苦戦するもホンダらしさ全開 尖りすぎたホンダ車5選


 ホンダの魅力は、トヨタや日産にはない独創的なクルマ作りにある。最近では鳴りを潜めている感は否めない。

 ホンダと言えば独自の発想で作られるエンジンが有名だが、ホンダらしさ全開のクルマをこれまでに数多く世に送り出してきた。

 しかし、このホンダらしさ全開はいい方向ばかりに行くわけでなく、尖りすぎていたゆえに販売面で苦戦したクルマも少なくない。しかし、それはクルマの善し悪しだけではなく、発売するタイミングが悪かったり、ユーザーが置き去りになってしまったケースもある。

 本企画では、販売面で苦戦はしたけど、ホンダらしさ全開の尖りすぎたモデルを集めてみる。

文:永田恵一/写真:HONDA

【画像ギャラリー】考えた人は天才!! ホンダS-MXの徹底した恋愛仕様キャッチコピーが凄すぎる!!


S-MX

販売期間:1996~2002年

S-MXは若者をターゲットとしてデートカーというキャラクターが与えられた。ちょっとやりすぎた感があるのもホンダらしさだ

 S-MXは乗用タイプミニバンのオデッセイ、シティクロカンのCR-V、BOXタイプミニバンのステップワゴンに続くクリエイティブムーバーの第4弾として登場。

 全長3950×全幅1695×全高1750mmのショート&トールの2列シートのハイトワゴンながら、そのコンセプトは『恋愛仕様』のデートカーというもので超絶に尖っていた。

 フロントベンチシート、フルフラット、ワンステップフロア、リアのスライド式ベンチシートなど、現在人気のトヨタタンク/ルーミー、スズキソリオ以上に使い勝手は優れていた、といっていい。

フルフラットにした時にちょうど枕元にあたる部分にティッシュボックスが設置されていたのも当時話題になった

 しかしあまりにもホンダが『恋愛仕様』ということをアピールしたがために、イメージが固まってしまい、購入を見送った人も多かったという。

 デビュー当初は若者を中心にかなりの受注を抱えたが、冷めるのも早かった。

 約6年間販売されたが後継モデルは登場せず。ただ、恋愛仕様ではなく趣味性と使い勝手のよさを強調したハイトワゴンはモビリオスパイク→フリードスパイク→フリード+と受け継がれていることが救いか。

S-MX中古車情報

N-BOXスラッシュ

販売期間:2014~2020年

N-BOXのルーフ部分を110mm低くしたことでハイウェストの塊感のあるデザインとなったN-BOXスラッシュ。チョロQ的にデフォルメしたようなルックスが個性的

 N-BOXスラッシュは2014年にN-BOXのルーフ部分を110mm低く仕立てた、いわゆるチョップドルーフ版で、クーペスタイルのルーフラインが美しい。

 N-BOXスラッシュは実用一辺倒ではなく遊び心、オシャレ心を盛り込んでいるのが特徴で、デビュー時に趣向の違う8種類のインテリアを用意するほどの力の入れようだった。

 中でも赤を基調にチェッカー柄をあしらったダイナースタイルは、メーカー純正で登場したインテリアとしては奇抜でほかにない独創性が感じられた。

ダイナースタイルのインテリア。カッコいいが購入を躊躇しそうなほどヴィヴィッドなインテリアカラー

 王道のN-BOXに対しキワモノ的に見られがちだが、絶品のサウンドマッピングシステムや軽自動車らしかぬ高級感に代表されるこだわりなど、ホンダは徹底していた。

 販売面では失敗したかもしれないが、最近薄れつつある何か面白いことをやってくれそう、というホンダらしさが最も感じられる1台だったのかも。そんなN-BOXスラッシュが絶版になったのは寂しい。

N-BOXスラッシュ中古車情報

次ページは : Z(2代目)

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ