実は価格と性能のベストバランス!? 玄人好みの優良“2番手グレード” 5選


 トップグレードは魅力的で性能も高い……けれど、セカンドグレードも実は価格と性能のバランスで見ればかなりの優良グレード!?

 クルマを選ぶ時にトップグレードだけに目を奪われてはいないだろうか? トップグレードはいいに決まっているのだが、実はあえて2番手グレードを選ぶ意味があるモデルも存在するのだ。

 例えば、スープラなら直6エンジンを搭載するトップグレードだけでなく、2L直4ターボエンジン搭載グレードも魅力的といった具合。この例を筆頭に、5つの優れたセカンドグレードを紹介していきたい。

文:国沢光宏、編集部、永田恵一
写真:MITSUBISHI、編集部、NISSAN、HONDA
ベストカー 2020年6月26日号

【画像ギャラリー】やっぱり定番のタイプRやエボ!? 本稿登場全車の「トップグレード」を写真で見る!


スープラ「SZ-R」

スープラ S-ZR/エンジン:2L直4ターボ(258ps/40.8kgm)、価格:601万3000円

 古今東西、どんな車種であってもTOPグレードは“極端さ”を追求している。

 スポーツモデルだったら動力性能であり、高級車なら排気量大きいエンジンに豪華な装備を持たせる傾向。SUVやミニバンなども高い価格に見合った象徴的な装備やスペックを持たせてくるワケです。考えようによっちゃ一点豪華主義ですね。

 一方、セカンドグレードはバランスを取る。そしてベースグレードになると、価格コンシャスだ。

 スープラも同じ傾向。3Lターボ車に乗ると華やか! 誰でもわかる凄いパワーを持つ。けれど使いきれるかとなれば、少しばかり持てあます。かといってベースグレード「SZ」の197psだと、高回転域のパンチ力が足りない。実用性重視。

 セカンドグレードのSZ-Rの258psならパワーでテールを持っていくだけのパワーを持つし、フロントも軽くて軽快なハンドリングだったりする。バランスという点じゃ好ましい。

【国沢光宏】

スイフト「RS」

スイフト RS/エンジン:1.2L直4 DOHC(91ps/12.0kgm)、価格:178万2000円(5MT)

 スイフトといえば1.4Lターボエンジンを積んだスイフトスポーツがトップグレードとして君臨する。その価格も201万7400〜214万1700円と国宝級のコスパの高さだ。

 しかし、ホントなら1Lターボを積んだ「RSt」を推したかったのだが、5月15日に発表された一部仕様変更で「RSt」はカタログ落ちに。

 そこで注目は1.2L・DOHCエンジン搭載の「RS」。FFの5MT車なら178万2000円と価格も納得で、WLTCモード燃費で21.8㎞/Lをマークする低燃費もスイフトスポーツを4.0㎞/L以上凌駕。

 キビキビ感と燃費のよさで充分魅力的なセカンドグレードと言えるだろう。

【編集部】

次ページは : ギャランフォルティス「ラリーアート」

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ