【マーチは日産の宝だったはず!!】2代目日産マーチの気概をもう一度


オーテックの奮闘が光る!!

 2代目マーチのバリエーション展開を語るうえで欠かせないのがオーテックだ。オーテックは現在も日産車にプレミアム性を与える特別なブランドとして認知されているが、2代目マーチではとても精力的にモデルを製作している。

 2代目マーチでオーテックが手掛けたモデルは、古い順に、タンゴ(1996年)、ボレロ(1997年)、ルンバ(1998年)、ポルカ(2000年)と4タイプも存在している。

 オーテックジャパンの30周年記念モデルはマーチボレロA30で、2016年に30台限定で販売された。数ある日産車からベース車にマーチを選んでいることからもオーテックにとってマーチが特別な存在であることがわかる。

356万4000円で30台が限定販売されたマーチボレロA30はすぐに完売。全幅はノーマルの1665mmに対し1810mmまで超ワイド化。エンジンも1.6Lを搭載

タンゴ(1996年)

 オーテックジャパンが初めて手掛けたマーチで、盾のような形状のグリルやメッキパーツの多用などにより、懐かしさを特徴としたモデル。

『街がもっと楽しくなる。懐かしさが薫るマーチ』というのがキャッチコピーだった。

 ヴィヴィオビストロの登場以来、ネオクラシックブームとなったが、マーチのネオクラッシック路線の第1弾がこのタンゴだ。

盾形のグリルが独特の表情を作り出している。そのグリル、バンパー、ミラー、ホイールにはメッキパーツがふんだんに使われている超個性的なマーチだ

次ページは : ボレロ(1997年10月)