新型ヤリスが売れている理由「居住性よりも走り!!」 危険な賭けに勝った!??


ヴィッツに比べて走りが大きく進化

 プラットフォームは、ヤリスではTNGAの考え方を踏襲する「GA-B」になり、走行安定性、操舵感、乗り心地が大幅に向上した。

 ヤリスでは操舵に対する曖昧さが払拭されて正確性を一層高めた。ヴィッツに比べると、操舵角に対して忠実に車両の向きが変わる。

ヤリスはTNGAの採用によりハンドリング性能はヴィッツ時代を大きく凌駕する。走りの気持ちよさこそヤリスの最大の魅力だ

 ヤリスはこの後の手応えもしっかりしており、路面やタイヤのグリップ状態がわかりやすい。カーブを曲がっている最中に路上のデコボコを乗り越えた時も、ヴィッツと違って突き上げ感が直接的に伝わらず、進路も乱されにくい。

 そしてカーブを曲がっている時も、直進時も、後輪の接地性が高い。ヴィッツも後輪の踏ん張り感を優先させたが、ヤリスはそれ以上だ。

 しかも後輪を安定させながら、前述のように正確に曲がる。4輪すべての安定性が高まった。カーブを曲がっている最中、何らかの理由で不用意にアクセルペダルを戻したりブレーキペダルを踏む操作を強いられても、運転の難しい状態には陥りにくい。

WRCマシンのホモロゲ取得用の4WDターボのGRヤリスは、ノーマルのヤリスの基本設計、基本性能がしっかりとしているからこそ実現できた

 ヤリスがこのような挙動を得られた理由は、ボディを入念に造り込み、足回りが常に正確に作動するからだ。合わせて乗り心地も向上。

 安定性を高めれば、乗り心地が硬くなって快適性を悪化させたのは過去の話だ。

 今は常に車両の挙動を計算通り変化させることで、運転操作に対する正確な反応、優れた安定性、適度に柔軟な乗り心地を両立できるようになった。それをコンパクトなボディで達成したのがヤリスだ。

ヤリスに対する要望

 さらに衝突被害軽減ブレーキも改善された。歩行者や車両に加えて自転車も検知する。右折時には対向車や横断歩道上の歩行者に対応して、衝突被害軽減ブレーキを作動させる機能も備わる。

 しかも競争の激しいコンパクトカーだから、ヴィッツと比べて価格は割高になっていない。1.5Lノーマルエンジンを搭載する中級のGが175万6000円だから、価格自体は上昇したが、機能の充実に応じた上乗せだ。

時代のニーズに合わせヤリスはヴィッツより安全装備は大きく進化。今後はフィットですでに採用されている電動パーキングブレーキが欲しいところ

 今後の改良としては、まずパーキングブレーキを電動化したい。現在はレバー式だから、車間距離を自動制御できるレーダークルーズコントロールが、30km/h未満になると解除されてしまう。

 パーキングブレーキを電動化すると、全車速追従型に進化させることも可能だ。追従停車時間が長引いた時は、パーキングブレーキを自動的に作動させられる。

カローラからアイドリングストップの設定をしない傾向にあるのは「非装着でも燃費がよく、アイドリングストップは再始動時のノイズも嫌われる」というのが理由だが、ヤリスではオプション設定してほしい

次ページは : ヤリスはヤリスシリーズの出発点に過ぎない

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

水野和敏が斬る!!「ボルボXC40リチャージ&三菱エクリプスクロスPHEV」  大人気連載の『水野和敏が斬る!!』はボルボXC40リチャージと三菱エクリプスクロスPHEVの2台を試乗&チェックしています。  この2台に共通するのは、プラグイ…

カタログ