【クラウン、R32、マーチボレロ…】グリルで差別化を図ったクルマ5選

 グリルはフロントマスクのスタイルを決める重要なパーツである。それだけにグリルでエクステリアを差別化を図るケースも少なくない。

 デザインは好みの問題だから人それぞれ感じ方は違うが、グリルがあることによって顔が引き締まった印象になったり、グリルが目立ちすぎてカッコ悪く見える場合もある。

 好き嫌いがわかれるため当然ながらクルマの売れ行きを大きく左右することもある。

 当記事では同じクルマのバリエーションでグリルを変えたものなど、グリルで差別化を図ったクルマたちを振り返る。

文:永田恵一/写真:NISSAN、SUBARU、NISSAN、HONDA、TOYOTA、DAIHATSU、MITSUBISHI

【画像ギャラリー】メッキグリルを装着して個性を主張したクルマたち


トヨタクラウンマジェスタ

 クラウンが9代目モデルとなった1991年にクラウンファミリーに加わったマジェスタは「クラウンとセルシオの中間」というモデルだった。

 そのため車格を反映し、歴代ボディサイズの拡大やV8エンジンの搭載に加え、グリルもクラウンに対しサイズが大きい、より押し出しの強いデザインとするなど、車格に相応しいものとなっていた。

セルシオ消滅後のトヨタブランドのフラッグシップサルーンとして威厳を保つため、より高級感のある縦桟グリルを装着したが、このモデルで消滅
大胆なグリルで話題になった14代目クラウン。ロイヤル系は横桟グリルが与えられて人気となった。しかしこのモデルで栄光のロイヤルの名前が消滅

 しかし14代目クラウンに1年近く遅れて加わった6代目マジェスタは、5代目までのマジェスタに比べるとクラウンとの距離が近くなったせいもあるのか、グリルは内部のデザインこそ若干違うものの、枠組みの形状は14代目クラウンロイヤルと共通となった。

 6代目マジェスタのグリルは販売面で不安要素にも感じたが、6代目マジェスタはパワーユニットが5代目マジェスタの4L越えのV8から3.5L、V6ハイブリッドになったこともあり、販売は盛り返した。

 しかし販売が盛り返したといってもトヨタが望むレベルには及ばず、残念ながらマジェスタは6代目を最後に2018年登場の現行型15代目クラウンに吸収される形で絶版となった。

スポーティなキャラクターに合わせてアスリートのグリルはシャープなデザインのものが与えられてロイヤル系と大きく差別化して大成功

日産マーチボレロ

現行マーチをベースにしたボレロ。究極はオーテックの30周年を記念したA30で、わずか30台が限定販売されあっという間に完売(写真はノーマルボレロ)

 マーチに2代目モデルから設定されているボレロは、世代によって形状の異なるクラシカルな大きなグリル、木目調、陶器調、マーブル柄といったダッシュボードのパネル、専用のシート生地を使うなどしたカスタマイズカーである。

 マーチボレロの開発、生産などは日産の子会社で「少量生産車でも日産の量産車と同じ品質を持つファクトリーカスタム」という企業コンセプトを持つオーテックジャパンが担当しているだけに、クオリティも素晴らしい。

マイチェンでほかの日産車に合わせてVモーショングリルが装着された現行マーチ。ボレロのほうが雰囲気がある

 マーチボレロはこの種のクルマとしては手頃な価格で長年設定されていることもあり、歴代マーチの販売においてもそれなりの戦力になっている。

 また歴代マーチにはタンゴやルンバといった、ボレロ同様にオーテックジャパンがグリルを含めた内外装を手掛けたカスタイズカーもあった。

日産スカイライン(R32)

 スカイラインとしては8代目モデルとなるR32型は、販売台数としては歴代スカイラインにおいてそれほどではなかったが、コンセプトをスカイラインらしい「スポーツセダン、スポーツクーペを極める」という明確なものにしたこともあり、そのイメージは未だに高い。

グリルレスのデザインは賛否両論あったが、走行性能に優れていたことでデザインの評価も上がったR32スカイライン。2ドアのGTS-tタイプMが一番人気

 8代目スカイラインでは基準車に加え、「当時のグループAレースに勝つ」というこちらも明確な目的を持ったGT-Rもケンメリと呼ばれた4代目スカイライン以来17年振りに復活。

 フロントマスクは基準車が当時少なかったグリルレス、GT-Rは競技の際の冷却性能も考慮しグリル付とした。この差別化は基準車が斬新なスタイル、GT-Rも競技のための機能美という棲み分けにもなり好評で、8代目スカイラインの成功にも貢献。

GT-Rは冷却機能を高めるという理由でグリルが装着されたがノーマルスカイランと比べると顔が精悍になって一段とカッコいい

 グリルのあるGT-RのフロントマスクはGT-Rのアルミボンネットを流用するなどして、基準車のユーザーがカスタイマイズすることもよくあったほどの人気だった。

 なおスカイラインが基準車とGT-Rでグリルを変えるというのは、直6エンジンを搭載したスカイラインGT-Rがあった9代目のR33型、10代目のR34型まで続いた。

スバルレガシィブリッツェン

グリルで差別化するために派手なグリルを装着するのが常套手段だが、ブリッツェンはノーマルよりもシックでレーシーなグリルを装着。赤のボディカラーも大好評

 レガシィが人気車だった3代目と4代目モデルに設定されたブリッツェン(ドイツ語で稲妻が輝くという意味)は、1999年12月にセダンのB4の期間限定となる特別仕様車として歴史が始まった。

 最初のブリッツェンはターボエンジンを搭載するB4のRSKをベースに、エクステリアではオーストリアにあるポルシェデザイン社と共同開発された機能美を追求した専用の前後バンパー、フロントグリル、リアスポイラー、17インチアルミホイール、機能面ではMT車にフロントのヘリカルLSDなどを装着。

 グリルはレガシィの標準車に比べるとシンプルなデザインで、ブリッツェン専用色となるレッドのインパクトも強かった。

上下に分割されたヘッドライト+台形グリルというのがこのモデルの特徴だった。ブリッツェンと大きな差はないが、比べるとおとなしい感じがする

 個性が強いだけに好みが大きく分かれそうなブリッツェンだったが、好評だった。3代目レガシィでは後にツーリングワゴンのブリッツェンも加わり、限定的ながら毎年のよう登場。

 ブリッツェンは4代目レガシィでも3代目に近い方向性で2004年12月に登場し、2005年にも設定された。だが、2006年以降は特別感あるスバル車はSTIのコンプリートカーが受け持つ方向となったこともあるのか、ブリッツェンの市販車は2005年登場モデルが最後となった。

 市販車と書いたように、レガシィが6代目モデルとなった2015年の東京オートサロンにB4のブリッツェンが出展された。

 東京オートサロンに出展されたブリッツェンはグリルを含めそれまでのブリッツェンに近いコンセプトのエクステリアながら、5代目以降クルマ自体のコンセプトの変化もあり鈍重な感が否めなかったレガシィB4が大きくイメチェンされ、なかなかカッコよかった。

東京オートサロン2015に参考出品されたレガシィB4ブリッツェンコンセプトは結局市販されず。レーシーな雰囲気がノーマルと一線を画していた

 しかしレガシィ自体にカスタマイズに代表される趣味性が薄れたせいもあったのか、残念ながら市販化されなかった。

 ただブリッツェンも輝いていた4代目レガシィの後継車な存在でもある現行レヴォーグとWRX S4が現在モデル末期になっているのを考えると、「最後の隠し玉」などとして2台のブリッツェンを見てみたい気もする。

ホンダプレリュードインクス

プレリュードのアイデンティティともなっていたリトラクタブルヘッドライトを固定タイプに変更しグリルを装着したインクス。ホンダが迷走していた感は否めない

 プレリュードは1982年登場の2代目モデルがデートカーとして大ヒットした。

 しかし1987年にキープコンセプトで登場した3代目モデルは量産車世界初となる4WSという話題もあったものの、翌1988年に直接的なライバル車となる5代目シルビアの登場もあり、2代目モデルのような大ヒットには至らなかった。

 そんな状況を変えたい意図もあったのか、3代目プレリュードは1989年のマイナーチェンジでヘッドライトをリトラクタブルから固定式に変え、比較的小さなグリルを加え、インテリアも若干高級な方向として高年齢層をターゲットとしたインクスを追加した。

人気はあったがシルビアという強敵の前に苦戦した3代目プレリュード。その焦りがインクスを登場させることになった!?

★    ★    ★

 クルマのグリルは本当に販売に影響があると痛感させられるのは、 アルファードとヴェルファイアで売れ行きが(グリルが違うおかげで)大きく違うことだ。

 以前はヴェルファイアのほうが売れていたが、マイチェンでグリルを派手に変更して以降、アルファードが盛り返しているのからも、グリルの重要性が丸わかりと言えるだろう。

アルファードはマイチェンで元々大きかったグリルをさらに大きくしてオラオラ顔に磨きがかかったことで販売アップ!!
チョイ悪顔が人気の要因だったヴェルファイアだが、アルファードのオラオラ顔に押されて販売面で苦戦が続いている。現在では台数も大きく引き離されてしまった

【画像ギャラリー】メッキグリルを装着して個性を主張したクルマたち

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ