【新型フィット好調の陰で「共食い」が!??】打開策は!?? 名門フリード大苦戦とホンダの誤算


 ホンダの「新型フィット」が好調な売れ行きを見せているが、ネット上の質問箱などを見ると、新型フィットとフリードで悩んでいる人が一定数いるようだ。

 自販連が発表している販売台数を見てみると、2020年2月は新型フィット:8221台、フリード:7320台。売れてはいるのだが、フリードは販売台数ランキングで1月の6位から、2月は10位まで落ちた。

 これは新型フィット登場による共食いの影響なのか? それともたまたまなのか? 販売の現場を取材し、新型フィットとフリードが住み分けをきちんとできているのか? ホンダの屋台骨「フリード」減速の原因を探る。

文/遠藤徹
写真/編集部、HONDA

【画像ギャラリー】新型フィットとフリードで人気のSUVテイストモデル「クロスター」の詳細を紹介!!


■新型フィットで人気の「クロスター」と新HVシステムが鍵

 本来であれば「新型フィット」と「フリード」はコンセプトが異なるので住み分けは可能なはずだった。

「フィット」は、コンパクトハッチバックタイプ車の代表格でユーザー層は独身の若い男女、子供のいない若いカップルのファミリー、子供が独立したシニア世代などが中心になっている。

 これに対して、フリードは両側スライドドアで3列シート6~7人乗りのコンパクトミニバンである。ユーザー層は子育てファミリーが中心であり、フィットとは異なる。

新型フィットは全5タイプでデビュー。それぞれにガソリンモデルとハイブリッドのe:HEVの両方をラインナップ。さらに全モデルFFと4WDを用意する。2020年3月16日時点で、受注台数は3万1000台を超えている
2019年10月にマイナーチェンジを行った「フリード」(標準モデル)。先進安全運転支援システム、ホンダセンシングを全グレードに標準装備。後方誤発進抑制機能も追加するなど商品力の強化を図った

 ところが、最近までのモデル展開で様子がかなり違ってきているのは確かである。フィットがフルモデルチェンジし、商品力を大幅に引き上げ、中心の1.5Lハイブリッドは従来の1モーター&2クラッチ方式から2モーター方式に切り替え、低燃費と高性能の両立を高次元で両立させた。

 さらにSUVテイストの「クロスター」を設定し、遊びグルマ的なコンセプトを盛り込んで仕立てている。こちらも比較的人気が高く、受注構成比はシリーズ全体の25%程度を占めている。

新型フィットの「クロスター」は、フィットシリーズで初の3ナンバーボディとなる。FF系の最低地上高は標準よりも25mm高く、SUVテイストのブラックのオーバーフェンダーや、ルーバーデザインのフロントグリルなどの専用エクステリアを採用している

 一方、フリードはどうか。シリーズ全体の50%程度を占める1.5Lハイブリッドは、従来の1モーター&2クラッチのまま。2016年9月16日には2列シート5人乗りの「フリード+(プラス)」をラインアップに加えた。これは2列シートだから、3列目シートがない分荷室スペースが広く取れ、遊びクルマに向いており、若い独身男女に浸透している傾向がある。

 また、2019年10月18日にはマイナーチェンジして新グレードの「クロスター」を設定した。新型フィットと同じ名称であり、SUVテイストの遊びクルマ的な仕立てをしている。こうした両車種のモデル展開はお互いのニーズに食い込み合い、ある種住み分けを難しくし、ユーザー層がダブル実態となって表面化しているともいえる。

車高は標準モデルと同じだが、外観にクロスオーバースタイルのテイストを持たせたモデル「フリードクロスター」 。フロントグリルとバンパー、サイドシルガーニッシュ、リアロアスポイラー、ルーフレールなど標準モデルとは異なる専用エクステリアが与えられている

 違いは、両側スライドドア派かヒンジ開閉ドア派かということになる。フィットのハイブリッドは2モーターになり、高性能&低燃費を高次元で両立させた。こちらに魅力を感じるユーザーが、フリードからフィットへの乗り換えをして、フリードのユーザーを食うという現象を生じさせる状況に繋がっている。

■値引きはフリード有利も新型登場までは住み分け困難

 車両本体は、新型フィットが155万7800~253万6600円に対して、フリードは199万7600~301万8400円、フリード+は218万2400~304万400円であり、約45万円程度の差がある。

 平均的な値引き額はナビ、ETC付きだとフィットが10万円程度なのに対してフリードは25万円強であり、実質的には約15万円分差が短縮する。最近は残価設定クレジットによる購入法が多くなっており、これを活用すれば両モデルの1カ月あたりの支払額はかなり接近しているといえるだろう。

 今後の展開はどうなるか。フリードは2022年秋にもフルモデルチェンジし、次世代モデルにバトンタッチする。この時点でメインとなるハイブリッドユニットは、フィット同様に2モーター方式に切り替えられ、さらにレベルアップした低燃費&高性能の高次元での両立を目指して開発を進めるに違いない。

ホンダが新開発してフィットに搭載した2モーターハイブリッドはe:HEVの名称が与えられた。フリードもフルモデルチェンジすれば、このシステムが搭載されるだろう

 ハンズフリーオフのスライド開閉ドアの採用など使い勝手の向上、自動運転支援装置、安全パッケージ「ホンダセンシング」のさらなる進化を盛り込んだ仕立てをするだろう。こうなるとフィットとのコンセプト分けはかなり明確になるから、以前のような住み分けが明確になるものと思われる。

次ページは : ■販売担当がもらしたフリード苦戦のワケ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ