超名門マーチとエルグランドをどうするつもりか? 新車ラッシュの裏で揺れる日産販売計画

 日産は2020年3月期の連結決算で6712億円の最終赤字に陥り、この理由のひとつにも新型車の欠乏による販売低下が挙げられた。

 そこで日産は、18カ月間に新型車を12車種発売する方針を発表した。日本国内では、すでに発表されているキックスとアリア、今後はノート、エクストレイル、フェアレディZなどが登場する。

 そのいっぽうで、日産には発売から長期間を経過した車種も多い。前述のフルモデルチェンジ予定車種を除くと、マーチ(2010年発売)、エルグランド(2010年)、GT-R(2007年)、フーガ(2010年)、シーマ(2012年)がある。

 キューブとティアナは販売を終えた。ここではマーチとエルグランドを取り上げ、今後どうなるのか、日産はどうすべきなのかを考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:NISSAN、TOYOTA、HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】なぜ存在感を失ってしまった!? 現在が嘘のように輝いていた歴代マーチ&エルグランドの雄姿


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ