苦戦するもホンダらしさ全開 尖りすぎたホンダ車5選

インサイト(初代)

販売期間:1999~2006年

燃費世界一を目指して実際に勝ち取った初代インサイト。実用性を度外視しても目標を達成するというホンダらしさ全開だ

 初代インサイトもホンダらしさ全開の尖った1台で、ホンダの持つハイブリッド技術を使い、本気で市販車での燃費世界一を目指したクルマだ。実際にインサイトは当時世界最高となる35.0km/Lという10.15モード燃費を達成している。

 その燃費を向上させるために徹底ぶりは、レーシングマシンさながらで軽量化とエアロダイナミクスを追求。

 具体的には、アルミボディ+樹脂フェンダー、2シーター化による軽量化、ナロータイヤ、スパッツなどの装着によりCd値=0.25(ホンダ計測)というエアロボディなど枚挙に暇がない。

 2シーターということからもわかるとおり、実用性は度外視してでも燃費世界一を勝ち取るという気概にあふれていて、この点が非常にホンダらしく、妥協はなし。

リアのスパッツだけでなくエアロダイナミクスを徹底的に追求し、市販車としてCd値=0.25を達成。レーシングカー並みのこだわりで作られた

 そんなこともあって、ホンダとしても初代インサイトが売れないのは百も承知。でも市販車として登場させるあたりがホンダだった。

 だったと過去形になっているのは、最近のホンダで気概を感じるのは市販車FF最速を目指し切磋琢磨を続けているシビックタイプRくらいだからだ。

インサイト(初代)中古車情報

まとめ

 ホンダはこれまで本当にたくさんの独創性のあるクルマを登場させてきた。N-BOXが売れているのも、ライバルを凌駕する魅力をホンダが独自に盛り込んでいるからだろう。

 しかし、現在のホンダに満足していないかつてのホンダを知るクルマ好きが多いのも事実だ。

 グローバル戦略により北米や欧州向けに開発された車両を日本に送り込んで苦戦するなら、昔のようにホンダにしかできない独自路線のクルマに期待しているホンダファンは多いと思う。

ホンダとして最初に市販した4輪車は軽トラのT360。しかしエンジンはDOHCというホンダらしさ全開!! ホンダにその”らしさ”が復活することに期待

【画像ギャラリー】考えた人は天才!! ホンダS-MXの徹底した恋愛仕様キャッチコピーが凄すぎる!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!