VW、アウディ…パワーウェイトレシオに優れた輸入コンパクト 5選

VW、アウディ…パワーウェイトレシオに優れた輸入コンパクト 5選

 最近では「パワーウェイトレシオ」が話題に上がることはほとんどありませんが、以前はクルマの加速力の目安として自動車メーカーでも重要視していました。今よりもクルマが小さくて軽く、エンジンパワーもずっと低かった時代は、こうした性能指標が大切で、他車をベンチマークすることもよく行われていました。

 パワーウェイトレシオによっては、コンパクトカーであっても、スポーツカーにも匹敵する加速が期待できるクルマもあります。今回は、日本で現在市販されているコンパクトカーの中で、パワーウェイトレシオに優れたクルマを5つ、ご紹介します。

文:吉川賢一/写真:NISSAN、HONDA、TOYOTA、Mercedes-Benz、Audi、Renault、VW、Fiat/ABARTH、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】パワーウェイトレシオが大きい国産スポーツカーを写真でチェック!


国産スポーツカーのパワーウェイトレシオ相場上限は?

 代表的な国産スポーツカーのパワーウェイトレシオは、スイフトスポーツ6.93kg/PS(970kg、140ps)、シビックタイプR:4.34kg/PS(1390kg、320ps)、スカイライン400R:4.25kg/PS(1720kg、405ps)、トヨタスープラ:4.41kg/PS(1500kg、340ps)といった感じ。

 国産スーパースポーツだとGT-R NISMO:2.87kg/PS(1720kg、600ps)、NSX:3.1kg/PS(1800kg、581ps)あたりが相場上限のようです。

 ちなみに、つい先日受注終了したスバルWRX STIは、4.84kg/PS(1490kg、308ps)でした。

フィアットアバルト595COMPETIZIONE 6.22kg/PS

■エンジン最高出力:180PS
■車重:1120kg
■ボディサイズ:3660×1625×1505mm(全長×全幅×全高)
■ホイールベース:2300mm
■車両本体価格:400万円 

 一台目はフィアットアバルトの最上級グレード「アバルト595コンペティツィオーネ」。

コンパクトで軽量なボディに、最大出力180psを発生するエンジンを詰め込んだアバルト595

 アバルトは、フィアット車をベースにして、ボディ改装やマフラーなどのパーツを採用したコンプリートカーを製作するメーカー。ショートホイールベースにイカついエアロパーツ、前後のバンパーなど「これぞホットハッチ!」といった姿は、ファンならずとも目を惹かれること間違いなし。

フォルクスワーゲンポロGTI 6.45 kg/PS

■エンジン最高出力:200PS
■車重:1290kg
■ボディサイズ:4075×1750×1440mm(全長×全幅×全高)
■ホイールベース:2550mm
■車両本体価格:384万円

 2台目はVWのポロGTIです。ベースモデルのポロは、1.0リッターエンジンで動くほどのコンパクトカーなのに、そこへ2.0リッターのターボエンジンを押し込んだという、強烈なモデルです。

ポロGTIも、コンパクトなボディに2Lエンジンを詰め込んだスポーティモデル

 大型ディスプレイにフルデジタルメータークラスターは、これまでのアナログ型メーターと比べるまでもなく最新鋭。速く走るだけではなく、スタイリッシュな魅せ方も追及した一台です。

 ちなみに、ひと回り大きな「ゴルフR」は、パワーウェイトレシオ4.87 kg/PS(310PS、1510kg)。2.0リッターターボエンジンで300PS発揮するこのエンジンも相当に速い。

次ページは : Audi SQ2 5.23 kg/PS

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!