首都圏でも2020年6月1日から段階的に再開! 運転免許更新のための最新情報



■まずは有効期限が迫った人を対象に再開!

 警視庁は2020年6月1日(月)に、新型コロナウイルス感染防止のため、4月15日(水)から中止していた運転免許の更新業務を、6月1日から段階的に再開すると発表した。

 6月2日(火)に感染者が増加したために「東京アラート」が発令されたものの、当初の予定から変更はなく再開されている。

 再開から当分の間は、大変な混雑が予想されるため、有効期間が1カ月未満の人に限定して受け付けが行なわれる。また、受付場所や曜日、時間が通常と異なるので注意が必要だ。

 なお、有効期限が令和2年(平成32年)7月31日までの人は、有効期間の3カ月延長手続を行なうことが可能になっているので、混雑を避けたい人は検討してほしい。

 現時点で、更新手続ができる人や受付場所・日時などは下記のとおりとなっている。最新の情報は、警視庁の公式Webサイト(https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/index.html)などで確認してもらいたい。

さらなる感染拡大防止のため、3密(密閉・密集・密接)を避け、通常より少ない人員で講習(更新)を行うので、入場制限を実施する場合や次の講習時間まで待機時間が長くなることがある

■更新手続きができる人

●運転免許証の有効期間の延長手続をすでに行った人
・延長後の有効期間が1カ月未満の人
・更新場所は、延長手続の際に指定した更新場所に限る。

●運転免許証の有効期間の延長手続を行っていない人
・有効期間が1カ月未満の人(今年の誕生日を迎えた人)。
・更新場所は、運転免許試験場(府中、鮫洲、江東の3試験場)のみ。
 ただし、高齢者講習を受講済みの人は、すべての更新場所で更新手続を行うことが可能。

次ページは : ■受付日時

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ