新型ハリアーにまつわる意外な真実 大人気だからこそ伝えておきたい!!


パワーユニット、グレード選びは使い方に合わせて慎重に!!

 ハリアーの2Lノーマルエンジン車のWLTCモード燃費は15.4km/L、ハイブリッドは22.3km/Lだが(駆動方式は両方ともに2WD)、高速道路モードはそれぞれ18km/Lと22.1km/Lになる。

 高速道路モードにおけるハイブリッドの燃費向上率は23%だから、ハリアーに限った話ではないが、高速道路の走行比率が高い場合はハイブリッドを選ぶメリットが薄れる。

新型ハリアーは2Lガソリンと2.5Lハイブリッドがあり、ひと目でわかる外観上の違いはエンブレムで、ガソリンは黒地、ハイブリッドはブルー地となる

 グレードについては、ハリアーでは価格を299万円に抑えた2Lエンジンの2WD・Sが目を引く。

 衝突被害軽減ブレーキなどは充実して選ぶ価値も相応にあるが、ハイビーム状態を保ちながら対向車や先行車の眩惑を抑えるアダプティブハイビーム、運転席の電動調節機能、リアゲートの電動開閉機能などは装着されない。

 前後の録画機能を備えたデジタルインナーミラーも8万8000円のオプション設定だ。こういった点を踏まえると、実際に選ばれるのは2Lエンジンの2WD・G(341万円)以上のグレードだろう。

 やはりハリアーは、高価格の上級SUVというわけだ。

写真上がG、Z系、写真下がSのヘッドランプ。ともにLEDだが、G、Z系はプロジェクタータイプでオートレベリング機能付き
新型ハリアーの目玉装備のひとつであるデジタルインナーミラーは、Sのみオプションとなっていて、価格は8万8000円

【画像ギャラリー】やっぱりカッコいい新型ハリアー!! その雄姿、クォリティの高さをじっくりと堪能する!!