超名門マーチとエルグランドをどうするつもりか? 新車ラッシュの裏で揺れる日産販売計画


マーケットが存在するのに自ら放棄

 現行エルグランドは、クエストの名称で北米でも売られていたが今は終了した。日産が車種数を減らすために、エルグランドは廃止される可能性もある。

 ただし現行エルグランドが失敗したのは、前述のとおり商品力が低いためだ。全高は1815mmでアルファードよりも100mm以上低く、3列目と荷室が狭く、外観の存在感も乏しい。

Lクラスミニバンで圧倒的な支持率を誇るのがアルファード。エルグランドとは同じクラスとは言え、すべてにわたり別次元の魅力を持っている

 ハイブリッドは用意されず、燃費に不満が生じて購入時の税額は高い。売れない理由が膨大にあり、見方を変えると、日産にとってLサイズミニバンというカテゴリーの魅力が乏しいわけではない。

 そこでセレナのノウハウを生かして実用性を高め、内外装を上質に仕上げ、e-POWER技術を投入すれば、アルファードのように好調に売れるLサイズミニバンを開発することも不可能ではない。

 しかも今は、クラウンのような上級セダンからアルファードに乗り替えるユーザーが増えた。トヨタの販売店からは、「TVニュースなどで政治家や企業のトップがアルファードを使う様子が放送され、最近はイメージが大幅によくなった」という意見も聞かれる。

エルグランドは2列目シートにこだわっているが、3列目シートのスペースの狭さはLクラスとは思えない。根本的な解決が難しいだけに厳しい

 また従来のミニバンは国内専売だったが、近年ではアルファード&ヴェルファイアが海外でも注目されるようになった。

 今のところLサイズミニバンで成功しているのはアルファード&ヴェルファイアのみだが(オデッセイは低調だ)、人気が伸び悩む上級セダンの後継になり得る。価格が高いから、e-POWERなどの高コストな機能も搭載しやすく、開発するメリットはあるだろう。

 上手にフルモデルチェンジを行い、エルグランド/セレナ/ノートベースのコンパクトミニバンをe-POWERでそろえて訴求すれば、国内販売復活のきっかけにもなり得る。

選択と集中と表現すれば聞こえはいいが……

 いっぽうマーチは、需要をノートのベーシックグレードで補うことが可能だが、エルグランドと同様、かつて人気車だったから知名度は高い。

 ノートよりもさらに小さな最小サイズのコンパクトカーという価値を与え、上質に造り込んで先進安全装備も充実させれば、高齢ドライバー時代のニーズに合う。

 2019年度(2019年4月から2020年)に国内で売られたデイズ+ルークス+ノート+セレナの台数を合計すると、日産の国内販売の70%近くを占めてしまう。

まだまだ存在感は捨てたものじゃないエルグランドだが、そろそろ既存ユーザー、日産ファンとも我慢の限界にきている

 国内でニーズの高い日産車が大幅に減ったので、認知度の高いマーチとエルグランドもフルモデルチェンジを行い、主力車種に成長させるべきだ。

 車種数の削減を「選択と集中」と表現すれば聞こえはいいが、メーカーがユーザーを都合よく選ぶことにも繋がる。

 ユーザーにとっては選ぶ自由も失われる。赤字から脱却する方策としての短期的な「選択と集中」、車種を絞ることは理解できるが、長期的には再び充実させる必要がある。

 もともと日産の価値は、高い技術で裏付けられた豊富な車種をさまざまなユーザーがニーズに応じて選べることにあった。

 それが可能になってこそ、日産は回復した、危機を乗り越えたといえるだろう。

新型ノートにはスライドドア&3列シートモデルがラインナップされるという情報もあるが、ノートからの派生した別モデルとなる可能性が高い

【画像ギャラリー】なぜ存在感を失ってしまった!? 現在が嘘のように輝いていた歴代マーチ&エルグランドの雄姿