【ノートVSスイフトほか5番勝負】人気車VS実力車 『売れてる車は最良か』

 『人気車』は優れた商品だからこそ、多くのユーザーが買い求める。いっぽうで、販売が低調でも優れた総合力を持つ『実力車』も多くある。

 人気車と実力車、真に優れているのはどちら!? 注目車同士の5対決を、ユーザー目線で判定。

文:渡辺陽一郎/写真:編集部
ベストカー2017年6月26日号


『人気車』ノートe-POWER VS『実力車』スイフト

スイフト/3月販売台数:5425台
ノート(e-POWER含む)/3月販売台数:1万5506台

■スイフトが実力車である理由

 スイフトは以前から欧州車風の軽快な走りが特徴だった。特に現行型は軽量化に力を注ぎ、ハイブリッドRSの車重は910kgだ。ノートe-POWER Xに比べて300kg軽い。

 軽快感に磨きがかかり、JC08モード燃費もマイルドハイブリッドで27.4km/Lと良好だ。

 単眼カメラと赤外線レーザーを使う緊急自動ブレーキも用意され、これは歩行者も検知する。車間距離を自動制御できるミリ波レーダー方式のクルーズコントロールも採用した。

■総合性能ならスイフト、後席と加速重視ならe-POWER

 総合評価で選ぶならスイフトハイブリッドだ。ノートe-POWERはボディが重く、シャシー性能の不足により走行安定性が不満だが、スイフトハイブリッドは適度によく曲がって後輪の接地性も高い。安心して運転を楽しめる。

 JC08モード燃費はスイフトハイブリッドが6.6km/L下まわるが、価格は実質46万円安い。

 機能/安全装備/燃費/価格で判断するとスイフトハイブリッドが買い得だ。ただし後席の居住性、滑らかな加速感を重視するならノートe-POWERになる。

『人気車』C-HR VS 『実力車』XV

XV/5月販売台数:2328台※
C-HR/5月販売台数:1万2870台※

※新型XVが5月登場のため、5月の販売台数で比較

■XVが実力車である理由

 XVのベースは5ドアのインプレッサスポーツだから、SUVでも重心があまり高まらない。しかも、現行型はプラットフォームを刷新したから走行安定性と乗り心地が優れている。

 最低地上高は200mmを確保して悪路のデコボコを乗り越えやすく、4WDと相まって走破力が高い。

 内装は上質で、現行型は後席の居住性が先代型以上に快適だ。安全装備は、緊急自動ブレーキを作動できる進化したアイサイトバージョン3に加えて歩行者保護エアバッグも全車に標準装着した。

■実用性はXVに軍配

 機能はXVが優れている。SUVだから4WD同士で比べると、動力性能はC-HRの1.2LターボよりもXVの2Lが少し力強い。燃費数値も勝る。安定性は同程度だ。

 取りまわし性はXVのほうがよく、C-HRはボディが短いが、後方視界がかなり悪い。最低地上高はXVが45mm高い。

 後席の居住性と荷室の使い勝手もXVが勝る。C-HRはデザインを優先させたので実用性がやや低い。安全装備もXVのほうが高機能だ。

『人気車』CX-5 VS 『実力車』フォレスター

CX-5/3月販売台数:9669台
フォレスター/3月販売台数:2195台

■フォレスターが実力車である理由

 最低地上高220mmを確保して走破力に優れながら、床は低めに抑えた。水平対向エンジンと相まって重心が低く、走行安定性がいい。

 乗降性も優れ、後席の床と座面の間隔も充分に確保されるため、居住性も快適だ。

 乗り心地は、発売当初はターボのXTを筆頭に硬かったが今は改善された。安全装備ではアイサイトバージョン3が装着され、LEDヘッドランプにはハイビームを維持しながら相手車両の眩惑を抑える機能も装着できる。

■オススメはCX-5! フォレスターは新型を待つべし

 CX-5は現行型で乗り心地を向上させた。クリーンディーゼルターボは動力性能が高く燃費も優れる。内装は質を向上させ、後席の座り心地も大幅に快適になった。安全装備も進化している。

 それでもフォレスターはさほど見劣りしないが、2018年にはフルモデルチェンジを受ける予定だ。

 フォレスターはプラットフォームを含めてクルマ作りが大幅に刷新されるので、これを待ちたい。従っておすすめはCX-5になる。

『人気車』クラウン VS 『実力車』スカイライン

クラウン/3月販売台数:2790台
スカイライン/3月販売台数:623台

■スカイラインが実力車である理由

 スカイライン全高を1440mmに抑えた低重心のボディは、高速道路のカーブを曲がる時でも安心感が高い。

 乗り心地は少し硬いが、高い速度域では快適性を損なわない。エンジンはV6、3.5Lのハイブリッドと、メルセデスベンツから供給を受ける直4、2Lターボを用意して、動力性能にも余裕がある。

■日本に特化したクラウンの価値

 今のスカイラインはインフィニティのエンブレムを装着して、北米などの海外市場を重視する。ボディも肥大化した。

 ハイブリッドに装着されるダイレクトアダプティブステアリングは北米好みの設定だ。操舵に対する反応が過敏で少し子供っぽい。緊急自動ブレーキは2台先の車両も検知するが歩行者は対象外だ。

 従って日本の高級感を追求したクラウンを推奨する。全幅が1800mmに収まり、後席の居住性はスカイラインよりも快適。

 内装の豪華さも日本のユーザーの感覚に合わせている。緊急自動ブレーキは歩行者を検知するので、街中での安心感が高い。

『人気車』インプレッサ VS 『実力車』アクセラ

インプレッサ/3月販売台数:6880台
アクセラ/3月販売台数:3012台

■アクセラが実力車である理由

 アクセラスポーツは、少しワイドなボディにより走行安定性が高い。カーブを曲がる時には車両の向きが自然に変わり、危険回避時の安定性も優れている。

 ハンドル操作に応じてエンジン出力を微妙に調節して、滑らかで快適な走りを支援するGベクタリングコントロールの隠し味も利いている。

 クリーンディーゼルターボは高性能で燃費も優れ、振動やノイズも軽減した。緊急自動ブレーキを作動できる安全装備も進化している。

■トータルで勝るのはインプレッサながらアクセラのDEは魅力的

 アクセラスポーツは発売後の改良で商品力を向上させたが、推奨度が高いのはインプレッサスポーツだ。

 プラットフォームの刷新で走行安定性と乗り心地を大幅に向上させ、歩行者保護エアバッグなどの安全装備も勝っている。視界は現行型で悪化したが、アクセラスポーツよりは後方が見やすい。

 ただし、高い動力性能を求めるなら、アクセラスポーツのディーゼルターボエンジン車を選ぶ余地もある。


  • 1番勝負:ノートe-POWER VS スイフト/『実力車』スイフトの勝ち
  • 2番勝負:C-HR VS XV/『実力車』XVの勝ち
  • 3番勝負:CX-5 VS フォレスター/『人気車』CX-5の勝ち
  • 4番勝負:インプレッサ VS アクセラ/『人気車』インプレッサの勝ち
  • 5番勝負:クラウン VS スカイライン/『人気車』クラウンの勝ち

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ