RAV4が変身!! 日本車界の傾奇者!! モデリスタ 圧巻のラインアップと足跡


チューンナップモデルも精力的に登場させた

 もうひとつモデリスタで忘れていけないのが、チューンナップモデルだ。グループ企業と連携し、数々のスポーツモデルを送り出してきた。

 そのなかでも強烈な記憶を残すのが、2001年8月に、300台限定で投入された「クラウン・アスリートVX」だ。

ドレスアップと同時にチューンナップカーも精力的に開発し販売された。その第1弾がクラウンアスリートVXで、2001年に300台限定で販売され完売

 マークIIツアラーV譲りの2.5L、直列6気筒ターボを積む「アスリートV」をベースに、ヤマハがトータルチューニングを手掛けたもの。

 この知見は、2カ月後に投入された第2弾モデル「マークIIツアラーVフォーチュナー・ヤマハパワー」にも活かされた。

 マークXとなっても、チューニングコンプリートカーの設定は続けられ、2006年4月に初代をベースとした「マークXスペシャルバージョン スーパーチャージャー」を100台限定でリリース。

 3L、V6エンジンに、スーパーチャージャーを組み合わせることで、最高出力320ps、最大トルク412Nmまで性能を向上させたモンスターセダンであった。その後、一部仕様を変更し、まさかのカタログモデル化。

マークX+Mスーパーチャージャーはディーラーで購入できるチューニングコンプリートカーとしてマニアから支持された

 この流れは、最後のマークXとなった2代目にも受け継がれ、一部の人々を恐怖に陥れる!?羊の皮を被った狼「マークX +Mスーパーチャージャー」に進化した。

 マークX仕様があまりにも有名過ぎて忘れられているが、「+Mスーパーチャージャー」は13代目クラウンが元祖である。

2018年以降はドレスアップに特化

 現在、トヨタモデリスタインターナショナルは2018年4月の組織変更により、TRDや特殊車両などを手掛けた「トヨタテクノクラフト」と海外向け車の用品や特殊車両などを手掛けた「ジェータックス」を統合した「トヨタカスタマイジング&ディベロップメント」となった。

トヨタ車、レクサス車をよりエモーショナルかつスポーティに仕上げるモデリスタのエアロパーツは年配の支持者も多い。写真はカローラツーリング

 モデリスタは、そのなかのドレスアップを中心としたカスタマイズブランドである。

 伝統のアグレッシブな商品開発の姿勢は今も息づいており、トヨタからレクサスまで幅広い乗用モデルのほとんどにドレスアップパーツを展開している。

次ページは : 最新モデルも芸の細かさが魅力