【トヨタ販売統合 新古車 サブスク販売…】 クルマ界 要注目の新施策&サービス 長所と短所 6選

 【格安ドラレコやPHVには弱点もある??】 いま大注目の装備&システム 9選 その長所と短所(3月24日)では、主にクルマの装備やアイテムについて長所・短所を探ってみた。今回はクルマ界にまつわるこれから要注目のサービスや制度に目を向けてみたい。

 トヨタの「KINTO」を始めとしたサブスクリプションサービス、高速道路の最高速度120km/hへの引き上げ、トヨタの販売チャネル一本化…これから要注目のサービスや施策は数々あるが、やはり長所もあれば短所もありそう。そんなクルマ界に関係した「モノ・コト」の長所と短所を、自動車評論家3人が斬る!

【画像ギャラリー】ライズ ヤリス RVV4もあるぞ! トヨタKINTOのラインナップをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年2月のものです
文:渡辺陽一郎、高山正寛、国沢光宏/写真:AdobeStock、KINTO、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月10日号


■登録ずみ未使用中古車(新古車)の長所と短所

(TEXT/渡辺陽一郎)

 メーカーが販売会社に卸した在庫車が過剰に増えると、販売会社が自社で登録(軽自動車は届け出)を行い、中古車市場に放出する。これが走行距離の極端に短い登録(届け出)ずみ未使用中古車だ。

 これを選ぶメリットは、値引き商談をしなくても、新車同然のクルマを相応に安く買えることだ。ただし今は低燃費車が増えて環境性能割の軽減措置もあるから、新車購入時に納める税金はあまり下がらない。加えて未使用中古車では、メーカー保証の継承手続きも必要だ。グレードや外装色を選べる自由も乏しく、選ぶメリットが少ない。

 また登録ずみ未使用中古車が増えると、中古車価格が値崩れを起こし、ユーザーがクルマを売る時の資産価値を下げてしまう。

未使用中古車を専門に扱う店もある

■カーシェアリングの長所と短所

(TEXT/渡辺陽一郎)

 クルマの売れゆきが下がった結果、メーカーまでカーシェアリングに力を入れる。クルマを所有しない人の需要を「使用」の形態で掘り起こすのがねらいだ。

 高齢者には、クルマを手離し、カーシェアリングで必要な時だけ使うニーズもある。

 ただしカーシェアリングを過度に宣伝すると、クルマの売れゆきを下げる心配があるのは短所。危うさを秘めたサービスだ。

あまり浸透してしまうと経済の屋台骨まで影響が出てしまう…!? なんとも悩ましいところだ

■「KINTO」など定額サービスの長所と短所

(TEXT/渡辺陽一郎)

 トヨタの「KINTO」など、定額でクルマを借りるリースが注目されている。

 この定額サービスは、税金や自賠責保険料に加えて、各種の条件がない誰でも使える任意保険を付帯したタイプもある。

 携帯電話の普及で「定額制」が馴染みやすい利用方法になり、クルマにも波及した。

 気軽にクルマに乗れることがメリットだが、所有した場合に比べると定額制は出費の合計額が上回ってしまうので割高ではある。

トヨタが展開する愛車サブスクリプションサービス「KINTO」

■ネット型自動車保険の長所と短所

(TEXT/渡辺陽一郎)

 ネット型自動車保険は、代理店を持たないから、保険会社のコストを抑えられる。そのために代理店型に比べて、保険料が安くなる場合もある。

 その代わり事故率の高い年齢層は、保険料が高くなることも多い。事故率の低いユーザーを集める傾向が強いためだ。

 また日頃付き合いのあるクルマの販売店が、保険代理店を兼任していれば、事故の加害者になった時の安心感も高い。代理店型にはネット型と違う魅力がある。

■ETC2.0の長所と短所

(TEXT/高山正寛)

 2016年から導入されているETCの進化版、ETC2.0。

 長所は、

1.広範囲の道路交通情報を取得でき、それを走行ルートに活用できる。
2.災害時における情報取得が可能。
3.使い方によっては高速道路の料金が安くなる。

 要は今後のモビリティの実証実験などにも活用されメリットも増えることだ。

 一方、短所はズバリ「価格が高い!」 こと。

見慣れたこんな風景も将来的にはなくなる!?

■高速道路の最高速度120km引き上げによる長所と短所

(TEXT/高山正寛)

 最高速度120km引き上げの長所としては実勢速度と法律で定めた速度との差を縮めることでそもそもの高速道路が持つ能力を高めることができる点だ。

 また大型トラックなどの最高速度は従来と同じ時速80kmに据え置かれることで、追い越し車線に居座ることも減少されるだろう。

 一方、短所はまだまだドライバーの運転に対する意識の低さによる弊害だ。具体的には速度が上がった車線にフラフラと入ってくるドライバーは意外と多い。

 また「クルマの流れ」に沿った運転をしなければならないというプレッシャーなどによる事故のリスクも考えるべき問題だ。

3月1日から最高速120km/hとなった新東名(写真は島田金谷IC付近)。同区間を始め「設計速度120km/h」となっている高速道路は数多く存在する

■トヨタ全販売店での全車取り扱いによる長所と短所

(TEXT/渡辺陽一郎)

 トヨタには4つの販売系列があり、それぞれ専売車種も用意するが、2020年5月からは全店が全車を売る。東京地区の4系列は、もともとメーカー直営だったから、2019年4月にトヨタモビリティ東京に統合された。

 そのほかの地域には、メーカーに頼らない地場資本も多く、統合せずに4系列を残しながら全店併売になる。

 全店併売のユーザーメリットは、すべての店舗でトヨタ全車を買えることだ。デメリットには各種のリストラがある。トヨタ店とトヨタカローラ店が隣接する場合、以前は共存できたが、同じ車種を扱えば顧客を奪い合う。

 どちらかが吸収されて店舗数が縮小する。アルファード&ヴェルファイアのような姉妹車も、全店が全車を扱えば不要になる。そのほかの車種も一部が廃止され、トヨタの車種数は半減する。

4系列あるトヨタの販売店だが、今年5月以降は全店で全車を扱う予定

【番外コラム】日産がルノーと提携解消した場合の、日産の長所と短所は何?

(TEXT/国沢光宏)

 今やルノー車種の大半は日産の技術を投入して作られたもの。共通化されたプラットフォームについちゃ基本的に日産開発です。

 今後、燃費規制に絶大な威力を発揮するe-POWERの技術なども日産から導入する予定。一方、日産がルノーからもらっている技術って、欧州で販売されている日産車に搭載されているディーゼルエンジンくらいだと思う。

 軽自動車に搭載されているエンジンはルノーベースながら、基本設計を使っただけ。

 ということで、ルノーとの提携を解消しても日産の技術的な弱点(短所)なし。強いて言えば社内政治が難しくなる程度です。長所についちゃ今のままかと。

2018年の北米ショーで公開された日産 X motion

【画像ギャラリー】ライズ ヤリス RVV4もあるぞ! トヨタKINTOのラインナップをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ