アルファードも真っ青の価格2580万円!! 国内未発売レクサスLMが日本で販売中! どこで買える?

 レクサスは2020年1月15日、アルファードをベースにした高級ミニバン、レクサスLMを中国で発表した。

 ハイブリッドの「LM300h」グレードのみが設定され、3列シートの7名乗りと、2列シートの4名乗り「ロイヤルエディション」がラインナップされている。

 税金などを除いた現地での車両本体価格は、中国仕様のアルファードハイブリッドのベース価格、80万5000元(約1290万円)に対し、116万6000元(約1870万円)から146万6000元(約2350万円)。

 レクサス車は北米向けの北米生産車を除き、それ以外のレクサス車は日本の九州工場で生産されており、中国で販売されるレクサス車はすべて日本からの輸入車で15%の関税などを含んだ価格となっている。

 ただし、レクサスLMを日本で販売する計画は、現時点ではないのが残念無念……。

 と思っていたら、なんとレクサスLMが神奈川県厚木市にあるClarisというショップで販売されているのを発見!

 さっそく、その実態を探るべく、現地に伊達軍曹が急行! 販売中のレクサスLMを徹底レポートする。

文/伊達軍曹
写真/伊達軍曹 レクサス ベストカーweb
取材協力/Claris

【画像ギャラリー】日本で販売中のレクサスLM4人乗り仕様を写真でチェック!


台湾仕様のレクサスLMを日本に並行輸入!

神奈川県厚木市にあるClarisが2580万円で販売中のレクサスLM。ボディサイズは全長5040×全幅1850×全高1945mm。アルファード&ヴェルファイアの全長4950×全幅1850×全高1950mmに比べると、全幅は変わらないものの、全長が90mm、全高が10mm拡大されている

 「そもそも日本で登録できるの?」、「レクサスの正規ディーラーで面倒みてもらえるのか?」「乗り出し価格はいくら?」等々の細かいところも気になるわけだが、そのあたりは後回しにして「現物のご紹介」から始めよう。

 今のところ日本で(たぶん)ただ1台の「買おうと思えば買えるレクサスLMロイヤルエディション」とは、はたしてどんな具合のクルマなのか?

 まずはフロントグリルである。アルファードのグリルも相当なモノだが、あれがさらに大きなサイズのスピンドルグリルになっているわけだから、さぞかし超絶オラオラ感があるのかと思いきや……意外と上品な感じがありますね。

こちらがベースとなったアルファード
現物を間近で見ると「大迫力だが下品ではない」という印象だったという。自慢のスピンドルグリルが大迫力

 いやもちろん大迫力というかド迫力なのだが、決して田舎のヤンキーがオラオラしてるような感じではなく、モダンな大邸宅のしゃれた門構えみたい……といえば伝わるだろうか? 

 いずれにせよ「大迫力ではあるが下品ではない」というのは、デザインの妙にプラスして「高い素材を使ってるから」なのかもしれない。

インテリアは至れり尽くせりの豪華仕様

基本的なデザインはアルファードと変わらないレクサスLMのコクピット

 お次は運転席まわりである。細かな部分はいろいろ違えど、基本的な造形はアルファードのコクピットとほぼ同じ。

 が、使われている素材や精密度のようなものは、レクサスLMのほうが2倍ほど上のように感じられる。

 ううむ、さすがはレクサスというか、さすが中国現地価格で146万6000元(約2350万円)のクルマである!

 ちなみに速度計はkm表示で、最大180km/hまで。このあたりもアルファードと同じで、中国やインド市場向けのミニバンだからといって「百八十公里」と表記されているわけではない(当たり前か)。

 しかしながらカーナビ(というかモロモロを統合コントロールするタッチパネル式のディスプレイ)には「電動馬達」「電瓶」「資訊」などの、ちょっとよくわからない中国語が並んでいる。

カーナビのディスプレイ表示は中国語だが……
スマホにつなぎ、AppleCarPlayを立ち上げると何の問題もなく日本語のマップとカーナビが使える

 唯一「空調」だけは読めるけど、これじゃ日本のカーナビが使えないじゃん! 

 と思ったら、自分のiPhoneをケーブルでつなげばソッコーでAppleCarPlayが立ち上がり、何の問題もなく日本語のマップとカーナビが使えて、スマホの中にある音楽も聴ける状態になる。ちなみにiPhoneではなくアンドロイドスマホでもOKであります。

2人乗りの後席の座り心地は?

レクサスLMロイヤルエディション4人乗りのインテリア。オットマン機能やマッサージ機能が組み込まれた。シートには、低弾性のポリウレタン素材を使用し、細かい振動を効果的に吸収する。シートのリクライニング角度にも、工夫が凝らされている
ロイヤルエディションでは、26インチの大型ディスプレイが前席と後席との間のフルパーテーションに装備される。ブルーレイディスクの再生をはじめ、さまざまなメディアに対応する。防音ガラスとマークレビンソン製のハイエンドサウンドシステムも搭載する
曇りガラスの設定を解除した状態

 では、レクサスLMロイヤルエディション(要するに4人乗りの一番凄いやつ)の最大のキモである「後部座席」に移動してみよう。

 貴重な売り物であるため靴を脱いで車内に入り、だだっ広いスペースに2脚だけ置かれている最上級シートに腰をおろすと……そこはもうほぼ旅客機のファーストクラスである。

 というか、眼前に広がる26インチの大型ディスプレイなど、さまざまな至れり尽くせり装備も含めて考えれば、これはもうファーストクラス以上だといえるでしょう!

 2脚のシートの間にあるタッチパネルで電動オットマンを立ち上げ、失礼ながら足をドーンッと前方に投げ出しても、身長175cmの筆者の場合で足は前方の壁にまったく届かず。

 身長185cm以上で、なおかつ足が長い人でやっと壁に足が着いちゃうかも? という感じだ。

 シートに付帯しているマッサージ機能も、モードがいくつもありすぎてイマイチ使いこなせないのだが、とりあえずひと通り試しながら(気持ちよかったです)、後席の照明をいろいろ変えてみる。

 ムーディな間接照明が何カ所もあって、それぞれの輝度を何段階にも変えることができるようだ。うーん、マンダム。

 4人乗りのロイヤルエディションは、まぁ自分で運転したければ運転しても構わないわけだが、基本的にはショーファードリブンなクルマ。

 つまり運転は「運転手」に任せ、自分は後席で寝たり、世界経済について考えをめぐらせたり、あるいは妙齢の女性とヨロシクしたりするためのクルマである。

 そのため、後部エリアと運転席の間には壁というかパテーションが設けられていて、その上部には曇りガラス状のウインドウがはめられている。ガラスじゃなくて硬質な樹脂だとは思うが……。

 で、後席で瞑想にふけったり酒を飲んだりしているときは、そのウインドウは閉めたまま、曇りガラス状のままにしておけばいいのだが、ときには前方の風景が見たくなることもある。

 その際は後席中央のスイッチひとつで曇りガラスは一瞬にして透明になり、前方を「うむ!」とばかりに見渡すことができる。

 さらに、運転手に「おいキミ、もっとアウト・イン・アウトのライン取りを心がけたまえよ!」みたいな声掛けをしたくなったときも、スイッチ一発でウイイイイ〜ンと曇りガラスが下がり、運転手との会話が可能になるのだ。ううむ、ベイビー・ユー・アー・リッチマン!

 束の間の富豪気分を味わったのちにLMから降り、車外から改めて後部居住空間を眺める。……これはちょっと素晴らしすぎるでしょ! 

 筆者がもしも富豪だったら絶対にコレ、7人乗りじゃなくて4人乗りのロイヤルエディションを買ってますよ。だって単純に楽しいし、税金対策にもなるし!

 ちなみに、この物件を販売している神奈川県厚木市の「Claris」が付けたプライスは2580万円(消費税込み)。

 世の中には唸るほどのお金を持っている人というのが確実にいるわけで、そういう人にとっては2580万円なんて「法人税を減らすためにはちょうどいいぐらいの金額」ですよ。

 またそういう人が「ただゴージャスなだけの普通の7人乗りミニバン=7人乗り仕様のレクサスLM」に特別な興味を持つとは思えない。

 それだったらアルファードのいちばん高いやつでも十分なんだから。となれば、やっぱりこれ、他にあまり類を見ない「4人乗りのミニバン」であるロイヤルエディションこそが、大富豪の皆さんにぜひ乗っていただきたいクルマですよ! ていうか筆者が大富豪だったら今日、取材中に即買いしてましたね。絶対に。

こちらはレクサスLMの3列シート7人乗り。アルファードの最上級グレード「エグゼクティブラウンジ」と同様のインテリアになる。2列目のキャプテンシートにはオットマン、大型ヘッドレスト、ランバーサポートを採用

実際に購入しようと思っている方へ

この個体はヤフーオークションにも掲載されているのだが(2020年7月27日現在)、当該ページのアクセス数はすでに4万を超えており、ウォッチリストの数も500を大きく超えている。

 では最後にベストカーwebをお読みの大富豪各位のため、購入に関わる情報も掲載しておこう。

 まずこの個体は「台湾仕様」。Claris宮内社長の強力なコネクションを通じて、台湾から日本に直輸入されたものだ。

 このロイヤルエディションのほか、7人乗り仕様のレクサスLMも普通に台湾から持ってくることができるらしい。

 そしてこの個体の価格は、前述のとおり税込み2580万円。諸々のオプション装備込みのプライスである。

 これに加えて「予備検」の費用が少々かかる可能性はあるが、そのあたりは(ひやかしではなく本気で)買う人が各自問い合わせていただきたい。

 Clarisの宮内社長によれば、エンジンもハイブリッドシステムも日本のアルファードとまったく同一であり、そもそも台湾の排ガス規制はめちゃめちゃ厳しいらしいので、日本で登録するのに苦労することはほとんどないだろうとのこと。

 ただし購入後、日本国内のレクサス正規販売店で点検やメンテナンスを受けることはできない。

 とはいえ、すべての部品はClarisが台湾から引っ張ってくることが可能で、そもそも、公式には「レクサス正規店でのケアは受けられない」となっているものの、実際は「そのディーラーの担当者のさじ加減次第でOKな場合もあるでしょう(Claris宮内社長談)」ということのようだ。

 いずれにせよ4人乗り仕様のレクサスLMは、その存在感も希少性も「下手なスーパーカー以上!」であると、筆者には感じられた。

 巨額の法人税を払うぐらいなら何かおもしろいクルマを……と考えている富豪各位は、ぜひこちらの物件にご注目いただきたい。

Clarisのホームページはこちら!

【画像ギャラリー】日本で販売中のレクサスLM4人乗り仕様を写真でチェック!