日本人が愛してやまないMINIの魅力とお薦め車 いつか買いたい…でなく今でしょ!


ビッグMINIは2タイプ

 MINIシリーズのもうひとつは、ビッグMINIシリーズだ。それはBMWが新しいコンパクトモデルを開発し始めたときに、先行開発の意味合いもあった。

 MINIのイメージを生かし、さらに大型化、上級化を狙った路線を作り出した。

 最初は2010年に発表されたクロスオーバーだった。ボディサイズは大きく、高く。全幅は1790mm、全高も1550mm。さらに4輪駆動モデルも設定されていた。

海外ではカントリーマンの名前で販売されているクロスオーバーの車両価格は350万~607万円。新型モデル(マイチェン)が発表されていて、2020年内の日本導入に期待

 この大きなMINIは、新しいファミリーカーとして、市場に受け入れられた。日本でも従来からのミニファンではなく、20~40代のファミリーが、新しいライフスタイルのシンボルとして、ビッグMINIに注目した。

 クロスオーバーは一時期、3ドア化したペースマンという派生モデルも生まれたが短命に終わっている。その代わりということではないが、クラブマンが大型化され、ビッグMINIの仲間に加わった。

 現在のMINIはプレミアムスモールの3/5ドア、コンバーチブル、プレミアムコンパクトのクラブマン、クロスオーバー、というラインナップになる。

2019年2月に新型にフルモデルチェンジを受けたクラブマンは使い勝手に優れたワゴン的モデル。車両価格は335万~569万円

栄光のジョン・クーパー

 パワーユニットはシンプルだ。基本的には3気筒1.5Lと4気筒2Lで、ガソリンとディーゼル、いずれもターボ仕様。これに最新モデルではプラグインハイブリッド用のパワーユニットが加わっている。

 グレードもシンプルだ。ベースグレードはOne(ワン)、スポーティなCooper(クーパー)、スポーツなCooper S(クーパーエス)、そしてピュアスポーツのJohn Cooper Works(ジョンクーパーワークス=JCW)が用意されている。

2013年に登場した3ドアハッチバックで伝統のセンターメーターが廃止となったが、丸型メーターなどMINIのアイデンティティはキープしている

 グレード名のクーパーだが、フォーミュラ1の世界で1950~1960年代にかけてトップマシンを制作していたジョン・クーパーから命名されている。

 ジョン・クーパーとクラシックミニを開発したイシゴニス博士は友人同士。イシゴニスが作ったミニにクーパーが乗り、そのポテンシャルの高さを見抜いた。

 クーパーはミニをベースにチューニングモデルを開発。当時ツーリングカーレースで圧勝していたコーリン・チャプマンのロータスに挑んだ。

 さらに国際ラリーではモンテカルロラリーに3度も優勝。排気量1~1.2Lで世界の強豪をねじ伏せた。

MINIは1964年、1965年、1967年にモンテカルロラリーで優勝。1966年はワンツーフィニッシュしたが、ラリー後に失格となってしまった

次ページは : 限定車も魅力的

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ