【眩しいのに誤点灯相次ぐ!?】なぜフォグランプの付けっぱなし急増?? 使い方浸透せず眩惑も


フォグランプの不用意な点灯が増えた「2つの理由」

ヘッドライトスイッチの根本側にあるON/OFFがフォグランプのスイッチ。操作方法が車種により多岐に渡ることなども誤点灯を招く要因に

 簡単に言ってしまえばフォグランプと自車に対する認識不足だ。具体的には2つの理由がある。

 前述したフォグランプの役割や装着されているのかも分からずに、点灯させている人もいること。そして、フォグランプの操作方法をきちんと認識していないことがあげられる。

 というのも、リアフォグランプはフロントと連動する車種、フロント点灯時に限ってリアも点灯できる車種、リアのみ点灯できる車種など様々だ。

 さらに、メーター内のフォグランプの点灯を示す表示も、前後で1つか前後別に分かれているものもある。このあたりが統一されていないのも問題かもしれない。

 しかし、それ以上に免許取得や免許更新の際にフォグランプの役割や使い方を教育すること、新車なら商談・納車時に装着の有無や操作方法を伝えることも必要。

 こうした機会がないならユーザーは取扱説明書を見ながら自分のクルマに付いている装備をひと通り使ってみるなど、環境整備やドライバーの意識向上が大いに必要なのではないだろうか。

 いずれにしても、車は扱いを誤ると凶器にもなる道具だけに、フォグランプに限らず、正しく使って楽しく生活を豊かにするカーライフを送りたいものだ。

【写真ギャラリー】標準装備車増加中!? リアフォグランプが付いている国産車