メルセデスAMG CLA 35 4MATICを新設定!! ストリート重視のスポーツモデル!


 洗練されたスタイルと実用的なサイズが好評のメルセデス・ベンツCLAシリーズに、新たなスポーツモデル「メルセデスAMG CLA 35 4MATIC」が登場。

 同モデルは、AMGエントリーとなる「35」シリーズの最新作でもある。ベースとなるCLAとの違いを含め、紹介したい。

文:大音安弘、写真:メルセデス・ベンツ日本

【画像ギャラリー】クーペとワゴンどちらを選ぶ!?メルセデスAMG CLA 35 4MATIC


日常からの楽しめる!エントリーAMG

 メルセデス・ベンツ日本は、2020年2月27日、コンパクトな4ドアクーペである「CLAクーペ」とコンパクトなワゴンである「CLAシューティングブレーク」に、新たなスポーツモデル「メルセデスAMG 35 4MATIC」を設定し、同日より予約注文の受付を開始した。

 価格は、4ドアクーペが 685万円。シューティングブレークが695万円。いずれも右ハンドル仕様のみとなる。

FFプラットフォームモデルに展開される新たなAMGエントリー「35」シリーズが、CLAにも設定された

 メルセデスAMGの「35シリーズ」は、AクラスなどのFFプラットフォームに展開されるAMGのエントリーモデルだが、全面的にチューニングが施され、高いパフォーマンスを発揮するスポーツモデルへと仕立てられている。

 さらに同シリーズの特徴、サーキットよりも公道での運転する楽しさが追求されているのも大きな特徴だ。

ワゴンであるシューティングブレークにも「メルセデスAMG 35」を設定。基本的なスペックは、クーペと同等だ。

大人なAMGを演出する控えめなエアロ

 ストリート重視のモデルだけに、エクステリアは、AMGラインをベースとした大人な仕上げだ。しかし、各部にAMGモデルである特徴を盛り込むことで、しっかりとAMGラインと差別化を図る。

 フロントマスクは、AMG特有のツインブレードタイプのフロントグリルを装着。バンパーにも、専用のシルバークローム製のスプリッターやエアインテーク装飾用のフィンなどによる力強いデザインを採用する。

AMGモデルである特色を盛り込み、力強い印象となったフロントマスク

 リアセクションでは、スポイラーを追加。クーペではリップスポイラーを、シューティングブレークでは、ルーフスポイラーをそれぞれ装着する。

 またリヤバンパーも専用デザインとなり、大型ディフューザーとクローム仕上げのデュアルエキゾーストエンドが内蔵され、よりグラマラスなスタイルに改められた。

クーペでは、リップタイプのスポイラーを追加する

次ページは : スポーティな走りを支えるインテリア

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ