【トヨタ販売統合 新古車 サブスク販売…】 クルマ界 要注目の新施策&サービス 長所と短所 6選


 【格安ドラレコやPHVには弱点もある??】 いま大注目の装備&システム 9選 その長所と短所(3月24日)では、主にクルマの装備やアイテムについて長所・短所を探ってみた。今回はクルマ界にまつわるこれから要注目のサービスや制度に目を向けてみたい。

 トヨタの「KINTO」を始めとしたサブスクリプションサービス、高速道路の最高速度120km/hへの引き上げ、トヨタの販売チャネル一本化…これから要注目のサービスや施策は数々あるが、やはり長所もあれば短所もありそう。そんなクルマ界に関係した「モノ・コト」の長所と短所を、自動車評論家3人が斬る!

【画像ギャラリー】ライズ ヤリス RVV4もあるぞ! トヨタKINTOのラインナップをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年2月のものです
文:渡辺陽一郎、高山正寛、国沢光宏/写真:AdobeStock、KINTO、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月10日号


■登録ずみ未使用中古車(新古車)の長所と短所

(TEXT/渡辺陽一郎)

 メーカーが販売会社に卸した在庫車が過剰に増えると、販売会社が自社で登録(軽自動車は届け出)を行い、中古車市場に放出する。これが走行距離の極端に短い登録(届け出)ずみ未使用中古車だ。

 これを選ぶメリットは、値引き商談をしなくても、新車同然のクルマを相応に安く買えることだ。ただし今は低燃費車が増えて環境性能割の軽減措置もあるから、新車購入時に納める税金はあまり下がらない。加えて未使用中古車では、メーカー保証の継承手続きも必要だ。グレードや外装色を選べる自由も乏しく、選ぶメリットが少ない。

 また登録ずみ未使用中古車が増えると、中古車価格が値崩れを起こし、ユーザーがクルマを売る時の資産価値を下げてしまう。

未使用中古車を専門に扱う店もある

■カーシェアリングの長所と短所

(TEXT/渡辺陽一郎)

 クルマの売れゆきが下がった結果、メーカーまでカーシェアリングに力を入れる。クルマを所有しない人の需要を「使用」の形態で掘り起こすのがねらいだ。

 高齢者には、クルマを手離し、カーシェアリングで必要な時だけ使うニーズもある。

 ただしカーシェアリングを過度に宣伝すると、クルマの売れゆきを下げる心配があるのは短所。危うさを秘めたサービスだ。

あまり浸透してしまうと経済の屋台骨まで影響が出てしまう…!? なんとも悩ましいところだ

次ページは : ■「KINTO」など定額サービスの長所と短所