荒唐無稽!? 夢のまた夢!? 自己再生タイヤの市販化の可能性


タイヤのメンテナンスフリー化のひとつの解

 そんな中もっとも問題を抱えそうなのが実はタイヤなのです。

 タイヤは消耗品なので、定期的なメンテナンスや交換が必要になります。空気圧やタイヤの磨耗はもちろん天候への対応、その他のトラブルにどう対処するかというのはとても重要な問題なのです。

タイヤは消耗品で摩耗するのが当たり前。一般的に5000km走行で1mm摩耗すると言われていて、3万2000kmが交換目安となる

 ユーザーにメンテナンスの義務(責任)がなくなれば、自動車メーカーは(タイヤはクルマの部品なので)タイヤの保守管理をどう行うかが問題になるわけです。

 グッドイヤーではエアレス・タイヤで空気圧をメンテナンスフリーにするとともに、タイヤに自動再生機能を与えることでメンテナンスフリーのひとつの回答を提示したということです。

 タイヤのメンテナンスフリー化は自動運転実現のためには越えなければならない、かなり高いハードルなのですが、グッドイヤーのreChangeという自己再生コンセプトタイヤはそのひとつの解というというわけです。

タイヤのメンテナンスフリーが自動運転には欠かせない要素で、グッドイヤーのrechargeはその最適解のひとつと考えられる

姿を変えて実現するかもしれない

 というわけで、もしクルマが完全自動運転化されるようになったならば、reChargeは、タイヤのあり方としてかなり有望なのではないかと思います。ただし、全自動化になったらの話です。

 現実的には、ここしばらくは主流にはならないと思います。

 ただ、トレッドの自動再生を可能にするメカニズムや、コンパウンドを走るシチュエーションによって変えることができるという発想は、もしかしたら近い将来形を変えて実現するものがあるかもしれません。

※編集部註
「完全メインテナンスフリー」といっても、実際は(他の消耗部品と同じく)車検のタイミングまで(つまり3年間)新品同様の性能が保てればいいわけで(そのときに交換するよう慣習化することになるが)、そう考えると製品化のハードルはかなり下がるはず。

 とはいえもしこの「減らないタイヤ」が完成すると、後付け(リプレイス)タイヤの需要および販売が激減することになると思うのだが、タイヤメーカーはそれで大丈夫なのだろうか……。

F1をはじめモータースポーツはタイヤの摩耗が勝敗を左右する大きな要素となっているが、rechargeの技術が実用化されればガラリと変革が起こるハズ

【画像ギャラリー】自己再生タイヤが実際に市販されるとタイヤの販売は激減必至!! コロナ禍の影響貼るのか? 最新タイヤ販売データをチェック

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ