アルファード/ヴェルファイア どちらかの車名が消滅!?? Xデーはいつ??

 ラグジュアリーミニバンとして圧倒的な強さを見せているトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」だが、その人気モデルをもってしても、トヨタが行っている「販売チャンネルの一本化」「販売車種半減」の大波には逆らえないようだ。

 弊誌では、2020年5月の販売チャンネル一本化を受けて、アルファードかベルファイアのどちらかが消滅する……とお伝えしてきたが、その最新情報が入ってきた。

 販売現場に情報網を持つ流通ジャーナリストの遠藤徹氏がお伝えする。

文/遠藤徹
写真/TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】2020年1月6日発売の一部改良されたアルファード/ヴェルファイアをチェック!!


■形勢逆転のアルファード。1本化で消えるのはヴェルファイアが有力

 トヨタの最強ラグジュアリーミニバン「アルファード/ヴェルファイア」両姉妹車は、2020年5月のトヨタ全車全系列店併売化に伴い、どちらかに1本化する方向で調整が進められている。

 2019年1~12月の登録実績は、アルファードが6万8705台で前年比16.8%増と好調なのに対して、ヴェルファイアは3万6649台、同15.0%減と明暗を分けている。こうしたことから1本化するのはアルファードで、ヴェルファイアはモデル廃止となる可能性が強まっている。

 2017年までは販売実績が逆であり、ヴェルファイアは一貫してリードしていた。それが2017年末に実施したマイナーチェンジで2018年以降、アルファードの登録台数がヴェルファイアを大幅に上回る推移となっている。理由はフロントマスクの違いである。

2015年販売台数 アルファード:4万4366台 ヴェルファイア:5万4180台
2016年販売台数 アルファード:3万7069台 ヴェルファイア:4万8982台
2017年販売台数 アルファード:4万2281台 ヴェルファイア:4万6399台
2018年販売台数 アルファード:5万8806台 ヴェルファイア:4万3130台
2019年販売台数 アルファード:6万8705台 ヴェルファイア:3万6649台

2020年1月6日から一部改良モデルを発売したアルファード/ヴェルファイア。好調のアルファードが消滅をかけた販売合戦で一歩リードしている
販売面で遅れをとっているヴェルファイア。2017年のマイナーチェンジが大きな転換点となってしまった

 それまでアルファードの顔立ちは一般的おとなしめのデザインで仕立てていたのに対して、ヴェルファイアは若者ユーザーを意識して押し出しの強いワイルド感があり、かつ個性的なマスクを強調したデザインでまとめ人気をアップさせてきた。

 ところが2017年末に実施したマイナーチェンジでは、こうした路線を変えて今度はアルファードのマスクを目立つワイルド感を強調したデザインとし、ヴェルファイアはおとなしめの顔立ちに改めた。これが販売で両モデルが逆転する有力な要因のひとつとなった。

■2020年は全店併売化、次期型登場は2021年以降の可能性

 もともとアルファードが先に発売になり、数年遅れてヴェルファイアが発売になったいきさつから1本化する場合は、アルファードに統合するのが筋という見方もある。ただヴェルファイアをなくし、アルファードだけのラインアップに集約するかというと、完全にそうだともいえない側面もある。

 ネーミングは「アルファード」に1本化するものの、ヴェルファイア独自の顔立ちを中心にしたデザインやワイルド感のあるグレードは改良型アルファードのラインアップのなかに組み込むといった手法を採用する可能性もある。こうした仕立て方は、今後実施するマイナーチェンジやフルモデルチェンジのなかで採用することが考えられる。

 これまで扱い店はアルファードがトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店のそれぞれ専売であったのを2019年12月18日の一部改良を機に、2020年初めからアルファードはトヨペット店とトヨタ店、ヴェルファイアはネッツ店とカローラ店のそれぞれ併売態勢に変更した。

 これまでトヨタ店とカローラ店は「エスティマ」というスタイリッシュなラグジュアリーミニバンがあったが、同モデルが2019年末をもって生産中止になったので、両系列店にアルファードかヴェルファイアを扱わせ商品ラインアップのバランスを取ったといえる。

2019年10月17日に生産中止となった「エスティマ」。アルファード/ヴェルファイアよりもひと回り小さく、手ごろなサイズのミニバンとした支持を集めていただけに、失ったのは痛手と語る販売店は多い

 ただこのアルファードへの1本化は、全国的にトヨタ車の全店併売となる2020年5月時点では、とりあえず両姉妹車を存続させたまま全店併売でスタートし、その後の推移を見ながら最終的に決定する公算が強い。両姉妹車の現行モデルの登場は2015年1月26日であり、すでに5年が経過している。

 次期型にバトンタッチするのは2021年か2022年初めあたりになりそう。その時点ではほぼ確実にアルファードへの統合が実現するはずである。こうなると販売台数は両姉妹車を合わせた月販8000台規模と圧倒的に強力なラグジュアリーミニバンが出現することになる。

■販売の現場は車種統合の影響をどう読むか?

※証言1:首都圏トヨペット店営業担当者
 これまでアルファード専売店で収益の主軸モデルとなっていたので、これが全系列店併売になると、トヨタ系列店同士の競争が激化し、値引き拡大で収益が落ちるのを心配している。

 ヴェルファイアはアルファードに比べると5年経過で下取り車価格が10万円以上も差がついているから、アルファードに1本化するのは当然と考える。2020年5月時点ではまだ当面両モデルを同じ店舗で扱うようになると予想している。以降はアルファードシフトが一段と強まるので、こちらへ吸収&統合するようになると見ている。

※証言2:首都圏ネッツ店営業担当者
 アルファード/ヴェルファイアは同じモデルでネーミングが違うだけだから、どちらに1本化してもそれほど差はないと思う。ただネッツ店はこれまでヴェルファイアの専売店として多数の台数を売って来たので、こちらの既納ユーザーが多いため、ヴェルファイアの方を残してもらいたいところだが、最終的にはアルファードに1本化することになるだろう。

 ヴェルファイアの名前がなくなると中古車価格が下がり、ヴェルファイアが下取り車で入って来た時に査定額が大幅に下がるのを心配している。ただ時がたてば世代交代が完了し、安定するようになると予想している。

 2020年5月以降はしばらく両モデルの併売が続くので、その経過をみながら最終的にどうするか決めることになる。ヴェルファイアの魅力もあるので、その要素は1本化するモデルのグレード設定で残すことを期待している。

【画像ギャラリー】2020年1月6日発売の一部改良されたアルファード/ヴェルファイアをチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ