに乗る! スズキ ジムニー(竹岡 圭)

●果敢に走る日本が誇るモデルジムニーです!

 この世に軽しかないならば、いざという時のために、多人数乗れるヤツで……なんてことは考えなくていいので、日本の情景も変わりますよね! そんなことをイメージしながら私が選んだのはジムニー。

 SUVブームとはまったく関係なく、これさえあればどこにでも行けるという、サバイバルな理由でチョイスしてみました~。

「世界に誇れる1台」、竹岡さんが選んだジムニー

 なんなら階段を駆け上がれるくらいのオフロード性能を持ってますから、海でも山でも道なき道もOK。

 逆にジムニーじゃなければ行けない場所が、日本に留まらず世界中にあるというくらい、ワールドワイドで皆さまのお役に立っている、日本が誇れる1台ですからね~。安心感が違います!

 3ドアだから後部座席が……なんて方もいるかもしれませんが、軽しかなければなんとかなるのは、実際にホンダビートのみで10年間生活した、私が保証致します(笑)。

 だから次点はダイハツコペン。このサイズで電動オープンスポーツカーという、これまた世界に自慢できる1台だと思っています。

●次点:ダイハツ コペン

■これに乗る! スバル 6代目サンバー(渡辺陽一郎)

●サンバートラック。これが欲しいiという衝動がある

 軽自動車はクルマ界の小宇宙で、小型/普通車に用意される大半のカテゴリーが揃う。メカニズムも同様で、小型/普通車に見劣りしない選択肢がある。

 私が選んだのはスバル製では最終型になる中古のサンバートラック。軽トラックなのにサスペンションは前輪がストラット、後輪はセミトレーリングアームの4輪独立懸架で、乗り心地はゆったりと快適だ。操舵に対する反応も絶妙で、車両との一体感を伴った走り。

「“スーチャー”と4WDの組み合わせもある」とスバル製サンバートラックを絶賛する渡辺さん

 エンジンは軽なのに直列4気筒で、スーパーチャージャーと4WDの組み合わせもある。

 実用回転域の駆動力が高く回転感覚は滑らかで、エンジンをボディの後部に搭載するから駆動力の伝達効率も高い。

 N-BOXは「これで充分!」と思わせるが、サンバーには「これが欲しい!」という衝動がある。

 次点はホンダT360。発売は1964年だから入手困難だが、エンジンは360ccながら直列4気筒DOHCで、キャブレターも4連装する。工芸品のようなエンジンは、見ているだけで幸せになれる。

●次点:ホンダ T360

【画像ギャラリー】バリバリの新型から名車まで!! 選者たちの“ベスト軽”をギャラリーでチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ