VW、アウディ…パワーウェイトレシオに優れた輸入コンパクト 5選


 最近では「パワーウェイトレシオ」が話題に上がることはほとんどありませんが、以前はクルマの加速力の目安として自動車メーカーでも重要視していました。今よりもクルマが小さくて軽く、エンジンパワーもずっと低かった時代は、こうした性能指標が大切で、他車をベンチマークすることもよく行われていました。

 パワーウェイトレシオによっては、コンパクトカーであっても、スポーツカーにも匹敵する加速が期待できるクルマもあります。今回は、日本で現在市販されているコンパクトカーの中で、パワーウェイトレシオに優れたクルマを5つ、ご紹介します。

文:吉川賢一/写真:NISSAN、HONDA、TOYOTA、Mercedes-Benz、Audi、Renault、VW、Fiat/ABARTH、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】パワーウェイトレシオが大きい国産スポーツカーを写真でチェック!


国産スポーツカーのパワーウェイトレシオ相場上限は?

 代表的な国産スポーツカーのパワーウェイトレシオは、スイフトスポーツ6.93kg/PS(970kg、140ps)、シビックタイプR:4.34kg/PS(1390kg、320ps)、スカイライン400R:4.25kg/PS(1720kg、405ps)、トヨタスープラ:4.41kg/PS(1500kg、340ps)といった感じ。

 国産スーパースポーツだとGT-R NISMO:2.87kg/PS(1720kg、600ps)、NSX:3.1kg/PS(1800kg、581ps)あたりが相場上限のようです。

 ちなみに、つい先日受注終了したスバルWRX STIは、4.84kg/PS(1490kg、308ps)でした。

フィアットアバルト595COMPETIZIONE 6.22kg/PS

■エンジン最高出力:180PS
■車重:1120kg
■ボディサイズ:3660×1625×1505mm(全長×全幅×全高)
■ホイールベース:2300mm
■車両本体価格:400万円 

 一台目はフィアットアバルトの最上級グレード「アバルト595コンペティツィオーネ」。

コンパクトで軽量なボディに、最大出力180psを発生するエンジンを詰め込んだアバルト595

 アバルトは、フィアット車をベースにして、ボディ改装やマフラーなどのパーツを採用したコンプリートカーを製作するメーカー。ショートホイールベースにイカついエアロパーツ、前後のバンパーなど「これぞホットハッチ!」といった姿は、ファンならずとも目を惹かれること間違いなし。

次ページは : フォルクスワーゲンポロGTI 6.45 kg/PS

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ