BMW X5とX6に高性能な”M”モデル登場!! サーキット指向のSUVの魅力


 2019年に最新世代へとモデルチェンジを果たしたミッドサイズSUV「X5」と、ミッドサイズクーペSUV「X6」に、ついにMハイパフォーマンスモデルが設定された。

 SUVをベースとしながらも、BMW M社が手を入れることで、サーキット走行までカバーするスポーツモデルへと生まれ変わらせたモデルだ。新型では、よりアグレッシブな走行を想定した”コンペティション”モデルのみが設定される。

 スーパーSUVに仕立てられた新型のスタイルやメカニズムについて紹介しよう。

文:大音安弘、写真:BMW

【画像ギャラリー】サーキットも守備範囲とするスーパーSUV!BMW X5/X6 M


最強仕様となる”Mコンペティション”を導入

 BMWは、2020年3月12日、ミッドサイズSUVであるBMW 「X5」と「X6」に、Mハイパフォーマンスである「Mコンペティション」を設定した。

 価格は、「X5 Mコンペティション」が1859万円。「X6 Mコンペティション」が1899万円となる。いずれも右ハンドル仕様車が設定されるが、X6のみ左ハンドル車を選択することも可能だ。

従来型に続き、新型でもMモデルが設定された「X5」と「X6」

 両モデル共に、これまでもMモデルが設定されていたが、新型では、よりアグレッシブなスポーツ走行を想定した「コンペティション」仕様のみが導入されるのも大きな特徴といえる。

精悍さに溢れたMのスタイリング

 エクステリアは、Mコンペティション専用デザインへと仕上げられている。専用アイテムとして、ブラック仕上げとなるMモデル用キドニーグリル、エアロタイプのミラーキャップ、フロントフェンダーに備わるサイドギルなどが与えられ、パワフルさとスポーティさを強調する。

ワイルドさを演出するブラックのキドニーグリル。ダブルバー仕様となるのもMモデルである証だ

  リアセクションでは、Mスポーツ・エキゾースト・システムが存在感を示し、これらのモデルが高性能SUVであることを主張。テールゲートには、それぞれ専用の「Mコンペティション」エンブレムも装着する。

  またクーペライクなX6では、テールゲートにリップタイプの「Mカーボンリアスポイラー」も用意。控えめながら、高速走行も得意とするMモデルのキャラクターを強調してくれる。

Mスポーツ・エキゾースト・システムは、性能及びビジュアルの両面で、Mモデルの高性能ぶりを主張する

次ページは : そのままの姿でサーキットへ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ