新型カローラクロス世界初公開!! 魅力的なSUVの日本導入は?


インテリア

シックな色遣いのインテリアはかなり魅力的。基本はカローラシリーズながら、カローラクロスのオリジナリティも散りばめられている

 インテリアは既存のシリーズの流用ではなく、カローラクロス用にデザインされている。

 SUVとして十分な車高による見晴らしのよさ、ゆったりとしたヘッドクリアランスにより快適性を加味している。

 機能性にこだわったのはデザインだけでなく、インテリアも同様で、ラゲッジへのアクセスのよさを考慮すると同時に、クラストップレベルの荷室容量を実現。

後席をフルに使用した状態のラゲッジ。荷室容量は最大487Lという大容量を誇る。なお、使い勝手にも考慮されているユーザーフレンドリーな設計

 ちなみに荷室容量は、パンク修理キット選択時が487L、テンパータイヤ洗濯時が440Lとなっている。

 また、子どもを抱えての乗降を想定し、リアドア、後席の間口を広くするなど、ユーザーフレンドリーな設定がされている。

パワーユニット

 パワーユニットは、1.8Lハイブリッドと、1.8L、直4DOHCのダイナミックフォースエンジンの2タイプが設定されている。

 1.8Lハイブリッドはエンジンが98ps/14.5kgm、モーターが72ps/16.6kgmによりシステム出力は122ps、1.8L、直4DOHCは140ps/18.05kgmというスペックだ。日本のカローラに比べて1.8L、直4DOHCは約0.7kgmスペックアップとなっている。

 それぞれのパワーユニットに組み合わされるトランスミッションは、1.8Lハイブリッドが電気式無段階変速機、1.8L、直4DOHCがスーパーCVT-iというのもカローラに準じている。

パワーユニット、トランスミッションは日本で販売されているカローラシリーズに準じているが、1.2Lターボは現時点ではラインナップされていない

次ページは : 走り&取り回し性&安全性

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

特集 2030年 日本クルマ界大予測  地球環境問題、カーボンニュートラルのことを抜きに進んでいけな…

カタログ