ハリアー MIRAI RAV4 PHV…トヨタ2020年の最強ラインナップを見よ!!!


【5月登場予定!】クーペスタイルSUVへ変身! トヨタ ハリアー

基本プラットフォームはRAV4と共通。パワートレーンも基本的にはRAV4と同じラインナップとなる新型ハリアー

 RAV4が新プラットフォームを採用してデビューしたことで、ハリアーは『一世代前』の印象が強くなってしまったものの、それでもRAV4とは対称的な都会的SUVの雰囲気により高い人気を維持している。

 ハリアーの強みは、レクサスRXやNXが存在することで、徹底的に日本国内に向けたクルマ作りができる点にある。北米マーケットを最初に見なければならないグローバルモデルのRAV4との大きな違いともいえよう。

 2020年8月にフルモデルチェンジが計画されている次期型ハリアーは、2019年4月に国内投入したRAV4が人気モデルへと成長したことで、より明確に棲み分けをすることが可能になった。

 従前であればミッドサイズSUVとしてシティ派はもちろんのこと、エクストレイルやフォレスターのライバルとしてオフロード志向のユーザーにもある程度アピールする必要があったが、そちらはRAV4に任せればいい。

 ハリアーはよりシティ派のニーズに応えるために世界的にも人気の高まっているクーペSUVスタイルを躊躇なく取り入れることを可能となったのだ。

 基本プラットフォームはもちろんRAV4と共通。パワートレーンも共通で2.5Lハイブリッドと2L NA+ダイレクトCVTの2本立て。ハイブリッドには後輪を独立したモーターで駆動するE-Fourが設定されるのは現行型ハリアー同様。

 ガソリンNAエンジンにも4WDの設定がありそうだが、RAV4アドベンチャーに採用されるトルクベクタリング4WDは非採用となるだろう。

ラウンドしたルーフが特徴的なクーペSUVとなる

【6月登場予定!】本格的ホットハッチバック トヨタ カローラスポーツ GRスポーツ

 2019年11月に開催されたジュネーブショーでカローラスポーツGRスポーツがワールドプレミアされた。

 ここの写真はまさにジュネーブショーのもの。

 見てのとおり、GRスポーツの手法に則ったエクステリアデザインで、もともとスポーティテイストの強いカローラスポーツがよりスポーティに仕上がっている。

 ボディやフロアの強化、サスペンションのスポーツチューニングなどが施されている。国内向けにはなかった2Lハイブリッドを搭載予定。

次ページは : 【7月登場予定!】 FRスタイリッシュサルーンへ進化 トヨタ MIRAI

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ