ハリアー MIRAI RAV4 PHV…トヨタ2020年の最強ラインナップを見よ!!!


【8月登場予定!】GR-4に次ぐスポーツグレードも設定! トヨタ ヤリス GRスポーツ

GRスポーツに共通するアグレッシブなイメージのスタイリングとなるヤリスGRスポーツ。スペシャルな限定車のGR-4ほどのハイパフォーマンスを与えられていないが、150ps/25.0kmmを発揮する直3、1.5Lターボを搭載する予定で、楽しいスポーツコンパクトに仕上がってくるだろう(画像はベストカー予想CG)

 ヴィッツからグローバルモデルの名称であるヤリスに生まれ変わり、何かと注目されるのは直3、1.6L直噴ターボを搭載したWRC直系モデルとなる3ドアハッチバック車のヤリスGR-4だ。

 だが、GR-4は限定モデルだけに400万円を超えるという高価格帯になることが予想されているだけに、おいそれとは手が出しにくいのも事実。

 そこでもう少し手軽に買うことができるスポーツグレードとしてGRスポーツが登場する。注目したいのは、そのパワートレーンで直3、1.5Lターボを搭載する。

 開発を手がけるGRMNの開発上のベンチマークとしては、BMWミニが積む1.5Lターボの150ps/25.0kgmといったあたりをターゲットにしているらしい。

 BMWミニよりも100kg近く軽量に仕上げてくるとみられており、GR-4ほどのハイパフォーマンスはないが、国産で1.4Lターボ採用のスイフトスポーツを凌駕する新たなスポーツコンパクトとして注目だ。

GR-4のベースが海外市場にしか設定されていない3ドアボディなのに対し、GRスポーツは5ドアボディを採用する。とはいえGRMNのスポーツイメージはシリーズ共通(画像はベストカー予想CG)

【12月登場予定!】超小型車規格導入を見据えた1台 超小型EV

 導入に向け準備が進む超小型車規格に適合するモデル。ボディサイズは全長2490×全幅1290mmと、従来のミニカー規格に収まるものと同じとされながら、乗車定員はふたりとされ、日常での使用における利便性が大きく向上している。

 最高速度は60km/h。一回の充電(充電時間は200Vで約5時間)で約100kmの走行が可能であり、公共交通機関が充実していないエリアに住む、高齢者にも最適と思われる1台だ。

 ご覧のように内装もすでに市販レベルにまで仕上がっており、あとはデビューを待つだけといった感じに見えるが、問題は価格。

 150万円程度になるという予測もあるが、それでは軽自動車と差がない。補助金も支払われるだろうが、あまり高価にならないことを期待したい。

軽自動車と比較しても遜色ないレベルに仕上げられた内装。エアコンはつかない可能性がある

■超小型EV予想スペック
・全長×全幅×全高:2490×1290×1550mm
・定員:2名
・最高速度:60km/h
・1充電走行距離:約100km
・充電時間:約5時間(200V)
・価格:150万円

次ページは : 【時期未定】V6、3.5Lターボ+ハイブリッド搭載!! トヨタ ランドクルーザー