トヨタ連合の本当の狙いとはなにか??…他 クルマ界 いま気になること 11選


■豊田章男社長が宣言する「トヨタはクルマを売るだけの企業でなくなる」。その具体的な中身を教えてください

(説明する人/鈴木直也)

 MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)という言葉がある。字面どおり解釈すれば「移動をサービスとして提供する」だから、電車やバスなどの公共交通機関を思い浮かべる。

 しかし、この新語の意味するところは「自動車メーカーもいずれクルマを売るのではなく移動サービスを提供する会社になる」という予言だ。

 手軽なカーシェアリング、ウーバーなどのシェアライド、自動運転車による新サービスなど、クルマの新しい使い方が広がってくれば、新車を買ってくれるユーザーは確実に減るだろう。

 電動化だけが「100年に一度の変革」ではない。クルマの使い方そのものが大きく変わろうとしている時代にトヨタがどう対応するか。

 自動運転EVである“e-Pallet”の開発や、ウーバーへの10億ドル出資、ソフトバンクと組んだコネクテッドのインフラづくり“MONET”など、急ピッチで進む新事業にトヨタの危機感が表われている。

前項の内容もMaaSに関連したものであることは疑いようがない。性急な感も受けるが…

■モーターショーではどこもEVをアピールしていたのに、スバルは今もボクサーエンジンがウリで大丈夫?

(説明する人/桃田健史)

 スバルとしては、EVについて「いま、自分たちが発言するタイミングではない」と考えているはずだ。

 背景にあるのが、トヨタが主導して日系自動車メーカー各社が共同で企画開発を進めているEVプラットフォームだ。スバルは軽自動車部門の廃止など、開発リソースを絞る戦略のなかで、EVはプラグインハイブリッド車など電動化技術についてはトヨタとの連携をベースとする動きに転換した。

 スバルにとって電動化は、世界市場で最も販売台数が多い北米での、カリフォルニア州を中核とするゼロ・エミッション・ヴィークル(ZEV)規制法への対応が最優先となる。そこに、ほかのメーカー同様に欧州でのCO2総量規制対応が控えている。

 こうした電動化技術をトヨタ協業で徹底することで、限られた開発リソースを当面はスバルの真骨頂であるボクサーエンジンに注ぎ、スバルというブランド価値の維持に務めることになる。

東京モーターショーでは次期レヴォーグが主役でEVはアピールしなかったスバル

次ページは : ■日産の新体制でルノーとの提携は強化される? それとも、その逆?