新型ハリアーと勝負できるのはどれだ!! 最激戦区ミドルクラスSUVの趨勢

 SUVブームもあり、そのなかでも現実的な価格、サイズと見た目のバランスのよさなどの要素が揃ったミドルSUVは以前から激戦区だった。

 そこに最近新型ハリアーが加わり、その様相はさらに混沌としていて、その動向が気になる。新型ハリアーのライバルとなるSUVを直接的なもの以外も含めたちょっと変わった視点で比較してみた。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、MAZDA、LEXUS、奥隅圭之、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】日本のSUVが熱い!! 王道、異色の精鋭がそろい踏み 新型ハリアーのライバルを一気にチェック!!


オーソドックスなライバル対決/マツダCX-5

■新型ハリアー
・全長4740×全幅1855×全高1660mm、ホイールベース2690mm
・ガソリン:299万~443万円
・ハイブリッド:358万~504万円

■CX-5
・全長4545×全幅1840×全高1690mm、ホイールベース2700mm
・ガソリン:261万8000~365万2000円(特別仕様車除く)
・ ディーゼル:293万7000~365万7500円(特別仕様車除く)

新型ハリアーは質感の高いエクステリアが人気の大きな要因。ハリアーブランドの最新作としてユーザーの期待以上のクルマになっている

 CX-5は「マツダ新世代のスカイアクティブテクノロジーをフルに盛り込んだ第一弾」となるオーソドックスなミドルSUVとして2012年に初代モデルが登場。

 特に静か、パワフル、イニシャルコストも燃料コストも安いディーゼル車が人気となり、マツダ躍進のトップバッターとして大成功を収めた。

 現在は2017年登場の2代目モデルに移行しており、初代モデルからのキープコンセプトの2代目モデルも全体的に堅実な完成度の高いミドルSUVだ。

高速道路を頻繁に利用したり、1回の走行距離が長い人にとっては、CX-5のクリーンディーゼルは魅力的。価格も買い得感が高く、特別仕様車が狙い目

 矛盾するようだが、CX-5の直接的なライバルはRAV4のほうが近いのも事実ながら、それはさておき、まずガソリン車を比べる。

 正直なところCX-5の2.5Lはターボも含め強い魅力はない。2Lに関しては261万8000円からという、新型ハリアーに対し約40万円安い価格が目を引く。

 2.2Lディーゼルターボは、街乗りの多い人には低負荷で使われることが多いと煤が溜まりやすいなどの難点はある(その場合はCX-5に限らず安価なガソリン車を買えばいい)。

 しかし、走行距離の多い人などなら、静かかつ低回転域からの太いトルクに加え高回転域まで衰えない力強さを持ち、さらに軽油の安さもあり燃料コストは新型ハリアーの2.5Lハイブリッドとイーブンという、ハリアー相手でも勝負できる魅力を持つ。

歴代ハリアーは都会的なエクステリアとともに高級感のあるインテリアの満足度が高かったが、新型はさらにワンランク上の高級感を備えている

 それでいてCX-5の2.2Lディーゼルターボのスタート価格は293万7000円と、ハリアーのベーシックな2Lガソリンより若干安い。

 オマケに最近CX-5にはベーシックグレードにぜひ欲しい安全装備を加えたスマートエディションという特別仕様車が加わり、スマートエディションは2Lガソリン/265万1000円、2.2Lディーゼルターボ/297万円(FF車)と一層お買い得感が強い。

 総合すると新型ハリアーのスタイルや雰囲気も魅力だが、CX-5のコストパフォーマンスも捨てがたく、この勝負は特別仕様車を追加した点も評価して引き分けとする。

 なお、マツダのSUVなら3列シートSUVというジャンルに注目が集まるきっかけとなったラージSUVのCX-8も、車格が上ながら新型ハリアーと迷える価格のグレードが揃っている。

「3列目シートの使用頻度が少なくSUVとミニバンを兼ねたクルマが欲しい」という人などは、検討する価値はある。

■CX-8
・全長4900×全幅1840×全高1730mm、ホイールベース2930mm
・ガソリン:261万8000~458万9200円(特別仕様車除く)
・ディーゼル:382万8000~467万600円(特別仕様車除く)

クラスは上になるが、価格的には新型ハリアーのライバルとなるCX-8。新型ハリアーにはない3列シートという飛び道具が魅力

兄弟対決/トヨタRAV4

■RAV4
・全長4600×全幅1855×全高1685mm、ホイールベース2690mm(アドベンチャー除く)
・ガソリン:274万3000~353万9000円
・ハイブリッド:334万3000~402万9000円

 そもそも新型ハリアーは、「オーソドックスなSUVの現行RAV4をベースに、インテリアをゴージャスに、エクステリアもクーペルックにするなどしたプレミアム感あふれるスペシャルティSUV」という成り立ちだ。

 そのため新型ハリアーが25万円から30万円程度高い価格も含め、スタイルや雰囲気が好みに合うほうを選ぶという選択でもいい。

新型ハリアーはRAV4とプラットフォーム、パワートレーンを共用する兄弟車だが、都会的でオンロード重視というキャラクターは歴代モデルを踏襲

 しかし機能的に見るとリアシートとラゲッジスペースが広いのはRAV4というのはそれぞれのキャラクターとして、イメージとは裏腹にハリアーは乗り心地がRAV4に対し劣勢な点など、運転しているとRAV4のほうが全体的なまとまりのようなものは好印象だ。

オフロード走行を楽しみたいならRAV4がオススメ。4WDは新型ハリアーには設定されていないダイナミックトルクベクタリングAWDをラインナップ

 さらにハリアーハイブリッドの450万円以上するグレードを買える予算があるなら、充電設備がなく「街乗りはEV」という使い方ができなくても、RAV4ハイブリッドに対する差額は4L、V8エンジン級の動力性能だけで納得できるRAV4プラグインハイブリッドという選択肢も、いつ買えるのかというのはともかくとして(現在受注停止のため)、浮上する。

 総合すると、豪華さ、高級感を重視するならハリアーで、基本的には前述したように見た目の好みで選べばいいのだが、筆者ならRAV4を選ぶ。

■RAV4 PHV
・全長4600×全幅1855×全高1690mm、ホイールベース2690mm
・PHV:469万~539万円

4L級の動力性能を持つRAV4 PHVも価格的にはライバルとなる。2020年8月現在オーダーをストップしていて、いつ再開して購入できるかが最大の問題

格上との勝負/レクサスNX

■レクサスNX
・全長4640×全幅1845×全高1645mm、ホイールベース2660mm
・ガソリン:454万6000~548万3000円
・ハイブリッド:519万~612万7000円

 2014年登場とモデルは古いが、レクサスNXは先代ハリアーをベースとしたベンツGLAやBMW X1などが直接的なライバルとなるスポーティなキャラクターを持つミドルSUVである。

 NXは2Lガソリンターボと新型ハリアーより一世代古い2.5Lハイブリッドを搭載するが、2Lガソリンターボはパワーと燃費のバランスの中途半端さという弱点があり、2.5Lハイブリッドを基本に考えた方がいいだろう。

レクサスの人気ミドルクラスSUVのNXは旧型ハリアーとコンポーネントを共用するだけに、走りの古さは隠せない。エクステリアは古さは感じさせない

 新型ハリアーと2.5Lハイブリッド同士で比べると、ハイブリッドに関しては世代の新しい新型ハリアーが圧勝なのはやむを得ないとして、NXは乗るとそれほど強い主張はないけど上手にスポーティな乗り味をミックスした乗り味を持つ。

 リアシートやラゲッジスペースはボディサイズの違いもあり新型ハリアーの圧勝なのも当然として、NXのインテリアはレクサスらしく新型ハリアー以上に高級だ。

 結論としては約100万円の差額に納得できるならNXもアリだけど、総合的には7対3で新型ハリアーの勝ちという印象だ。

NXはレクサスのほかのモデル同様にインテリアデザイン、素材へのこだわりは強烈で、これは新型ハリアーにとっても手強い存在

 NXは新型ハリアーベースと思われる次期モデルと勝負させたいところだ。

 またレクサスのSUVでは車格としてはCX-8に近いRX300(2Lガソリンターボ)のベーシックグレードも、新型ハリアーの最上級グレードであれば視野に入る価格だ。

 新型ハリアーとRXはそもそもジャンルが違うため比較されるケースは少なく、RX300に強い魅力はない。

 しかしいろいろ意味でのレクサスブランドに魅力を感じる人なら、選択肢として頭に置いてもいいだろう。

■レクサスRX
・全長4890×全幅1895×全高1710mm、ホイールベース2790mm
・ガソリン:524万~642万円
・ハイブリッド:638万~796万円

NXの上のクラスのRXの場合、2Lターボの300hの標準モデルが価格的には新型ハリアーの最上級グレードよりも少し高いのでギリギリ比較対象となる

まとめ

 新型ハリアーの登場もあり、日本車のミドルSUV業界はRAV4も含めトヨタの圧勝という雰囲気が強くなっている。

 他社には次期日産エクストレイルがそのトップバッターとなりそうだが、トヨタの牙城を崩すような魅力あるモデルとなっていることに期待したい。

新型の日産エクストレイルは2020年秋にデビューすると予想。これまでミドルクラスSUVで人気が高かったので、期待が高まる(写真はベストカーの予想CG)

【画像ギャラリー】日本のSUVが熱い!! 王道、異色の精鋭がそろい踏み 新型ハリアーのライバルを一気にチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ